2017年05月20日

Drakies創設者と再会in 2017


Please click here if you like this blog


Drakiesの「山の音楽祭」の滞在日記の前に・・・

今回の南ア訪問は、南アの会員をお一人お連れしました。
Drakiesのことも南アのことも、そんなに知らない状態での訪問でしたが
とても楽しんでくれて良かった。

もともと音楽好きな方だったので「山の音楽祭」のコンサートも
すでに予約してあったコンサート(水曜日コンサートと音楽祭の5回分)の
他に、チケットが手に入るものは全部聴いてくれた。
(一回、完売でどうしても無理だったものを抜けて・・)。
結果8回のコンサートになりました。水曜日コンサートを含むと9回ですね。

ですから・・・すでに旅の「スケジュール」に入っていたものは
何でもお付き合いしてくれました。

創設50周年記念の今年、音楽祭が終わってから、Midlandsに戻った
私たちは、F君のツアーガイドで、色々なところに連れていって頂き
ました。

特に、今回はドラケンスバーグ少年合唱団創設者との再会!


それも・・・創設50周年の記念の年、今年初めに同じクワズール・ナタール州に
Girls Choir Schoolを設立されました。同じ州とはいっても、かなり
Drakensbergとは離れています(車で2時間ほど)。
でも寄宿制の兄妹合唱団学校ですね。

そんな記念の年に、訪問させて頂き感謝感激。


いつも温かい歓迎をしてくれるDrakies創設者のTungay氏ですが
今回も大歓迎してくれました。

歌の練習が始まっている間に、学校内の説明をしてくれ・・・


歌も聞かせて頂きました。
まだ11人の10歳〜15歳までのジュニアたちです。

どうして女の子の合唱団を作ったのですか?と尋ねると
「Drakiesの歌声を聴いている団員の姉妹や女の子たちが、男の子だけ
あんなに楽しく歌えて不公平だわ。私たちも歌いたい!」という声が多く
アメリカの教会などの支援を受けながら、Tungay氏が、また
始動し始めました。

80歳を超えて・・・まだまだ「合唱」「音楽」に情熱を傾ける姿勢に
心から感動しています。



歌を聞かせてくれるというので、練習室に入って音合わせなど
を聞いていると、創設者自らお茶を持って来てくれる気さくさ



これからきっと、また素敵な歌声を響かせてくれると思います。




ちなみに、今回購入したグッズとDrakies卒業生協会が復元発売
しているCDから(廃盤CDやレコードからの再プレス)5枚


2017-05-10 01.22.01 (500x375).jpg
(今年初めに創設者が 創設してすぐの歌声の録音を見つけたとか
で・・・それをプレスしたのが左上のCD)

グッズです! そうそうステッカーも何枚か買ったんです

2017-05-10 00.36.36 (450x446).jpg

ショボイ?絵が、何だか可愛くて、カップもバッチも
もっと別の図柄もあったのですが、あれこれ買うと際限なくなる
ので、このくらいでやめておきました。


ところで・・今回、音楽祭でOld BoysがDrakiesと
歌うのに大勢来られていたのですが、このイケメン君も、数年前の卒業生。
2017-04-29 13.45.17 (375x500).jpg

あれまあ〜「東京地方」なんてTシャツを着ていて驚き〜!!

「どうしたの?日本行ったの?」と尋ねると「今のハイスクールChoirの
合唱関連でヨーロッパ行った時に購入した」・・と。

全然意味が分らず
「これ東京地方(Tokyo region)って日本語で書いてあるよ」と言うと、
大喜びしてました。
「意味なんか全然分らないけど、カッコ良いから買った」だそうな

そんなものなのね・・・。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

コンサート後・・の様子


Please click here if you like this blog



滞在日記の前に・・・
アフリカ音楽が終わって・・・その後のDrakieたち・・


コンサート後も歌うのをやめられないBoys。卒業生も中に入って・・・
また周囲を囲んで歌いまくる。後には、大勢のNew Boysも一緒に
なって歌っている姿が見られますね。

ところで・・・
音楽監督に「日本ではファンサービスってのがあるらしいのですが」と言うと
「どういうことするの?」と??怪訝そう問い返してきた。

実は私も、今実際にはそういう場にいないので、どう説明したら
良いか分らないのですが。

でも・・何とか〜
「コンサート終わってから、団員たちが(何人か?)ロビーに出てきてファンが
写真撮影をするらしい(詳細は私は分らないのですが)」というと
「そうか(そんな簡単なこと〜みたいなノリでした)。
そこで歌えば良いんだね?(先に言ってくれた)」と。

うんうん、歌ってあげてと。
ただし・・・主催者もあることだからクルーガー先生の一存ではどうか分らない
ですが、南アフリカDrakiesとして「この乗り」を日本に持ち込んで欲しいなぁ。

こちらは大騒ぎの歌の後・・・・


しっかり「感謝の祈り」を捧げます。
それも「ア〜メン」がキレイなハーモニー。
それを指導するのは「ヘッドボーイ」はじめプレフェクトなど高学年の子たち。
その場に、もう先生たちはいません。
この合唱団学校のポリシーの一つが「リーダーシップ」を育てること。

ヘッドの子たちの指示など、下級生は本当によく聞いています。
多くの卒業生が「ここ(Drakies)は特別な場だった。最高の数年だった」と
言わしめる特別な地ですね。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

Came back home safely~元気一杯戻りました



Please click here, if you like it.




南アフリカから、戻りました・・・・
I came back to Narita Japan
from South Africa on May 08 in the evening, and I had to
come back to my home town by a night bus.
So that I arrived in my city in the morning
on May 09 finally.




南アフリカでお世話になった皆さん、本当にありがとうございます。
温かい歓待、友情・・そして何よりも素晴らしい歌声に感謝いっぱい。

Thank you so much for your support in South Africa.
Thanks to warm hospitality, friendship ... and above all,
The Drakies wonderful music.


一日経って「時差ぼけ」が顕著になっています。
I am a bit jet lag now.
寝ぼけだけでなく、ちょっとヨロヨロ。
でも大丈夫。

Besides jet lag, My body is a kind of fluffy, but
I am okay..


何よりも充実した12泊14日になりました。
It was fulfilling 12th night 14th day than anything else.

IMG_8332 (600x389).jpg

ちなみに「ドラケンスバーグへの道(Thokosiza)」の看板
新しくなっていました。

A picture of a big sign on the way to Drakensberg has changed.

南アフリカ滞在についての詳細は・・・おいおい書いて行きます。
I will gradually update my stay diary in South Africa

時差ボケが落ち着いたら・・・ね!!
Once jet lag has been resolved ...
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 19:47| Comment(9) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする