2017年05月14日

コンサート後・・の様子


Please click here if you like this blog



滞在日記の前に・・・
アフリカ音楽が終わって・・・その後のDrakieたち・・


コンサート後も歌うのをやめられないBoys。卒業生も中に入って・・・
また周囲を囲んで歌いまくる。後には、大勢のNew Boysも一緒に
なって歌っている姿が見られますね。

ところで・・・
音楽監督に「日本ではファンサービスってのがあるらしいのですが」と言うと
「どういうことするの?」と??怪訝そう問い返してきた。

実は私も、今実際にはそういう場にいないので、どう説明したら
良いか分らないのですが。

でも・・何とか〜
「コンサート終わってから、団員たちが(何人か?)ロビーに出てきてファンが
写真撮影をするらしい(詳細は私は分らないのですが)」というと
「そうか(そんな簡単なこと〜みたいなノリでした)。
そこで歌えば良いんだね?(先に言ってくれた)」と。

うんうん、歌ってあげてと。
ただし・・・主催者もあることだからクルーガー先生の一存ではどうか分らない
ですが、南アフリカDrakiesとして「この乗り」を日本に持ち込んで欲しいなぁ。

こちらは大騒ぎの歌の後・・・・


しっかり「感謝の祈り」を捧げます。
それも「ア〜メン」がキレイなハーモニー。
それを指導するのは「ヘッドボーイ」はじめプレフェクトなど高学年の子たち。
その場に、もう先生たちはいません。
この合唱団学校のポリシーの一つが「リーダーシップ」を育てること。

ヘッドの子たちの指示など、下級生は本当によく聞いています。
多くの卒業生が「ここ(Drakies)は特別な場だった。最高の数年だった」と
言わしめる特別な地ですね。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
natalさん

Drakiesのスペルでしたね。間違えてしまい失礼しました。クルーガー氏のカラーが出ている、今のDrakiesですかね?Kearsney Callege choil が歌っていた曲もありました?ステファンのソロした曲もあったかな?(懐かしい!)

南アフリカのことを最近テレビでやっていますね。行ったことが無いのになんだか懐かしいきもちです。
Posted by mieko at 2017年05月17日 12:07
miekoさん

いつもありがとうございます。

確かにクルーガー氏のカラーの出たドラキーズかもしれません。
子どもとしての「合唱」以上の青年期のイメージが大きいかな。

ソプラノがあってもなくても、私はあの歌声で元気を貰える!

それとね・・・主人がそうだったのですが(友人の旦那さんも)
Boys Choirに関心の無い人だった。
でもドラキーだけは南アフリカで聴いてから虜になってた。
「少年合唱」に拘らずに聴いて欲しいな。

南アフリカは本当に素敵な国ですよ。いつかご一緒したいなぁ〜。
Posted by natal at 2017年05月19日 01:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449879224

この記事へのトラックバック