2017年12月12日

南アフリカ一人旅 2017(1)南アフリカへの道・・・



南アフリカへ出発〜!

11月26日(日)のお昼過ぎに、新幹線で新潟を発ち(これが一番面倒な行程)
今回は、航空券を取ったのも遅かった為、カタール航空の成田発着でした。

ここ3回は、知り合いをお連れしての「旅」〜南アフリカの友人家族のサポート
の元での個人ツアーでした。今回は、期間も短く・・・

11月26日(日)夜成田発ダーバン着〜
12月5日(火)ダーバン発成田着が12月7日(木)夜7時
(実は帰国便はドーハの空港での待ち時間が20時間近くでした)


そんなわけで、もともと行きたい・・・でも家族の状況によって実現できるか
どうか? グダグダと決めかねていたわけですが、こんな間際まで
「どうしようか?」なんて迷っていたら、もう行くことが出来ない。

ええ〜〜〜い、家族に「南アフリカに行くね」・・・と告げて、仕事の調整も
お願いして、いざ行こうと思ったら、それから航空券探し。

あらあら、フランス経由ですって?
いや〜だ、それに何?このお値段???50万円ですって?

でも・・・15万円のエチオピア航空もあるのね。
エミレーツは? 私の日程の航空券は結構埋まっていた。

それにしても航空チケットのお値段が 普通だったり、高かったり
「なんじゃ?こりゃあ〜〜〜!!」と驚嘆してしまったわ。

それでも、カタール航空で、とたん場でも何とかほどほどのお値段のチケット
があったのですが〜〜〜

12月5日(火)出発と12月6日(水)出発のたった一日の違いで、なんとなんと
5万円もお高い(6日出発がね)。


今回はDrakensbergを目的に、どこも観光もせず、ただ「音楽祭」を
聴くだけの目的での一人旅。

まあ〜〜いいわ。何とかカタール航空の航空券ゲットだぜ〜〜!!

img_main_03 (500x328).jpg
(画像はカタール航空からお借りしました)

それでも・・・
11月19日(土曜日)は・・なんと「英語で旅トークディナーイベント」なんぞを企画。
アメリカ、フランス、中国、マラウィなどアフリカ諸国3か国、そして勿論
日本の皆さんとの12~13人でブッフェディナー会でした。

こちらも楽しかったのですが実は、この時は、まだ航空券さえ取っていない時。

とりあえず・・・11月26日(日)にGO~~~~~~~~
 

ところが、実は実は、成田までの道が 今迄と違い、結構大変だったのです。
『オイオイ、本当に成田に着けるのかい?』とスーツケースを引っ張りながら
寒い中、汗だくに〜〜〜〜〜

それは、また次に・・。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:10| Comment(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

本当に御無沙汰でした



御無沙汰でした

もともと、どうしようかな?と思いつつも、急遽 南アフリカに行く決心
をして、それからが大変でした。

航空チエットをゲットし・・それも間際だったので、運賃がお高かったり、
日程が合わなかったり、かなり焦りつつ、何とかゲット!

それ以外に・・・
飛行機が到着する時間の連絡や、ドラケンスバーグまでの道・・・
南アフリカの友人たちとの連絡も慌しく・・・
それでも何とか「南アフリカ」に辿りつきましたが、
今回も、又B家のお世話になってしまいました。

娘さんとパパと空港に迎えに着て下さっていて・・・いつもながら感謝です。

まだ、時差ぼけ・・というよりも何となく「日本の生活」に戻っていない
そんな気持ちです。


2017-11-29 12.36.12 (500x333).jpg

でも・・・また少しづつ 旅日記(完璧な日記になるかどうかは未定ですが)
で南アフリカをご紹介していきたいと思います。

2017-12-01 05.05.04 (500x333).jpg

2017-12-01 04.59.40 (500x333).jpg

南アに出発の時、成田まで来て下さったmaaさん・・・帰国の時、maaさん
そして、遠くからmiekoさんが出迎えて下さって、とても感激しました。
余韻も楽しむことが出来感謝します。
良いことも、ちょっと大変だったことも、支えていただいているのを感じました。

拙いブログですが・・・今年は、Drakiesに感動下さった方はじめ
お話だけでなく、直接お目にかかることまで出来・・
こういう素敵な出会いに感謝した一年でした。

また、おいおいに書きますが・・・いろいろ有難うございました。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 22:55| Comment(1) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

南アフリカからの帰国途中です




あっという間の南アフリカ滞在でした。

急遽の決心〜やっとこさの飛行機予約。

今回は 連れのない一人旅。
以前はほぼ1人だったので ここ数年、知り合いをお連れしていたのです。

そして〜今 ドーハです。
カタール航空で。

携帯での書き込みで これ慣れていないのでどうなるか分かりません。

ただ やはり南アは好きで 南アの知り合いとの再会は嬉しいものです。

コンサートも素晴らしかった。
相変わらず〜素晴らしいドラキーズ😀

今回は 乗り継ぎ新潟時間があり過ぎ。
でも もうすぐ 日本行きに乗ります。

また ゆっくり書きますね

image-ca382.jpg image-acadf.jpg

ドラキーズができる前のファーム

image-f7e23.jpg
posted by natal at 00:30| Comment(2) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

笑ってやってくださ〜い



笑ってやってくださ〜い

トッポとハイチュウ

『トッポのCM 』By Makoto



あら・・・どこで放送されたの?なんて思わないわよね?
画像も悪いですし、編集もこりゃなんじゃ?・・でしょう?

でも、うちの旦那が「Drakiesは日本のテレビのCMに出るべきだ」
と1人で作った動画。

も〜〜う、おかしくて・・・笑ってしまった。
でも本人は真剣だったのです。

ロッテにこの動画を送って見てもらうんだ・・ってね。
「いや・・ブルボンも良いかな?」
いろいろ試行錯誤していた主人でしたが、実際送ったかどうか分かりません。


そして・・・海外に(それもアフリカ諸国で)人気のお菓子がハイチュウだと
聞いたことがあります。どの子も日本のお菓子は大好きだと思いますが。

2 (283x277).jpg 92 (300x299).jpg


CMの話題に戻って・・・
以前「消臭力」で歌ったミゲル君って子が注目されたでしょ。
「Drakiesにも、ああいう子はいるぞ!」と張り切っていた主人でした。

「サンタがママにキスをした」のソロをしたチビっ子は、本当に
小粒で、アドリブも可愛かったのです。

Drakiesって、変声後のお兄さんたちが、すごくカッコ良くて
それも今のDrakiesの魅力でもあるのですが・・・・
なんの、なんの! 変声前の子達も、皆頑張っているのです。

・・・・・ってなところで
以前・・と言うか、相当前・・・と言うか、もうほぼ創設した頃
のあどけない『Drakensberg Boys Choir』の歌声をご紹介します。

なんだか、懐かしい曲相で、思わず子ども時代にプレイバックしてしまいました。

ドラキーズって、こんなクリアな超カワイイお声のソリストが大勢いたのね。

Muss I Denn


The Happy Wanderer



Over the Rainbow



歌声もそうですが・・・なんだか郷愁を感じてしまった。

・・ってところで、カッコ良くクィーンの「Somebody to Love」をお届けします。


でも、これも10年前になってしまったのね・・。ぐすん

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 18:26| Comment(6) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

随分と御無沙汰でした〜



本当に御無沙汰でしたね〜

日々、普通に過ごしていたのですが、ブログ書けない・・・というよりも
単に多忙だった・・という理由が一番かもしれません。

10月28日(土)お昼から大好きな「アマリア」さんの出演するコンサート
「世界の歌・日本の歌」を聴きに行ってきました。

いや〜「音楽レベル」は高いのに、和気藹々として楽しかった!!

このブログで知り会いになったmiekoさんも、関東方面から聴きに来て下さった
のですよ。
もう〜嬉しすぎる
アマリアさん・・・本当に素敵な歌声なの
キレイなのに気さくなので(綺麗な方がみな近寄り難いわけじゃないですが)
私ももう長いこと応援しています。

私自身の音楽の繋がりといえば・・
子ども時代にウィーン少年合唱団の歌声と少年たちに憧れ・・「歌」に目覚め
たのですが、私の子ども時代〜学生時代は、まだまだ遠出できる状況でなく
真面目というか 要領が悪かった私は 年に数回の「来日公演」が何回か聴ければ、
ラッキーという状態でした。

地方在住なので、聴きたいものがあっても「遠出」できるほどの器用さも
なく・・・
少年合唱団ファン(?)であっても、都会までなかなか聴きに行けなかった。
でも年間に聴きに行ったコンサートや友だちになった団員君との想い出は
貴重なものです。
しかし、実は以前の方が地方にもコンサートがあったのですよ。
今じゃ当地のような「地方」は弾き飛ばされているのが悲しいんじゃ〜

それにしても・・・出発が「少年合唱」とはいえ、若い頃から『地元(地元ですよ)』
で行われる関心あるコンサートには足繁く通っていました。

「ドイツ・バッハゾリステン」「ベルリンオペラ」「ウィーンフィル」
など(ローカルな地方都市で ウィーンフィルのコンサートがあったのですよ)
全くのクラシックから「ウィーン国立歌劇場バレエ団」やミュージカル関係も
地元にあれば、行っていました。

そんな点では、長年ウィーンだ!森だ!ソフィアだ!
(なぜかソフィアの名前が出てしまった←実は少年少女Choだけど好きなの)

と言っても、実はそれ以上に、オペラやミュージカル・ピアノ・オーケストラなどを
聴いていたのですね。

ミュージカルやピアノなどは・・子どもと一緒にも!
ウィーンだって、森だって・・地元にあれば連れて行きましたっけ。

もう若かりし頃「ウィーン」や「ウィーンの森」「パリ木」等少年合唱関連
は思い残すことなく、沢山コンサートを聴き続けて
(一度の来日で何度も聴いた・・・というのではなく、来日時に聴きに行けた!
って意味ですが)当時の憧れだった団員君とのお付き合いもおっさん、おばさん
になった今も、何となく交流が続き、それはやっぱり嬉しいものです。

そして、Drakiesと出会って20年。ここまで飽きずに応援し続けることに
なろうとは、我ながら想像もしてませんでした。
だいたい・・「南アフリカだぞ!未知の国だぞ」という意識が強く、まさか
南アフリカにまで行ってしまうことさえ想像もできませんでした。

しかし・・・時々、ここまでDrakiesをサポートしてこられたのは・・・
そして多種多様なコンサートや音楽を楽しんでこられたのも「地方」に
住んでいるからだったようにも思います。

かつても「都会優先」ではありましたが、今の時代も、当然、都会は贅沢にも、
どんな来日公演でもそうですが、Boys Choirコンサートに関しても、ほぼ
全ての来日Choirを聴こうと思えば聴ける・・・そんな「幸せ」な地。

私からみたらうらめしや〜いえ・・羨ましい〜)。

でも、足を突っ込まないから平然としていられる。
その良さを知らずにいられる(もっと見たい、聴きたい・・・の気持ちが
起きなくて済む)良いんだか悪いんだか〜ですが。

その代わりに、地元での様々なコンサートをのんびりと味わえる。

振り返ると・・それも良かったかな?と・・。
アマリアさんの歌声が大好きですし・・・
ホンワカと応援できることは本当に幸せなのだ!

音楽って聴いて嬉しい!幸せ! この気持ちが一番嬉しい。
幸せな気持ちで思い出せることの大切さを感じました。


そうそう・・・
以前、ここで2006年の山の音楽祭での「アマデウス・スーパースター」
ご紹介しましたが、この年(指揮者はBunnyとクルーガー氏でした)
このモーツアルト以外に「Mad about the movies」が上演されたのでした。



MCも団員君で・・・
一番最初の「この席は僕のですよ」という観客へのクレームも少年たちは
演技していますが、観客さんは知らないので、怪訝そうにでも「いや、ここは
自分の席だ」と反論しているのが愉快。

このコンサートでは、一曲だけ卒業生が「I feel Good」を歌ってます。
ベン君:ヴォーカル、ピアノ伴奏:アイヴァン、ダンス:ツツコ

やっぱり あの時代は凄いなあ!と今更ながら痛感しています。

12月に卒業して、1月中旬の新学期。
ほぼ3ヶ月で 全て新しい「山の音楽祭」のプログラムが完成しているんですから。

勿論、その中で、当然通常の「コンサート(第一部&第二部アフリカ音楽)」
は行っていたわけですから。
ブラーボ〜Bunny&Mr.Kruger

この2006年は主人も一緒でした。
(いや〜実は主人ったら花見の余興で大縄跳びをやって・・南アに来る数日前に
アキレス腱を怪我して南アには松葉杖で来たのよ)
それも私は先に南アに行くことになっていて、航空券も主人より数日早く取ってあった。
主人は仕事の都合で、私を追って来ることになっていたの。
なのに・・・松葉杖ですよ!

こりゃ、行けないかな?
困った!困った!と思ってけれど、主人は「松葉杖」で1人で南アまで
やってきましたわよ〜。勿論、空港での友人の出迎えはありましたけど。

あれあれ・・・話が逸れてすみません。


アマリアさんのコンサートが11月18日にもあるので、もう〜楽しみで
仕方ありません。なんと・・・なんと・・・miekoさんが、このコンサート
にも来て下さるのよ。

miekoさんもすっかりアマリアファンです(うふふ〜嬉しい!)

さてさて・・・南アフリカ行きは、今のところまだ何も決まっておりません。
こんな状況は実は初めてです。
今頃になって、予定を立てても航空券が取れないかもしれない。

そうなったら、諦めも付くってもんですよね。

どうしたnatal?・・・って旦那の声が聞こえてきそうだけど

もし、南アフリカ行きが決定した暁には・・又ご報告しますね。


-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 22:52| Comment(13) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする