2007年02月21日

南アフリカの言語(Part2)

先の「南アフリカの言語」・・・まだLekkerと言ってるか、はたまた何と言っているのか、分かりません。

「南アフリカ」の言語は、やっぱり一筋縄でいきませんなぁ。

あと・・・南アフリカのアフリカーンス系の人たちのYesは長い。
「イエ〜〜〜(ここが長い)ス!」を頻繁に使います。
このイエ〜〜〜スの長さで、アフリカーンス系の人だって、何となく分かるのが不思議。

そして、ビックリしては「Shame!」・・・可愛いと感動しては「Oh,Shame!」・・・可哀想と思っても「Shame!」
何でもかんでも「Shame!」と驚きを表す南アの友人たち。
どちらかとShame連発は、女性が多い。あまり若くない女性ね・・。
はじめ「Shame」は恥ずかしいという意味だと思っていた私でしたが、良い場面でも盛んに「Shame」「Shame」なので、何でもアリなんだ〜と勝手に思っています。

それ、どういう意味?”とはあまり聞かない私。「まあ、こんな感じのことね」と勝手に解釈している・・英語を真面目に学ぶ人からしたら、とんでもないことかもしれませんが。
多分、テキトウに解釈しているのかもしれないなぁ。

・・・というところで、多人種国家の南アフリカの知人達をご紹介!


DSCF3254.JPG   DSCF3264.JPG   DSCF3256.JPG
アフリカーンス系の知人たち と インド系の知人

DSCF3424.JPG   DSCF3500.JPG 
ウガンダ人(南ア在住家族)&英国系(元南ア在住・現英国在住)  
  
 もう一つ、南アでよく耳にするのが「Fetch」って言葉。
例えば ”○○で彼女と落ち合う(ひろっていく)”という場面ではPick her Up ・・・でなく ”Fetch”を使いますね。

フライドポテト(French Fries)も「Chips」・・ですしねえ。

基本は英国英語なのだと思いますが、それでも全然違う英語に目を白黒のことがいっぱいあります。
いろんな意味で、興味深い南アフリカの英語です。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学(English) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

南アフリカの言語

南アフリカには公用語が11あります。

だからってわけではないかもしれませんが「言語」「言葉」については、多くはバイリンガルで、勿論数ヶ国語話すことも稀ではない(南アの現地語も含めて)。

英語一つで四苦八苦している私(日本人)にとっては、とっても羨ましい。お世話になるB家のメイドさんマリアーンも、ズールー語も、勿論のこと、B家との会話はアフリカーンス語・・私たちとは英語。でもって、もう「マリアーンを日本に連れて行きたい」って思うくらい、丁寧にキチンと話す。

Howzitなんかは、南ア英語というよりも「アフリカーンス語」だという認識でいました。

また・・・私の馴染みのサイトさんで「Lekker」(Good, really good)・・・という南ア英語のことが書かれていて、頷いていました。以前、南アの子どもが口に出す〜「ロッカ」だか「ラッカ」だかと聞こえてくる「言葉」がいまいち理解できなくて、でも重要な場面でなかったので流していました。
でぇ〜右斜め下下記の動画を、ちょっとご覧ください。

English ?
(2004年春)
http://www.sundaytimes.co.za/PrintEdition/Magazine/Article.aspx?id=300500 
(2006年兄弟でCD発売したPhelo -大きく成長して感慨深い)

この中で「南アには11言語あるんだよ」と言うPheloの後に、「ラッカ」って一言いうRuan(白人の子)。これって、その「Lekker」なんでしょうかねぇ?

言葉(英語)は、今だになかなか一筋縄でいかない。

もし、この一言が「Lekker」だったとしたら、スッキリするんですが・・。教えてくださいませ。
南ア英語に詳しい方の回答を待って、上の画像は下げる予定です。(意味ない映像なので)
単に(数年前)当時の南アでは、ビデオカメラが珍しかったようで「メッセージを日本に〜」と一言話したかったお子たち。
今は、大きな電気屋さんはないにしろ、南アの方も(勿論富裕層でしょうが)デジカメやビデオカメラを持つ方が多くなりましたね。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学(English) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

チャリティミュージカル

昨日(土曜日)、県内のALT(Nativeのアシスタント英語教師)によるチャリティミュージカル「ジャングル・テール」を観てきました。県民会館ー300席の小ホール。

ALT musicl.JPG クマさん役のALTが良い声で上手でした

5年以上前に「万代市民会館」で1回だけ見たことがあったのですが、今回は、久しぶりに観に行くことができました。
全員県内の学校で英語を教えている英語教師&日本人スタッフの出演。

収益金は「パプア・ニューギニア」の学校建設や学用品などの購入に利用されます。
コンサートのチケット代は1000円。パンフレットに古封筒が挟められていて、そこに「心ばかりの寄付」を募っていました。
仕事の合間に、こういうステージ作りの時間を割くのは大変だったでしょう。

わずか300席でも、会場は満席ではありませんでしたが「このローカルシティのどこにこんな外国人がいるの?」っていうほど、会ったことのない外国人教師が集まっていました。
英会話教室の外国人教師とALTは、あまり接点がないような気もします。

簡単な英語でのミュージカルということで、うちの英語教室の生徒さんにも紹介しましたが、「子供」には、ちょっと難しかったかな。
でも、楽しかった。

このミュージカルの中で「ショショローザ」の音楽がありました。動物さんの名前もカヤとかブヨとか、南アっぽくて懐かしくなってしまった。
ジャングルとか動物・・のお話だから「アフリカ」っぽいのかも。

開演前に、R氏(南アからのALT)が入ってくるのを発見! 
R氏はALTのサッカーチームなので、こういうステージ参加は無理だとは思っていましたが、やっぱり観にはきていましたね。

終演後、ALTの先生たちがステージ衣装のまま、観客を見送るのにロビーに並んでいましたが、そんな中、R氏とも遭遇(ただし、R氏は出演者でなく観客として)。
Oh !!!「南アでのホリデーはどうだった?」「良かったよ」
R氏12/16から南アに帰国してクリスマス〜年末を過ごしました。

私が「南アで若手の歌手ハインツが出演した野外クリスマスコンサートを聴いた」と言うと「Oh,terrible!」「下手だったでしょう?(natal→ウン、ウン)誰も良い歌手だとは思ってないよ」
(natal→でも、みんなハインツが現れると喝采していたよ)「そりゃあ、13歳や14歳の若い子は、何でもきゃ〜きゃ〜言うんだから。」・・・・。

これで納得。私のハインツの歌の感想は的確だったのね。

並んでいた出演者に、南アからのもう一人のALT(女性)を見つけました。昨年のDrakiesコンサートに来てくれた一人です。
わお〜お久しぶり。今日は象さんを演じたのね・・・わーい(嬉しい顔)

「9月は来てくれてありがとう」「勿論よ〜。南アからの音楽なら行くに決まってる。」
そこへ、R氏が現れて「natalったら、今日の公演〜ショショローザで踊りだそうとするんで、静止するのに大変だったんだから(と嘘ばっかりあせあせ(飛び散る汗) プンプン)」・・・
R氏とは席だって遠かったのに〜。

まあ、準備などで大変だったと思いますが、何はともあれ、ALTの皆さんご苦労さま。

るんるん人気blogランキングへ手(チョキ)
posted by natal at 01:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 語学(English) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

英語クラスのクリスマスパーティ

・・・といっても、家でのキッズクラス+中学生クラスのレッスンを兼ねた、ちょっとした「クリスマス会」です。
日本人にとっては何の意味もない「クリスマス」ですが、nativeのアメリカ人の先生は、クリスチャンなので、今日はクリスマスのCDやら、テキストなどを持参。
子ども達にクリスマスのCDをかけてあげていましたが、ヨーロッパよりも、はるかに元気いっぱいのアメリカっぽいクリスマスの音楽です。
クラスでは、レッスンがメインですが、10分くらい前に、ちょっとしたプレゼントを交換して、スナック&ジュースでお祝い。

そういえば、南アでも、宗教心のあるご家庭と、そうでもないご家庭で、食前の祈りがあるかなしか、決まっています。
意外に、皆さん宗教心のある方が多いのですが、本当はそれは日常では見えてきません。

あまり前面に出しませんが、何かのイベントの際も「神様みんなで一生懸命にやります。今日のイベントが成功しますように。」と結構長々と首を前に垂れてお祈りの言葉を唱えています。

私たちが日本に帰るときも、「良い旅を」で終わるところ「神様が見守ってくれるでしょう」などと言われます。言葉・・・よりも、メッセージになると、特にこういう「神様」がついてきますね。

でも、日常でも、彼らが「神様」を強調するときでも、私たちに強要しない・・というか、さり気無い「行動」なので、全く違和感がないのです。
私がクリスチャンでないということもあり、そういう場にいることはちょっと気恥ずかしい思いもありますが、反対に「何かあっても、こういう宗教心があることは良いことかもしれない」と思わせます。

宗教心のない人が突然何かを信じる時、時として、大きな力が働くような気もしますが、南アのように、生まれた時から「神様」のいる生活は、むしろ自然でホノボノしている・・・。

日本人は12月は、キリスト生誕を祝って?お正月には神社に初詣に行く。
また、これも良いのかもしれません。


-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 00:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 語学(English) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

子どもの成長

英語クラスの生徒さんの成長に、感動の毎日です。

小学校で初めてクラスにやってくると,Nativeの先生に緊張したり、時には泣き出す子どももいますが、数ヶ月も経つと、すっかり慣れて嬉々として(時にはテンションが上がりすぎたりも・・・)レッスンをするようになります。

暫くたつと、お家の方が「家で何も英語を話さないのですよ」と心配される方もいらっしゃいますが、それは当然。

お家の方とのコミュニケーションに「英語」は必要ないから・・ですね。でも、Nativeの先生に促されれば「英語」で対応しようと頑張っています。先生との意思疎通には「英語」が必要だから〜子どもにとって「英語で対応しなければならない」〜ということが一番の理由。
早急な結果を期待しないで、気長に子どもの可能性を育んで欲しい。

小学校低学年当時、なかなかお茶目さんだった子が、高学年になった現在、とても熱心にレッスンに取り組み、成長を感じさせられます。

これから年末にかけて、クリスマスシーズンで「英語クラス」でのパーティなど計画を立てたり、12月のレッスンは忙しくなりそうです。
今のアメリカ人のJ先生は、「行事」の楽しみも沢山取り入れてくれるので、こちらも何か考えなくては・・。先回のハロウィーンは「先生一人」海賊のコスチュームで張り切っていましたんで・・わーい(嬉しい顔)

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学(English) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする