2017年04月23日

「山の音楽祭」チケット完売だそうな



今年の「山の音楽祭」のスペシャルプログラムは
「カルミナ・ブラーナ」全曲!


Drakiesの「カルミナ・ブラーナ」日本公演でも・・
南アフリカでも何度か聴いています。
打楽器演奏もお手のものですし、十八番でもあるかもしれません。。

こんな感じ・・?


2001 年Buunyのカルミナ・ブラーナから・・・


2001 年日本公演のカルミナ・ブラーナから・・・


2011年ヨハン先生のカルミナ・ブラーナから・・・
ちょいテンポが速いですが・・・



2012年ヨハン先生のカルミナ・ブラーナから・・・


こうしてみると今の音楽監督のクルーガー氏のは、まだ聴いてなかったかな。

昨年12月に「来年の山の音楽祭は、カルミナ・ブラーナだよ」
「以前、Bunnyがモーツァルトのレクイエムを全曲演奏したと同じに・・・
来年2017年は カルミナ・ブラーナ全曲だ」と仰っていたクルーガー氏。

DVDで発売もしていたのですが・・・
Bunnyのときも、実は当時、音楽を学ぶ女性がアシスタントで合唱団
で教えていたのですが・・・ソプラノソロだけは彼女が歌っていました。

その映像は私もDVDで持っていますが、素晴らしい演奏でした。
特に低音部のサイモンは圧巻。僅か15歳前の年齢にしたら、なんじゃ、こりゃ?
と思うほどのバス声。

今年は、どんな「カルミナ・ブラーナ」を聴かせてくれるか、楽しみで
仕方ないです。


そうそう・・・どうやら「山の音楽祭」チケット完売だそうで、このところ
音楽祭でのコンサート、盛況です。
とりあえず、私はコンサート(Drakiesも、他のChoirとの共演も、ロックも)
は全9回、申し込んであるのですが、意外に「あっ、そうだった」なんてことも
有り得なくもない。

一緒に行くケンケン君は、どれを聴くか、迷っているのですが・・・
とりあえずは、私も(ケンケンも目ぼしいものは、一応)申し込んであるのだから
合唱団スタッフが忘れていても何とかどこかで聴かせてもらうわ。

ありがたいことに・・・
100人以上のキャンセル待ちの「ロックコンサート」は確実に聴けるのです。

スーツケースは、何とか押し込んで、準備は何とかしましたが・・
どうも、まだ実感沸きません。それと、飛行機の中での時間がどうも
憂鬱。実際は、空港に行くまでも憂鬱。

全部「憂鬱」何から何まで「あ〜面倒だなぁ」とため息なんですが
なぜ行く?と自問自答。

やっぱり「聴きたい」「会いたい」それなんですね。

いつも、そうなんですけどね。まっ、そろそろ少年合唱団というと
世界中に愛されているお馴染みのウィーン少年合唱団が来日ですね。

私はすれ違いで(?)南アフリカに行ってきま〜す。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

Drakiesの新名称



来週火曜日に南アフリカに出発するというのに
月曜日の夕方に羽田に向かい・・・火曜日の真夜中に
出発・
・・・

でも、でも・・全然準備していません。
いつものことなんですけどね。

さて・・15年振りに来日するドラケンスバーグ少年合唱団ですが
その最後の来日(15年前ですね)から・・・



大人しい『日本の観客』を引っぱり出すのはさすが!
当時は、確か民音非会員の場合、4300円だったように記憶しています。
会員さんは3800円だったかな?

今年は、指定席S席が、5800円と高めですが、2組も前半後半で来日して
くれるんですから、仕方ないかな?
一回のツアーで2度聴ける、美味しい「ツアー」ですものね。

また、民音のコンサートは会員さんも居る為か、当時はどの会場もそれなりに
埋まっていました。

何度か聴いたコンサート、閑古鳥が鳴いていたのは記憶していない。
それよりもかつてないほ程の大盛り上がりでした。

今年のコンサート、チケットの売れ行きが、どうなのか分りませんが・・・
(いや・・・まだ多くは一般発売していないんでした)
是非親子さんで足を運んで欲しいですね。

ところで、クルーガー氏が再び音楽監督でDrakiesに来て以来
アフリカ音楽の時のコスチュームが変わり・・・
制服のジャケットのエンブレムが変わり・・
なんと「ドラケンスバーグ少年合唱団」の表記も変わっていました。

本当に細かい部分なのですが・・。

Drakensberg Boys' Choir
Drakensberg Boys Choir


ずっとBoys'・・・という風に「ポストロフィ」がありました。
CDでもそうです。

ところが、最近「あれっ?」と思うのは
Drakensberg Boys Choirという表記なのです。

「どっちが正しいのだ?」と尋ねたところ
「少し前から、こっちが正式の名称になったんだよ」
とのことです。

はい、こちらです・・・
Drakensberg Boys Choir

今のKruger氏のDrakies・・・

Bunny時代とは少し違います。
アフリカ音楽の内容も少しづつ違っています。

かつてBunny時代を聴かれた方は、その相違を感じるかもしれませんが
いずれにしても、元気一杯の楽しさは同じです。

「Bunny時代とは違う・・・でも、特にアフリカ音楽は休息なく突っ走っている
感じだけれど、それも良い。Bunny時代は、圧巻だったけれどいつも同じである
必要はない。時代は変わっているんだ」との元団員だったおじさんのご意見。

私もそう思います。

ただし・・・イアンと12月に会ったときに
「あれ〜・アフリカコスチュームが変わってしまったね」と気が付き、少年
たちが、準備に出てくのを見て「あ〜〜〜〜ショック。気絶しそうだ!」と
叫んでいた。

現在のコスチューム 日本でお目にかかるコスチューム
2016-12-08 00.42.10 (400x300).jpg


何人かもそう言ってました・・・
「アフリカ的でない」「もっと民族色を出すべきだ」とね。

こちらが以前のアフリカ音楽の時のコスチューム


まあ、何かが変わるとき、いろいろな反応があるでしょうね。

昨年12月をご紹介。
半日サファリをして・・・



Drakensbergに向かいました。



ツアーガイドは、F.B君(君・・・?25歳)。
長年親しくしている南アフリカのご家族ですが・・その息子さん。
12歳の時に会った元Drakiesですが、当時は「歌良かったよ」なんて
かわいい、かわいい・・気分だったのですが、今や、頼もしいサポーター。

月日の早さを痛感しながらも、感謝感激!

スイスチーズというヤギのファームにも連れて行って頂いたのですが
その時、並んでお乳を搾ってもらうヤギさんたちが、面白い、面白い。



美味しいチーズの試食に、アイスクリームも買って食べたわ。
美味しかった!南アって何でも美味しいんですよ。

今回もよろしくお願いします!!
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

想い出のDrakies(リソとドゥミソ)



Zuma大統領の退陣要求の声が大きくなっている南アフリカ

南アフリカの各主要都市で16日、ズマ大統領の辞任を求めるデモに多数の
市民が参加しました。ズマ大統領の経済運営に対する懸念が広がっています。

私の知り合いのイアンはじめ、多くの南アの友人が「Zuma must go!」
とのデモに参加していました。

でも・・・何か大きなトラブルになっている感じでもなく、南アの国民が
一致団結して「国」を変えよう・・・という姿勢。

私も南アフリカ頑張れ〜という思いです。

zuma (500x318).jpg

I_JPG_00 (500x348).jpg anti-zuma (500x338).jpg 400x-1.jpg

南アフリカ、こういう政治的な変化はありますが・・・

「山の音楽祭」の周辺には無関係で、平和そのもの。
何ら、変わったことはありません。



・・・・ってなところで
元団員のリソとズミソの少年時代と成長後の歌声。
ただ美しいとか歌がうまいと言うだけでない、心にドカンと響く。
Drakiesは、人種に関係ないですが、Drakiesを知ったことで、この
滲み出る「音楽」が味わえた幸せ。

Drakiesの歌声によって・・・
黒人の歌声の(子ども〜大人)魅力を再認識しました
勿論、南アフリカの白人君も、南アフリカンですから、やはり「アフリカン」
精神が歌心に表れています。

Lisoです!

Liso 2009


Liso 2013



Liso 2013




Ndumisoです


Ndumiso 2013 in Cape Town


Ndumiso in 2004 stand by me


Ndumiso 2005リハーサルから


クラシックからジャズ系まで、実は何でも聴ける南アフリカ。
また訪問できるのが楽しみで仕方がない。

海外旅行は準備が嫌いで、辿り着くまでも(特に南アは!)
遠くで嫌い。ウンザリするんです。
「あ〜行くのイヤだなぁ」と準備しながら思い、飛行機の中で
うんざりし・・・後悔し・・・でもって、空港でお懐かしい南アの知人の出迎え
ぱ〜っと明るい気持ちになるのです

そして、コンサートを聴いては

まあ、行けるときに行かなくっちゃあ!って気持ちですな。
今回は、ニックネーム、ケンタッキー君と一緒に行くんだよ。
息子みたいなもんじゃ〜。

今迄で、(家族を抜けて)お若い人から年配者(失礼?)まで12人を連れしました。

そして、皆さん「Drakiesに恋」してしまった。
とりあえず、南アフリカで「Drakiesに恋した」皆さんは、何とか日本公演
は聴きたいとの想いのようです。

何とか聴きましょう!!

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする