2014年08月08日

(13)南アフリカ滞在日記(MIMs2014)−5月5日(月)音楽祭翌日


5月5日(月)「音楽祭終了」 Boysは、一日お休みの日

私も、Drakensberg滞在最後の日。
私は、この後、ブルックス家に戻ることになっていて、ブルックス家のパパさんが
「合唱団」の会議に出席するとのことで、お昼過ぎにDrakensbergに来られます。
その後、私も連れて行って頂きます。

朝は、朝食後、家の廻りを散歩し・・・

029 (500x375).jpg

043 (530x398).jpg

046 (500x375).jpg

DSCN8160 (500x375).jpg

歩いていると、どこからともなく「歌声(ソロ)」が耳に入ってきました。



ソロの練習の声のようですが・・・どこからともなく洩れてくる歌声。
この広く、美しい「世界遺産」の地に響く歌声を、独り占めして聴いて
いるのが、申し訳ない気分です。

勿論、この地にいると、練習の歌声や、Boysの鼻歌や、ピアノの練習など
「音楽」がいつも響いています。

彼らは普段は普通の生徒さん(音楽学校です)。ステージに立つと
それなりに(?)Drakiesになりますが、普段着は、普通の腕白小僧
さんたち。でも、歌が何よりも好きなのが伝わってきて、滞在が楽しくて
仕方がありません。

この日は「Free Day」ですが、月曜日までお家の方が滞在している
Boysはご家族と過ごしています。他の子たちは、気ままにピアノを弾いたり・・

DSCN8184 (500x375).jpg

DSCN8183 (375x500).jpg

友達と遊んだり・・・

DSCN8177 (500x375).jpg

1312 (375x500).jpg

どの子も「音楽祭」が終わり、自由に過ごしていました。

校長先生宅に戻ると・・・
10時半頃に、元団員のお母様が校長先生の奥様を尋ねてきました。
(ドラケンスバーグ少年合唱団自体もそうですが、PTAとしても
Drakiesへのサポートと共に、コンサートで得たお金を貧しい地域の子どもに
寄付する活動も行っています)

お茶とクッキーでしばし歓談。

056 (500x375).jpg

校長先生の奥様が「お昼はChampagne Valley Bakeryへ行きましょうか?」
と仰って下さったので、そこでランチを頂きました。

DSCN8209 (500x375).jpg

117 (500x375).jpg

本当に沢山お世話になってしまいました。
いつも拙い英語を聞いてくださって、皆さんに感謝です。

このレストランはお洒落でステキ。お料理も美味しいのですが、なんせ
出てくるのが遅い(あまり気になりませんが)。
奥様が「オーダーを忘れたのかしら?」と・・・ウェイトレスさんに
尋ねていました。周囲にはご家族と一緒のDrakie家族が数組。

さぁ、お料理が来ましたよぉ。南アは一般的に量が多すぎるのですが、
ここはちょうど良い。キッシュもサラダも自然な味で美味しかった。

DSCN8215 (375x500).jpg

DSCN8219 (500x375).jpg

合唱団に戻る時・・・
「山の音楽祭」の看板の前で写真を撮っていただきました。

DSCN8206 (500x375).jpg

奥様が・・・「遠くに合唱団のバスが見えるでしょう?」と言うので
遠くに目をやると、バスが鎮座していました。

DSCN8202 (500x375).jpg


合唱団の敷地内の「合唱団」の看板とも・・・しばしお別れです。

DSCN8233 (500x375).jpg

やっぱり寂しいなぁ。校長先生宅に向かう時に・・・
さっき会ったBoysが、あちらこちらで遊んでいて「もうすぐサヨナラしなくては」
と伝えると「Oh!That's too bad」とオーバーな表現で答えてくれます。
「坊やたち・・・これからも頑張ってね」「いつも応援しているからね」と
伝えて、スーツケースを合唱団の事務所まで運び、そこで待つことにしました。

ブルックスさんと3時過ぎに出会い、さぁ〜Midlandsのご自宅に向かいます。
車にスーツケースを運び、乗り込むと、遠くでBoysが手を振っていました。

さようなら・・・Drakies! 美しいDrakensberg。沢山のステキな
歌!また・・・ね!!

ブルックス家に向かう時、いつも同じことをしているみたいですが
Thokozisa に掲げてある大きなDrakensberg案内のボードの
写真を撮ってしまいました。

DSCN8238 (500x375).jpg

これは、私の写したものではありませんが・・・・南アの夕日です。

SA-yuuhi.jpg

さあ〜また、第2の我が家のようなブルックス家に戻ります。
いつも本当に有難う・・・。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" よろしければ一日1クリック応援お願いします

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2014年08月07日

(12)南アフリカ滞在日記(MIMs2014)−5月4日(日)音楽祭4日目


5月4日(日)音楽祭4日目

とうとう「音楽祭」最後の日になりました。

この日は、8時半から「Church Service」があったので、とりあえず
大急ぎで、朝食を頂き、そこに参加する予定でした。

朝食は校長先生のお嬢さんとお友達も一緒でしたが・・・
彼女たちはこの日、ヨハネスブルグに戻るので、彼女たちとの時間は
この朝食が最後。

1306 (500x375).jpg

気さくで、チャーミングなお嬢さんたちとの短い時間のあと、さよなら
をして、Church Serviceを行うオーディトリアムに向かいました。

今回のChurch Serviceは、Drakiesはあまり参加しない・・・いつもは
最後まで同席して、何曲か歌ったり、一緒に歌うのですが、この日は、Drakies
の音楽的な参加が少なく、サービスでは牧師様のお話や(アフリカーンス語や
ズールー語も交えた)皆で歌う1時間弱の時間でした。

その為か、参加のBoys以外は、すでに遊び着姿で、外で自由時間を
過ごしていました。

そうそう、ある2人の子が・・・
「僕は○○の弟です」「僕は○○の弟です、去年までお兄ちゃんが親切に
してもらい有難うございます」・・・なんて言いに来てくれて、そのマナーの
良いNew Boysに「良い子だね」と言いつつ「あ〜ら、弟君が入団したのね」と
感慨深い。

特に、この子・・・・バッド(下向き矢印)

1307 (400x300).jpg

「僕は○○です。Dの弟です」と挨拶に来てくれた時、走馬灯のように
この子の顔が浮かびました。お兄ちゃんは2009年に卒業しましたが、彼の
在団時代の音楽祭には、ケープタウンからご家族で来ておられて、この弟君も
数年間、会っていました(まだ小さな3~4歳から6歳くらいまで)。
強烈な印象の子で、笑顔が可愛く、とにかく活発で、明るい子だった。
そう・・ちょろちょろして、怖いもの知らず。いつも廻りを笑いで包んで
くれるムードメーカーのお子ちゃまでした。

Drakiesご家族も「ダニエルの弟が入団するのよ」「月日が経つのは早いわ」
と話題になっていましたが・・。
この子を見て、すぐに「わ〜あの子だ」とあの頃の顔が浮かびました。

でもね、月日は「腕白坊やをマナーの良い少年」に成長させると痛感。
この子が私を覚えているかどうかは分かりませんが(小さかったので)
再会できてとても嬉しいです。
これから、又数年「Drakiesで頑張ります」と宣言してくれましたが、
顔を合わせると、必ずにこやかに挨拶してくれてあの腕白坊やが?と
感慨深いです。

もう一人・・・この坊や(新入生)バッド(下向き矢印)

861 (375x500).jpg

New Boysの中でも、早い時期に「コンサートステータス」を貰い、ステージ
に立っていた小さくてかわいい坊や。
この音楽祭でその子と初めて会った時「僕は、コンサートステータスを貰いました」
と伝えに来てくれた子。

あれあれ・・・この方グッド(上向き矢印)の息子さんだったね。

実は、この子も赤ちゃんの時を知っています。
「小さかったあの赤ちゃんが”僕”なのね」・・・って、また感慨深い。

その子が、コンサートに来ていたBunnyにも挨拶に来ていました。

1338 (500x375).jpg

Bunnyも微笑みながら「ステージで歌っているのを見ていたよ。頑張ったね!」と。

Drakiesに来て嬉しいことの一つはBunny(25年間、2006年までDrakies
音楽監督をしていた)と再会できること! 合唱団スタッフと再会できること。
懐かしい人たちとの再会。それが、夫との思い出にも繋がっています。

1335 (500x375).jpg

1339 (500x375).jpg

1342 (375x500).jpg


 ■ Lizaのピアノ 10h00

■ A tribute to Nelson Mandera 12:30



この日のコンサートは、午前にピアノのLiza(Drakiesのピアノ伴奏者ですが
すごく上手い。彼女のピアノとBoysへの指導など大好き)のピアノリサイタル。

そして「マンデラ氏に捧げるコンサート」



これは圧巻でした!
Drakiesの歌は、楽しいとかポップスが上手い・・と思う方が多いかもしれませんが
何かねぇ・・いろいろな想いが湧き上がってくるのです。

いろんな歴史を抱えた南アということもあるのかもしれませんが、
歌に感動とか楽しいというだけでなく、歌う少年たちの「とにかく歌いたい」
と言う想いが伝わってくるのです。

1997年、2001年、2002年、2005年・・・とライブを聴かれた方は、お分かりに
なると思うのですが『歌ってこんなに楽しいんだ』とか、以前Drakieファンの
方が「胸にヅキュ~ンとくる」「楽しい歌なのに泣けてくる」と仰っていましたが
正にそう。

いつも彼らの歌の良さを分かち合わなくては!と・・・思っています。

12時半に「音楽祭」最後のコンサートが始まりましたが、とにかく長い。
そして共演の歌手も、いくらでも歌いたいのですよ。

南アフリカでは音楽いっぱい、シャワーのように浴びて、もうアップアップ
・・・溺れる寸前です。

制服を着ていないとき・・・主催の方とさよならとする時・・・
朝早い時なのに、こういう風に歌う少年たち(指揮者の指導も含め)に
感動です! (2004年 英国でバッド(下向き矢印)



急に「さぁ、歌って!」とBunnyに言われて、ホホイのホイで歌う子どもたち。
そして、それがちゃんとキレイな歌声になっているのです。

実は、2001年の日本公演でも、帰国の時、空港で(招聘の係りの方も来ていて)
歌いました。
お見送りに来ていらしたファンは「涙・涙」。
チビBoys君の何人かも、歌う前や歌ってからも泣いていたっけ・・もうやだ〜(悲しい顔)

(もう少し前になると、1997年、私の初Drakiesでしたが・・・)
地元でのこと。仕事までの途中に宿泊ホテルがあって、さよならと一言いう
為に顔を出したのですが(朝早く出発と聞いたので)そこでもホテルの
ロビーで:私一人なのに「ここに座って!」とソファに座らせられて
『ショ〜ショローザ!♪』と歌い出し「おいおい、ホテルに尋ねないで
歌って良いのかい?」と、戦きましたが、歌と歌ってくれる姿勢に感動でした。

ところが、歌い終わると、ホテルのスタッフも、廻りにいたお客さんも、皆
拍手喝采でした!!
(私も感動しながら、ホテルに叱られなくて良かった・・とホッとしました)

圧巻でした!至福でした。


Drakies、ずるいぞ。

コンサートだけでなく、普通に過ごしている時の彼らの「歌」で私の心を
鷲づかみにしてしまったのです。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" よろしければ一日1クリック応援お願いします

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析



2014年08月01日

(11)南アフリカ滞在日記(MIMs2014)−5月3日(土)音楽祭3日目A

 
5月3日(土)音楽祭3日目ーその2

休憩(午睡)の後は、Divaとのジョイントコンサート。

その前に、Drakiesに入団したい子2人が、合唱団スタッフに簡易
オーディションを受けました。
音楽祭に来ていた子の中で「入団したいなぁ」と言う子への簡単な歌の
チェック・・「見てても良いわよ」と仰って下さったので、Voiceチェック
を見学させて頂きました。

発声チェックと、簡単な歌を歌わせていましたが、彼らの歌と気持ちを
引き出す温かい言葉、そして嬉しそうに歌う少年2人。

1209 (500x375).jpg

短いオーディションの後(後で、また本格的なテストがある模様)
2人の子に「Good job」と声をかけると、
面白い歌をひょうきんに歌ってくれました。明るい、明るい!!

さて・・その後、これらを聴きました。

■ 15h00 Drakies & divas

1222 (375x500).jpg
コンサート後、やはりファンとの時間をたっぷり取るZanne !!

南アの歌手って、多くはとてもフレンドリーで、すぐに友達になっちゃう。
Zanneのオペラ歌手としてのキャリア


ところが・・・こんなプライベートビデオまで!


Zanneの歌声だけでなく、人柄も大好きになってしまいました。


1231 (375x500).jpg 1232 (375x500).jpg 1233 (500x375).jpg

DrakiesのPTAが、手作りで販売のショップ。ArmedMadのコンサートの前に
ちょっと空腹を満たそうとバーショップに行く。
「バーガー」を注文・・お金を払おうとするとDarkieのお父様が「これは
私からのバーガーだよ。」と仰ってくださるのですが「PTAのお店」は
合唱団の為でもあるわけね。「いえいえ・・払いますよ」と言いますと
「残念だねぇ。もう手遅れだ。ホラ〜もうここに払っちまった!」と
陽気に笑いながら、私にバーガーを手渡して下さった。
もう、いろいろねぇ・・温かいの。優しいの。感謝しながら頂きました。

お手製で温っかい味がしました。

リハーサル中・・。

1219 (500x375).jpg


さて・・Armend Manのコンサートが始まります。

1248 (500x375) (2).jpg

お見事な演奏と歌声。夜のコンサートは、ちょっと時差ぼけ気味になる
のですが、素晴らしいステージで眠気も吹っ飛びます。

コンサートが終わると、もう9時近くになっていました。
Boys(特にNew Boysはいつも客席から先輩Drakiesのステージを見て
います)が「今日のコンサートは終わった」と、ちょっとテンション高く
僅かな自由時間を楽しんでいました。

1235 (500x375).jpg

1240 (500x375).jpg

さて・・・Drakiesの卒業生主催の「カラオケ大会」がMonks Cowlで
行われるという。Old Boys(最近のOld Boysだけでなく、初期の頃の
Old Boysが中心になっている)の数人が『natalも一緒に行こう?』と
誘ってくれた。Drakiesの学校からは、車でなければ行けないところ。
「じゃあ、行こうかな」とお誘いを受け入れ、ご一緒することにしました。

■ 20h30 Karaoke at Monks Cowl(old boys and others)
http://www.goodersonleisure.co.za/monks-cowl-golf-resort/
1234 (395x500).jpg

カラオケに連れて行ってくださった卒業生・・・

1295 (400x300).jpg

多くの方で賑わったカラオケ大会

1259 (500x375).jpg

1262 (500x375).jpg

1284 (375x500).jpg

1283 (500x375).jpg

この日、夜11時を過ぎていたのですが、なかなか皆さんが帰ろうとしない。
でも ステイさせて頂いている校長先生宅、こんなに遅くなるのは
申し訳ないですし・・・どなたかにお願いし、皆さんより早めに帰りました。

校長先生宅・・寝静まって静か。玄関だけが明るく照らされています。

まるで「夜更かしをした娘が、夜遅く帰ってきた」ような申し訳ない、おかしな
心理(?)。 家人を起こさないように、静かにドアを開け、足音を立てない
ように、自室に戻りました。

今日も、無事終わったわ・・・とホッとした気持ちと、賑やかなカラオケ
での高揚感の中、夜空の見える窓のカーテンを閉めました。

「今、ドラケンスバーグにいるんだ」という気持ちの中「あと、この滞在も
数日しかない」という思いが交差しながら・・・。

★おやすみなさい★ 三日月

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" よろしければ一日1クリック応援お願いします

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2014年07月13日

(10)南アフリカ滞在日記(MIMs2014)−5月3日(土)音楽祭3日目@

5月3日(土)音楽祭3日目ーその1

土曜日に聴いたコンサートは下記の通りです。
(8時半からのカラオケはOld Boysの企画したイベント)

■ 09h00 Choirs splash
 (いくつかの南アの児童合唱団&ユースChoirのジョントコンサート)

1115 (530x398).jpg

■ 11h00 Offical Opening of "the wall of rememberance"

■ 15h00 Drakies & divas

■ 19h00 Armed Man
(DBC, Bloemfontein City Orchestra & Alumni Voices)

■ 20h30 Karaoke at Monks Cowl(old boys and others)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

緑文字がDrakies(またはOld Boys)が参加のコンサート&カラオケ

11時からの「思い出の壁」除幕式のイベントには、Drakies創設者のTungay氏や、
長年の指揮者だったBunnyも招待されていました。

1159 (350x263).jpg 創設者Tungay氏と・・

1158 (323x430).jpg

1163 (430x323).jpg

除幕式の前に合計3曲、Drakiesが歌を歌ってくれたのですが・・・



『歌う』なんてのを知らなかったのでDrakiesの
「Load Makes us instruments」を聴いたら、涙が
溢れて仕方なかったです。



Drakiesは朝早くからの練習に加え、またこの日が日差しが強く
Boysはとても疲れていたように見えます。
この歌での参加後、寄宿舎に戻り休憩(仮眠)を取ったようです。



除幕式が終わると、隣の部屋でちょっとしたレセプション。
(昔は、そこで練習したり、ちょっとしたミニコンサートをしていたようです)



サンドイッチとコーヒー、紅茶で、プロジェクターで昔の映像を見ながら
思い出話を・・・。

1182 (430x323).jpg 1181 (430x323).jpg 1184 (430x323).jpg

1186 (430x323).jpg

1194 (323x430).jpg

1196 (323x430).jpg

レセプションの後、Bunnyに挨拶をして・・・・

1202 (323x430).jpg

1204 (323x430) (2).jpg

「この後コンサートを聴く?」とBunnyに尋ねると『No・・・』との返事。
じゃあ、これでお別れになるかな?という想いでしたが、またフラッと覗きに来るかも
という期待を残しつつ、とりあえず「さよなら」をしました。

除幕式が終わって・・・ベンチに座っていると、休憩時間が終わったBoys
・・・黒人のいつも笑顔の子がそっと傍に来て「Are you Okay? I am sorry
about Makoto.I am also sad.」と語りかけてくれました。
この子バッド(下向き矢印)です。

1214 (323x430).jpg

「あれまあ、涙を見られかな(カッコわる〜!)」と思いつつ、にっこり
して「I am Okay!」と答えると・・・・

「ただ、そのことを伝えたくて・・・natalをHugをしにきただけ」と
ハグして、笑顔を残し、Choirレッスンに戻っていきました。

子どもなんだけど(14歳だから、ちょっと大人のところもあるけれど)・・
この優しさ・・それをしっかり言葉と行動で表してくれるのは、さすがだと
思います。

素晴らしい音楽と共に良い子たちを知ることが出来て幸せだわ。
私の夫(Makoto)も、幸せだろうな。Drakiesの「思い出の壁」に日本人初
で名前を残してもらえて・・・。

一つ言いたいことは「ちょっと〜私より先にDrakiesに名前を残してズルイぞ」

950 (450x411).jpg

さぁ・・・Drakiesは、休憩(午睡)の後は、Divaとのジョイントコンサート。
これは、また楽しみ。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" よろしければ一日1クリック応援お願いします

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2014年07月09日

(9)南アフリカ滞在日記(MIMs2014)−5月2日(金)音楽祭2日目

5月2日(金)音楽祭2日目

まず、この滞在記を書く前に、月曜日にさくらんぼを沢山(4パックも)頂きました。
美味しい山形産です。ちょうど食べ頃で、本当に美味しく頂きました(感謝!)。

004 (530x398).jpg

009 (530x398).jpg

さて・・・「山の音楽祭2014」のパンフレットをここに載せさせて頂きます。

016 (600x450).jpg

017 (600x450).jpg

018 (600x450).jpg

019 (600x450).jpg

020 (450x600).jpg

私が聴いたコンサートには○印がつけてありますが・・・

5月2日(金曜日)は下記のコンサートを聴きました。
■ 09h00 Choirs Exravaganza (Jacaranda,Cantare,Wordsworth)
12hoo Canciones Espanolas (DBC,Zanne Stepelberg,James Crrace)
■ 15h00 Handful of Keys (Ian von Memerty & Roelof Colyn)
19h00 Armed Man(DBC, Bloemfontein City Orchestra & Alumni Voices)

緑色のものがDrakies出演のものです。

この日は、Drakiesは2回の出演でしたが、いつものプログラムではなく
歌手や音楽家との共演のもの。一番最初のコンサートは南アフリカの少年少女合唱団
が共演。皆、上手いですが・・・やっぱり「音色」はDrakiesが好きですね。

013 (600x450).jpg

Canciones Espanolasは、ZanneとJamesとの共演でしたが、これも
スパニッシュなイメージでパワフルで感動的でした。
Zanneがすごく上手い歌手なので、お人柄もコンサートで伝わってきて
心地良いコンサートになっています。

夜7時からのコンサートは、Karl Jenkins の「The Armed Man」全曲。
かなり難しい曲だと思うのですが・・・Alumni Voicesと共に見事に歌い上げました。

さて・・・「音楽祭」では、Drakies OBがいつも活躍しています。
「母校」という認識のようで、過去の情報や録音などを管理したり
合唱団に入団したいけれど(お金の問題などで)入団できない少年たちへの
取り組みなど、とても協力してくれています。

(OBの協会で中心になって活動されていますバッド(下向き矢印)

968 (398x530).jpg

またこの方は「これが僕だよ」と昔のLPを手にご自分を示してくれました左斜め下

964 (530x398).jpg

そ・し・て・・・・これがDrakie時代だそうです
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)

M (400x400).jpg

子ども時代は皆かわいい・・・でも、音楽家になった方も、普通のお父さんに
なった方も、Drakie時代を懐かしく思っている方が多いのは嬉しいですね。

970 (530x398).jpg

972 (530x398).jpg

コンサート前のDrakieスクール周辺・・・


Zanneとのコンサートが終わって、指揮者と共に写真撮影です。

982 (530x398).jpg

983 (530x398).jpg


1054 (350x263).jpg

Bunnyも必ず一回はコンサートに来てくれますグッド(上向き矢印)。再会がいつも嬉しい。

1005 (263x350).jpg

卒業生との再会もグッド(上向き矢印)・・・皆、すぐに大きくなってしまってあせあせ(飛び散る汗)
感慨深いですが、あっと言う間に「おとな」になっちゃうんだね。


この日も、校長先生宅でお食事・・・先生の奥様(南アのご家庭は家事の
手伝いをしてくれる住み込み〜または通いのメイドさんがいることが多い
のですが)校長先生の奥様は家事全てお一人でやられています。

そして、美味しいご馳走ありがとうございます!

921 (530x398).jpg

924 (530x398).jpg

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" よろしければ一日1クリック応援お願いします

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析