2017年09月13日

残すべき「音」&「画像」



残すべき「音」&「画像」

コメント下さった皆様・・・ありがとうございます。
お返事、遅くなっていますが、必ずお返事しますので、お待ち下さい。

まず、ジャージー島の「オペラハウス」でのコンサートの為の
サウンドチェック&リハーサル。
こちらも音響のクライブさんと共に少し録画のチェックをして
いた時。



この後も、ちょっと続くのですが・・・このあたりでお許しおば。

jackeyさんが、2004年メンバーの制服姿がご覧になりたい・・と仰って
いましたが、写真も調べていない状態で(でもツアーの場合、意外に着用
していない場合が多い)すみません。

でも、たまたま、Youtubeでの動画で、これがあったので
ちょっとだけですが、ご覧下さい。

前日、フェリーで4時間かけてイギリス本土からジャージー島に
移動してきたばかり。だから翌日のコンサートは皆、疲れなどで
絶不調でした。

前日の船移動では船に慣れていない子が多いのか、乗船早々
「エチケット袋」を手に神妙な顔をしていた子が居ましたっけ。

そうなんです。皆体調最悪。

船も結構揺れている中、船内で気分が悪くなっている子が多く
(スタッフの多くも!)船外に出て波しぶきと小雨にあたって
いる子が何人もいたのです。

でも、船の場合、外に出て気分が良くなるとは限らず、波を見ていると
かえって船酔いしてしまうこともあるのです。

ゆ〜らゆら〜と揺れる中。

船外に出ていたその子たちも益々調子が悪くなっていると見えて
たまらず・・・
「船内に入った方が良いよ」「座って寝たほうが良い」「出きるなら
床に寝転んでも良いよ」と髪の毛から顔中、波しぶきと雨で濡れている
子たちを船内に導きました。

皆・・・ぐったり〜  皆、顔色悪く、本当に可哀想な状況でした

実は、この5月にケープタウンに行った折、この中の3人の友だちが会いに来て
くれたのですが・・・(ウォーターフロントで夕食を一緒に頂いた)。

この時2004年ツアーの話になって「僕たちが船酔いで 皆具合悪いのに、natalは
ビニール袋を持って(中にお菓子などが入っていた)平気な顔で船内を普通に歩き
回っていたよね
」と笑われました。

そうだったっけ? 良く覚えているわ・・・感心

いえねぇ〜〜波もあり、結構揺れは感じましたが、連れてきて頂いていながら
「具合悪いよ」なんて絶対になっちゃいけない。
そんな迷惑、絶対に駄目!と思っていたこともあって、気が張っていた!って
感じかな?

それに・・船には慣れていたからね(でも4時間乗船は長い)

具合悪くなっている子&スタッフが多かったので・・・・
「大丈夫?」「日本製の車酔いの薬あるよ」まだ調子の悪くない子には
「売店行ってみない?免税品が売っているみたい」と
私だけでも気丈に!って思って努力したってこともあります。

でも・・・このグループの歌声は、大好きだったから、聴けるだけで
「幸せ」その気持ちが勝っていたのかもしれません。

UKツアーで残念だったのは、私がいる間に予定に入っていたケンブリッジに
一緒に行けなかったこと。

スケジュールが混乱していたようで、別の日になっていたようなのです。
泣く泣く・・・私がロンドンに戻れるところで、お別れしましたが
(電車に乗ってロンドンのベン家族のところに戻ったのです)

バスで駅の近くまで行ってくれて、その道中、本当に美しい歌を
歌ってくれていました。これって彼らの「別れの歌」
駅に着いて・・・涙が出そうなところを我慢して、バスの中から荷物を取り出し
Boysに手を振られ、お別れしました。

こんな素敵な思い出、本当に感謝しかない。
今、思い出しても「歌もキミたちも皆大好き」って叫びたくなります。

下記は・・・・私が行けなかったケンブリッジでのもの。
あ〜行きたかった
〜〜〜なんて、今頃何言っとるんじゃい

でも、皆が一斉に走って来るところなんか、超カワイイ〜
そして、ケンブリッジでの「まさかの歌声」



ドラキーズの真髄を見た思いです。
本当に美しい!!

すでに過去になってしまった日々・・・帰らぬ日々。
それを思うと悲しいけれど、それを味わえたことは至福としかいえません。

ご紹介するYoutubeは「公開」にはされていません。
限定公開ですので、ここでだけご覧になって頂けると有り難いです。
ご承知下さい。

感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 20:02| Comment(5) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい歌声をありがとう。
過去になってしまった日々、過去になってしまったboys・・・。寂しいですね。今は今でたくさんの観客を魅了した歌声があるけれど、取り戻せない時間は誰にとっても寂しいものです。

でもnatalさんには記憶も記録もある!

2004年の声は本当にすごいとしか言えないですね。Youtubeで公開の動画、これもUKですね。
https://www.youtube.com/watch?v=ms8yoBYwgjc

バニーさんは途中で指揮をしない場面もあるのに、子どもたちは何を頼りにこれだけの合唱を作り上げるのか。厳しい練習の中で、楽譜にあるすべての音符と歌詞と、音の強弱までもすっかりからだに入っているんですね。
Posted by maa at 2017年09月14日 01:53
natalさんありがとうございますっ!

2004年のジャケットブレザー姿!!いつも見ていた青色のベストじゃないのでビシッと決めてる姿は新鮮ですね♪何人かしかうつってなかったので全員見たいぐらい。この後もまだまだ見たいですがもうリピしまくりです☆歌が始まる前のトーマス君?でしたっけ。くしゃみしてんのカワイイ(笑)でもみんな体調が悪いなか、ちゃんと舞台に立って歌う。本当に彼らはプロですね!

お別れの時のバスの中での「別れの歌」、嬉しいですね。美しい歌声で歌われたらそりゃ涙ものですよ。そちらも映像が残っていたら見たかったです。
もうひとつのケンブリッジの映像もプライベートっぽくていいですね♪走ってるとこ本当カワイイ(≧▽≦)バックで流れてる歌声も素晴らしくて、最後はまた美しい歌声です。

こうしてnatalさんが撮り続けてくれているおかげで過去の映像が私たちも見れる事ができます。
過去には戻れなくても思い出は色褪せないですね。だから大人になった彼らに会ってもあの時はああだった〜なんて覚えてるんでしょう。あの時代、同じ時間を共有できて良かったですね。
まだまだ色々拝見したいのでお忙しいとは思いますが楽しみにしています。
Posted by jackey at 2017年09月14日 08:48
maaさん

お返事遅くなってごめんなさい。

2004と2005の歌声は最高でした。ソプラノから低音部まで、素晴らしいソリストと
合唱。

この時期に遭遇できたこと、神様に感謝です。
今も大好きですが・・・この時期は圧巻でした。
そして子どもたちも純朴で、何のしがらみもなく、大らかで優しくて とにかく
素晴らしい思い出を心から有難う。

いっぱいいっぱい歌も聴けて、リハーサルも同席できて、こんな幸せなことは
なかったし、これからもナイだろうな・・・と痛感しているところです。

Bunnyが少年たちをしっかりコントロールし、歌は上手いし、凄いお子たちだけれど
変な「特別意識」も持たせなかったことが功を奏しているように思います。

合唱団=特別待遇なんか不要なんですものね。
Posted by natal at 2017年09月21日 19:00
jackeyさん

お返事遅くなってごめんなさいね。

いつもコメントいただいて感謝感謝です。
そうなの。彼らは実はとてもダンディなの少年たちなんですが、普通の時はただ元気で
明るい歌の大好きな子たち。

こういう素朴さも大好きでした。
日本では、何となくスター扱い(?)のようなことも見られましたが、この時代は、そんな
特別扱いもなく、ただ「聴きにきてくれてありがとう」って感謝してくれる子たちでした。

ケンブリッジの動画は、ツアーの記念録画(途中クライブさんのビデオカメラが壊れたので
わたしが撮ったのも送ったので、そこからのツアー用思い出DVDでしたが、ケンブリッジには
行かなかったので、ビデオカメラは合唱団のもの(クライブさんのカメラなおった?)
だと思います。

本当にBunnyが良くして下さったお陰で、沢山の素晴らしい経験と録画も残っているのに感謝
です。

Posted by at 2017年09月21日 19:07
jackeyさん

お返事遅くなってごめんなさいね。

いつもコメントいただいて感謝感謝です。
そうなの。彼らは実はとてもダンディなの少年たちなんですが、普通の時はただ元気で
明るい歌の大好きな子たち。

こういう素朴さも大好きでした。
日本では、何となくスター扱い(?)のようなことも見られましたが、この時代は、そんな
特別扱いもなく、ただ「聴きにきてくれてありがとう」って感謝してくれる子たちでした。

ケンブリッジの動画は、ツアーの記念録画(途中クライブさんのビデオカメラが壊れたので
わたしが撮ったのも送ったので、そこからのツアー用思い出DVDでしたが、ケンブリッジには
行かなかったので、ビデオカメラは合唱団のもの(クライブさんのカメラなおった?)
だと思います。

本当にBunnyが良くして下さったお陰で、沢山の素晴らしい経験と録画も残っているのに感謝
です。

Posted by natal at 2017年09月21日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。