2024年05月11日

ウィーン少年合唱団コンサート@十日町




WSKコンサートがあるんだね


ホントにびっくり!!ウィーン少年合唱団ですって・・・❓
まさか、県内に来るとは思わず、まったくスケジュールも確認せず
何も予定していませんでした

ところが、偶然Netで見つけたんですよ・・・このチラシ

ウィーン少年合唱団-1-scaled.jpg

あ〜十日町でコンサートか!!
遠いなぁ〜「行く・行かない」と葛藤していました


ずっと以前、私が若かりし頃は、毎回、必ず当地にコンサートがありました
それも、一時期・・5月のゴールデンウィークの時期だったり
県内に3か所でコンサートを行っていましたっけ

いつの時期だったかしら? 全然来てくれなくなっちゃった!
多分、招聘元が変わってからだと思います

「テレビ局」が招聘していたころは、その関連で絶対に来てくれていたの
今のように毎年ではなく、2~3年に一回の来日ツアーでしたけどね

十日町は、以前県内にあった加茂よりも遠いので、ちょっと躊躇いもありましたが
『チャンスは逃がすな‼️』のポリシーのわたくし、予約しちゃいましたよ

もう最後列しか残っていない
同じ料金なのに、悔しいよぉ〜でも、チケットを取ってしまいました

もう行くっきゃない!!



ちょっと知り合いの当時の団員君がちらっと写ってるコマーシャル

彼曰く『当時を楽しんでくれてありがとうね。今はウィーン少年合唱団も色々変ってしまった
要は我々も年を取ったってことだね。でも楽しんできてください』と
ちょっとメランコリックな言葉を頂いた。それも感謝!


こちらも、懐かしい画像が流れていてちょっとキュンキュン



あ〜当時は3部構成で・・第2部に「オペレッタ」があって、その年に
よっては2種類のオペレッタまでありました

こんな感じ

1部:クラシック
2部:オペレッタ(ウィーン的なメロディの小劇)
3部:ワルツやオーストリア民謡&日本の歌など


オペレッタを止めたのは・・・
男の子が女の子の服装で演じることに抵抗があるから?という説も
ありましたが無理に女装しなくても(いえ、可愛くで好きでしたが)
男の子っぽいミュージカル的なものでも良いのだけどね

例えば「オリバー!」など・・?
やっぱりオペレッタは、私の中で「WSK」の魅力の一つでもあったので

それにつけても、前に、亡き夫とDrakiesの応援をしていた時・・
富山までサウンド・オブ・ミュージック(オーストリア版)
(メラニー・ホリディ主演で、2人のウィーン出身が少年を演じた)を見に行ったり
南ア以外にも、ちょっと関心ある演目があると一緒に見に行っていましたっけ

勿論、南アフリカやDrakies応援は当然ながら・・・

我々2人ともDarkies応援団ではありましたが、夫が
『そのDrakiesを知ることができたのも貴女が子ども時代から
ウィーン少年合唱団を聴いてきた〜その関心があったから今
Drakiesにも繋がったわけで。とりあえずはウィーンも大切にしなきゃあね』

と、なんとも理解あるお言葉でしたこと!

・・・そんな夫ではありましたが
「ウィーン少年合唱団」コンサートは1994年一回だけでしたけどね

今や、ウィーンとはいえ、世界中からの少年で構成されている国際色豊かな
ウィーン少年合唱団、私が聴き続けていたころとは違う構成でしょうか

どのような歌声を聞かせてくれるか?楽しみにしています


★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

人気ブログランキング
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック