2018年02月12日

お懐かしい〜2002年の水曜コンサート



Drakensberg Boy's Choir School
National Choir - 2002年9月の録画から


Youtubeからご覧になってください!

https://youtu.be/oiah0qqO_rE

Wednesday Concert performed by the National Choir of 2002.
Performed in the Drakensberg Boy's Choir School's auditorium
in Champagne Valley, Drakensberg, South Africa.

2002年の水曜コンサート、ほぼそのままの録画のようです。
日本公演の後の、動画ですね。「さくら」も歌っています

また懐かしいBoysが映し出されていますが・・・残念なことに録画自体の画質や
音質が悪く、また映像がとても遠い。でも、クオリティより「記録」で残して
くれているのがたまらなく嬉しい。

New Boys・・・9月でも、まだ正団員として合格していないのか?
New Boysとして歌っている(23分あたりから)んですよね。
でも正団員と一緒だとはいえ、歌・・上手いと思うのですが。
2005年の愛知博メンバーは、この当たりの子たちが多いかも?

それに・・たまにUPで写されて、懐かしい子たちが!

ステージでの人数も40人ほどで、ちょうど「海外ツアー」での人数に近い。
そして、指揮者がJaco(アシスタントコンダクター) BunnyやRudolf先生が
見えません。

そして・・・ライオンキングメドレーやオペラ座の怪人も聴き応えがある。

画像が悪かろうと、音がブヨブヨだろうと(失礼
懐かしくて、私にとって好感度満点の時代。

どんどんUpして紹介してほしいです。ありがとう!!

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------

posted by natal at 23:21| Comment(2) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

Drakies-Old boysの活躍


南アフリカの音楽シーンで・・・

DrakiesのOld Boys(卒業生)の存在は無視できない南アフリカ。

ヨハネスブルグにNational Childerns Theatreというシアターがあります。
非営利の子どもの為の「演劇」や「パーティ」を行っている組織です。

A Non-Profit, Public Benefit, Section 18a Organisation
https://www.nationalchildrenstheatre.org.za/

そこで「Underneath a Magical Moon」が上演されますが・・
(Wendy Darling retalls the story of Peter Pan)
70_n (600x446).jpg

そこでDrakiesの卒業生(2009)のダニーがピーターパンを演じるという
嬉しいニュースが!

弟のサイモンも、Drakiesに入団したのですが・・・事情で転校せざるを得ないこと
があって、卒業までDrakiesに居られませんでした。
昨年が卒業の年齢でした・・・転校してからも、都合がつけば、Drakies音楽祭に
かけつけて(まだ若いのに)OldBoyとして、歌ったりしていました。

ご家族のお世話になった時もあり、とても明るく元気な皆さんでした。

2016-05-01 09.55.44 (401x500).jpg

残念なことに、数年前に、親切だったお父さんが亡くなったということ、
心配していましたが、お兄ちゃんが元気に音楽シーンに戻ってきて
ほっとしています。

もともと、ダニーはDrakiesの後は、バンド活動をして、現代の若者らしい音楽
を好んでいたようですが、ミュージカルシーンでの活躍は、また別の意味で頼もしい。

そういえば・・・このシアターからはDrakiesの卒業生が南アのここを
足がかりとして・・世界の音楽世界に羽ばたいていったようなのです。

1997年のClive(左)


カヤ・マセコなど(ソロ)・・


実際、南アフリカで、こういう音楽で活躍するのはとても大変だと思います。

でも・・・実は南アフリカって とても音楽的な国なの!


今は、まだパッケージツアーでは「ケープタウン・サファリ」が主なツアー。
今後は、Drakensbergは勿論ですが、もっと都市部でも様々なミュージカル
やオペラなどが行われおり、そのクオリティも高いのです。

是非、そういうところも見て欲しいと願っています

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------

posted by natal at 23:28| Comment(2) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

また「雪」うんざり~でも「想い出」ホッコリ


また「雪」・・・うんざり
でも、世界的な寒波なようですね。
雪による交通障害も出ているようですが・・・もう暫くの辛抱でしょうか。

南アフリカとは関係ない話題になってしまいますが・・映画話題をば。・

小作品ながら、子ども時代から心に残っている映画「天使の詩」
本題は「誤解」なので、まったく日本的な題名のつけ方だなあ〜と思いますが

http://rumorirubati.blogspot.jp/2015/01/stefano-colagrande.html
彼は元子供の俳優です。
彼はLuigi Comencini監督の映画「Incompreso」(1966年)に出演しました。
フィレンツェの英国領事であるJohn E. Duncombeの長男Andreaの役です。

そんな彼・・・・
現在、Colagrandeはフィレンツェに在住し、放射線科医として、トスカーナの首都大学
で放射線科の教授として勤務しています。

前にフィレンツェに行きたいって書いたことがありますが・・
そうなんです。
昔の映画で、美しいイタリアのフィレンツェに心惹かれているのです。
そして兄弟の兄役のStefano君(いや、今やStefano教授)にも・・・

アメリカは子役からずっと俳優を続けることが多いですが、イタリア映画は以前から
子役が抜きん出た演技をしながらも、俳優として続けることは少ないですね。

この兄役のStefano氏も、放射線科の教授になったそうで、俳優として勿体ないような
ちょっとほっとしたような複雑な想いです。
でも、正直、堅実な道を歩んでいることは、嬉しい。
(ここで、私が喜んでも何にもならないのですが)
弟役の子役シモーネ氏もワインファームの仕事で成功されています(彼の記事)
http://natal.seesaa.net/article/455870239.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて・・・はるかはるか以前の「Drakies@ Drakensberg」



2002年のクリスマス音楽祭の間の「Busking」です。

Bunnyの後・・・Kruger氏もヨハン先生の時も、ずっとコンサートの合間などで
Bunskingとして歌っていました。Buskingグループは集めた寄付で楽器を購入
したり、合唱団へのサポートとしての『歌』でもありました。
「Busking グループ」の歌う曲は、本コンサートとは違うレパートリー
だったので、思えば、Boysは大変だったと思います。
先生抜きでの「Busking」ですし。

この時(2002年)は「音楽祭」コンサートとコンサートの合間の
パーフォーマンスでした。
コンサート大好きだったな・・・。やっぱり皆が懐かしいな・・。
皆 元気でフレンドリーだったな・・・。可愛かったな・・・。
懐かしくて胸キュンです。

しかし・・・今も〜
コンサート後にお礼の歌として2〜3曲歌いますが、今はBusking(寄付
集め)はしていません。





どちらも団員たちは 長時間のコンサートが終わって疲れているでしょうに
彼らは「そんな柔じゃないやい」という迫力で嬉々として歌っているのが
嬉しいですね。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------

posted by natal at 19:23| Comment(4) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

もっと卒業生・・・2007年


今日は、東京方面は大雪のようですね。
皆さん無事に帰宅できていますか?


新潟方面も、雪模様の天気ですが・・・今夜は東京の方が大変ですね。
どうか、お気をつけて・・・。

さて、今回もかつての歌声をご紹介します。

OPERATOR- Drakensberg Boys' Choir in Dec. 2007


2007年の12月の同じ曲もUPしていますが・・こちらはその半年前の「山の音楽祭」
でのもの。
ソリストはChristo。

実は、この子は2004年「山の音楽祭」が終わった翌日にDrakensbergに
入団の為に来たばかりでした。

その日、私もB家とヨハネスブルグに移動の予定・・・
一家はゴルフをするので学校で待っていて・・と。

それで Free dayの学校で時間をつぶしている時にクリストがやってきた・・。
「この子、今日、初めて来たばかりなんだ」とBoysが紹介してくれました。

ちょっと恥ずかしがり屋で、それでも、優しい微笑みの感じの良い子でした。


最近「Drakiesで始めて会ったのが数人のBoysとnatalだったのを覚えている」
とそんな想い出話をしてくれて・・控え目だけれど、実は、とても歌のうまい
クリストを思い出してしまったのです。


今は・・・シンガーソングライター。
華々しく歌う歌手というより、クリスチャンシンガーという方が合っているかな?



やはり、今も優しさの伝わるクリストの歌声で・・・気持ちが温かくなります。

そんな控え目で、温和な子でしたが、実はDrakiesでは大活躍だったのです。
南アの歌手との共演などでも、ソロを務めていました。ChristoとNdumiso!

2007-10-06 02.28.16 (550x423).jpg

2007-10-06 02.59.08 (550x389).jpg

懐かしい・・歌声です!!
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------

posted by natal at 22:21| Comment(4) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

約13年前・・・「愛知博」で。


今日は懐かしい歌声をご紹介したいと思います

懐かしいBunny時代のDrakies

以前も「愛知博」でのステージは、細切れにご紹介してありますが
3日間のアフリカブースでのステージ第一部です。

約30分のステージ(part1)



愛知博でのステージは・・・録画には、MCもちょっとだけ端折ったところもあり
ますが、こんな感じで進んでいました。
三脚使っていなかったので、画面揺れます。すみません。

Drakies担当は一日に2公演あり・・・それが3日続きました。
正味 約1時間・・3日間計6回のコンサートですね。
プログラムも微妙に違っていましたがどれも大満足。

14 (550x413).jpg

そして、コンサート後「キミたち、凄いねぇ」ってバックステージに来る方々。
皆さんに対して大喜びで対応していたジェントルマン〜 アハハハ?
いや・・・実はお若いお姉さんたちにウハウハだったのよ

いえ、ごめんごめん・・・お若い女性だけではなかったわね。
おじさんにも、スタッフのお兄さんにも・・・子どもたちにもとにかく明るく元気。
彼ら本当に人が好きなんだわ。



13年も前のことなので、ここに写っている子どもさんも、すっかり大人に
成られていると思います。
でも、子どもさんにはボカシ(入れ方下手ですが)をいれました。
ちょっとでも思い出してくれると嬉しいな(ここを観ることもないでしょうが)。

リハーサルは夜(翌日の朝食準備をしてある)・・・多治見のレストランで
16 (550x413).jpg

愛知博のあった名古屋は もう9月はホテルなどすでに満杯。
結局、多治見のホテルに何とか決まった・・。それでも幸運でした。

Drakiesとゾーラクワイア一緒の来日で、またホテルから愛知博の会場へのバスも
一緒に移動できたことは幸いでしたね。


18人のChamber choir・・・急遽の来日で、オーディションもできず、Bunnyの決定
でのメンバーになったのですが。

それだけでなく、あらためて「歌」を用意する時間もなく、結局は当時「Chamber choir」
がコンサートの合間に歌って、寄付を募っていた。
いわゆるBusking・・・ですね。

ほぼその曲を歌ったのですが、それでもどの子も才能ありで、どれをとっても
最高だと今でも思います。

それに「コンサート合間のお楽しみの為のBunkingグループ」がこうして1時間の
コンサートをやれるって、やっぱり凄いお子たちだったとあらためて痛感。

決して色あせない歌声と想い出。
今、思っても奇跡のような出来事だった。


少年たちも、大使館の招聘(+当会サポート)であったので、飛行機代の自己負担
もなく、それでもツアーが短かったので「もっと日本にいたかった」と言う声を
残して帰国していきました。

こんなに急な来日でなければ、もっと他の地方でもコンサートを行えたかもしれない、
もっと多くの人たちに聴いてもらえたかもしれない・・と、それだけが残念です。

(影の声:贅沢言うんじゃない来てもらえただけで喜ばなくては

さて・・・このコンサートツアーは全てがアカペラ。
ステージにはBunny(指揮)はおりません。

Bunnyは客席の後に待機はしていましたが、基本、リーダー(って言ってもリーダーとは
感じないなぁ)がリズムを取ったり、先頭になってやっていました。
歌、上手いしね・・。

本当に歌も少年たちも自然体。
ステージもアフリカ一色でなく、色々なジャンルから歌うので皆さん「お〜
ため息。そして大人しい日本の観客が 声を上げてしまう程のステージでした。
(ちなみに、この録画の時は隣や周辺にアフリカブースの南ア人スタッフさんがおりました)

Drakiesのステージを知らないで来られた皆さんでも・・・彼らのステージを観てからは
「このステージの為に愛知博に毎日来ていた」と仰っていた方。
愛知博の後は、新潟でコンサートがあると知って「本気で行きたい。でも無理だ〜」
と嘆いておられる方。(実際に来られた方も何人もおります
愛知で完売だったCD(後は新潟で販売するから、ここではも売れない〜というスタッフ)
それを粘って粘って・・・一枚だけ箱から出して渡していたスタッフ。

色々な出来事がありましたが、全て素晴らしかった!その一言に尽きます。

元気で、凄い歌声を聴けて、楽しくて嬉しくて、私にとってのメインイベントでした。
それもこれも、実は「愛知の後?新潟・・?勿論来てもらうよ」と当然のように
決心した主人に感謝です。
「新潟へ来るのでなければ愛知博終了後帰国」という勿体ない状況。
愛知〜新潟の往復や、滞在&食事等・・勿論大きな自腹でしたが・・主人の太っ腹
に任せました。

ありがとう・・・Bunny&少年たち クライブさんにピーターさん。
愛知博のスタッフの皆様・・・新潟公演でサポート下さった皆さん。

とにかく、18人・・最高だったね!
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
posted by natal at 23:25| Comment(2) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする