2017年09月10日

再び『2004年の歌声』By Bunny



前回に続いて『2004年by Bunny』の歌声
をお届けいたします。


動画は限定公開になっていますが・・・最近、ごそごそと我コレクション
あちこちに散らばっている中から、探したDVD

8_n (345x460).jpg

全曲UPするわけにはいかないですので(既に廃盤です)
ちょろっと聴いて「全曲聴きたいなぁ」と思ったらお知らせ下さい。

このジョン・ラター(John Rutter、1945年9月24日 - )の
マニフィカート(1990年)から2曲・・・

(注:音が小さく録音されています。ボリュームを少しだけ上げて聴かれて下さい)




再販はできないかもしれませんが・・・Old Boys協会が、古いLPレコードや、
廃盤のCDを復刻して「音楽祭」などでご案内しています。
全て合唱団をサポートする為です。
卒業生(すでに皆、おじさん、おじいさんですが)は合唱団への
サポートに力を入れています。
合唱団・・・というよりもこの学校に入団したいけれど、お金の面で難しい子
(でも才能がある)そういうお子さんにスポンサーを見つけてあげたり・・・
特にアメリカの教会関連に支援をお願いしているようです。

次はバッハから・・・・


大人の合唱団でも「楽譜」を手にして歌うような曲を10歳〜15歳までの
少年たちが、すべて暗譜で歌う。圧巻です!

そして、このDVDは「音楽祭」のライブの録画で、そのままの「合唱」です。

私は、このコンサートは会場で聴いていました。
もうもう圧巻なステージでした。

「Drakies」と言うと、どうしてもポップやアフリカン音楽が脳裏に浮かぶかも
知れませんが、今年は「カルミナ・ブラーナ全曲」でしたし、バッハや
モーツァルト等、毎回クラシックもしっかり歌うのです。

そしてやっぱり上手です。

最近は、ソプラノソロが少なくなっているのですが、Drakiesは
元々低音部もありつつ、バリバリにソプラノソロを聴かせていたChoirでした。

今後も、圧巻な様々なドラキーソロが聴けることを
期待したいと思います。

145_n (460x345).jpg

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:18| Comment(7) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね!もっと見たいですね!
Posted by mieko at 2017年09月11日 13:05
うわぁ〜私の大好きな2004年じゃないですかぁ〜!!3つとも聞きましたけど3つと言わず是非とも最初から最後まで見たいですっ!聞きたいですっ!!

再販出来ないんですか!Σ( ̄ロ ̄lll)
Old Boys協会さま復刻版お願いします〜(>_<)
自分が大金持ちだったら…今すぐにでもサポートするのに。残念ながら大金持ちではありません(笑)
natalさん、2004年生のジャケットブレザー姿はやっぱりなかったですか・・?一度も見たことがなかったので彼らがビシッとジャケットできめてる姿を拝見したかったですねぇ(笑)
しかし中学生までの子が暗譜で歌うとは凄すぎますね!!中学生の男の子って多感な時期というか反抗期の時期だと思うんですけど、彼らからは一切そういう風に見えないのが不思議です!みんな本当にいい子たちばかりなんでしょうね☆
Posted by jackey at 2017年09月11日 13:43
こんにちは〜!
どれもボーイズが一生懸命に、しかも楽しく歌ってますね♪歌声に重みを感じました。
ドランキーズを生で聴いてから、私もいつか南アフリカに行って現地で彼らの歌声を聴きたい!
そう思うようになりました。ワイヤー細工のドランキーズも可愛いですね💕
Posted by はっぴー at 2017年09月13日 15:34
先日は、出先から携帯でメールを送ってしまったので、変なメールですみません!
私は、oldなのでBunny氏の音楽づくりが大好きですね❤!ただ健在の時代を知らないのが残念です!natalさんの映像で拝見するだけですが素晴らしい音楽づくり(歌声、ハーモニー)をしていますね。Bunny時代の合唱素晴らしいですね!
今年、初めて彼等の歌声を生で聴き感激しました。ドラケンバーグ少年合唱団大好き!
その時代 、時代によって指導者やBoysも代わるので歌声も変化するのは仕方ないかも知れませんね!でもドラケンバーグ少年合唱団はドラケンバーグ少年合唱団です。これからも応援して行きたいと思いますのでよろしくお願いします!
natalさんの貴重な映像は、Boysの成長の記録でもあり、合唱団の大切な記録でも有ります。Bunny時代を生で知らない私達にとっても貴重な映像ですので大切に保管して、時々ブログで見せてくださいね〜!よろしくお願いします!💕🌈🙇
Posted by mieko at 2017年09月13日 18:15
miekoさん

2つのコメントをありがとうございます。

miekoさんのように昔からの少年合唱団ファンであっても
Drakiesを知らないでいたことが残念でなりません。

ご一緒出来なかったとしても、Bunny時代の圧巻な歌声と
パフォーマンスを見て欲しかった。

Drakiesは「Drakiesジャンル」って気がしています。

来日できなかったブランクの間、大使館招聘で個人で主催なんぞ
できた夢のような時を、miekoさんやmaaさん、ハッピーさんに
見て欲しかった。

動画の2004年も、そうであったのですが・・・・
2004年で卒業したソリストをカバーするように、また2005年でも
相変らず素晴らしいソリストが育っていました。
ソプラノから低音部の充実さは、必見でした。

でも・・・決して遅くないわ。
これからもご一緒に、過去から現在のDrakiesを楽しんでいけたら嬉しい
です。
Posted by natal at 2017年09月16日 09:26
jackey さん

喜んでいただけて嬉しいです。
そうなのです・・・
私がリアルで聴いてきたDrakiesベストの時代が2004&2005。

勿論、他だって大好きですよ。
でも2004&2005は、やはり素晴らしかった。
バニーの引退前の数年間は、やはり圧巻だった。
ソプラノから低音部まで、選曲も好きでした。

さて・・・2004年の制服姿、探してみます。
あったらご紹介しますね。
仰るとおり、彼らはとてもフレンドリーで温かい子たちばかりでした。

今年は、皆さん殆ど「触れ合う」ことが出来かったのは残念ですが
(コンサート後の握手交流は、並んであっという間でお話する
暇ないですものね。サインも一応禁止だったようです)。

Drakiesの長い間の友情と、今迄の音楽が今も心の支えかな。

これからも何か見つけたらご紹介していきたいと思います。
Posted by natal at 2017年09月16日 09:50
はっぴーさん

コメントお返事遅くなってごめんなさいね。

そうなんです。音に厚みと重みがあって、素晴らしい歌声なんです。
いつか、南アフリカにご一緒できると嬉しいな。

私も、相当「疲れ」&「ストレス」がたまっている今日この頃ですが
彼らの歌声にはいつも癒されています。
Posted by natal at 2017年09月21日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。