2017年06月25日

あっという間「初コンサート」来週だよぉ




『初コンサート』来週・・・なんですね

何だか、信じられません。
Drakiesのコンサートを聴かれる方、どうか「少年合唱」という
先入観なしに聴かれて下さい。

アフリカンな子たち、元気っ子!
応援お願いします。


今、Drakiesのコンサートの話題を書きつつ・・・実は
数日前に亡くなった小林麻央さんのことで胸がいっぱい。
どんなにか、お子さんの育ちを見たかっただろうに。
それを思うと、一番、辛いです。
麻央さんのご冥福をお祈りします


そんな意味でも、こうしてコンサートが聴かれること・・
楽しみに待つことが出来る・・
なんて贅沢な・・本当に有りがたいことなんだ!
感謝しなくては・・と思います。

そんなことを思いながら・・・またDrakies話題に戻らせて
頂きますね。

さて、一般公開の動画ではありませんが(限定公開)
本場「Shosholoza」です。



この歌になると、会場に居た元Drakieたちが一斉にステージに
上がり、一緒に歌います。


日本公演に(もし・・もし・・ですよ)元Drakiesがいたら
是非ステージに上がって一緒に歌ってほしいですね。
まず、不可能かもしれませんが(いえ・・1%の可能でも?)

そして、現地では、コンサート後、風光明媚な野外で・・・
1〜2曲、感謝を込めて歌うのです。



(後でジャケット姿で見様見真似で踊る子たちは、今年の新入生です)

さてさて・・・日本公演ではどんな感じになるでしょう?
期待と込めて(私は少しの不安も・・)待ちましょう。

以前先生に日本の歌に関して「どんな歌があるかな?」と尋ねられた時に
いくつかご紹介したのですが・・・
『花は咲く』も選んだようです。

多分、英語バーションの訳詞の内容が良かったのかな?
https://www.youtube.com/watch?v=25jnvWrzCfA

Drakiesが歌うとどんな歌になるのかしら?


とにかく、新年度(2017年:1月中旬)に入って、色んな新しい曲
を歌い始めていたので(山の音楽祭の為にも)・・・
カルミナ・ブラーナも少年たちは全部暗譜。
(おとなの合唱参加のOld Drakiesは楽譜を持っていたのですが)

かなりBoysにはハードスケジュールだったと思います。

「山の音楽祭」が終わって、今度は「日本ツアー」の選曲。
練習・・・リハーサル。

本当にBoysはタフ

頑張れ Drakies
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 09:32| Comment(4) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪
生ドランキーズに会える日、そしてnatalさんとの再会まであと一週間ちょっとですね♪
楽しみに待ってます。(^-^*)

小林麻央さん、残念でしたね。
私も謹んでご冥福をお祈りします。(合掌)

Posted by はっぴー at 2017年06月26日 09:48
natalさん

いよいよ、5日後にせまりましたね! もう、スーツケースに荷物を入れstandby ok! かな?
楽しみ、たのしみ! 成田に到着するのかな? 来週から真夏日だそうです。体調を崩さないで素敵な演奏会が出来ると嬉しいですね!

是非、OBも来日してくれないかなぁ!(スタッフとして来て下さい)


Posted by mieko at 2017年06月28日 18:15
はっぴーさん

御無沙汰でした。
人間はいつ何時、幸福な時間がやって来るか・・
また大変な状況になるか、分らないですね。

ですから「楽しめる時」がその時だと想い
いつも色々な面で一生懸命楽しんでいます。
(変な表現ですが)

Drakiesに関しては、出会いから今迄、本当に
元気を貰える歌声に励まされてきました。

彼らのステージ(歌声)から生きていることを有りがたい・・・
感謝だと思えました。

では・・・来週!
色んな悩みを持つ若い子たちにこそ、聴いて欲しいのです。
Posted by natal at 2017年06月30日 13:43
miekoさん

本当に、来週に迫っているのですね。

以前、どなたかの「名声もない合唱団のコンサートで
高いチケット代で来る人は少ないだろう。
空席が目立つのでは?」というご意見を目にしたことが
あって「そうかもしれないなぁ」と悲しい気持ちながら
共感してしまった。

でも、少年たちは航空券の一部を自己負担としてやってきます。
本当にコンサートビジネスではなく、コンサートを
行なうこと・・これ自体が「教育」としての観点で、歌いに
来るのです。

有りがたいことに大きな都市でのコンサートはほぼ完売だそうで
なんとも有りがたい、信じられない想いです。
いえ・・・私は大喜びで聴きにいきますが、それこそ有名でもない
「(南)アフリカ」という多分多くの方は「音楽的」なイメージ
がないかも?そんな国からの合唱団です。

多くの皆さんが「生きている」ことを嬉しい〜と思える
歌声を・・・ステージを楽しんで下さることを願っています。



もう感謝しかありません。
Posted by natal at 2017年06月30日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック