2019年01月26日

とうとう・・「雪」になりました


新潟市・・・とうとう雪が降り始め、少し積もっています。

このまま降り続くと、また雪のけしなくちゃあ〜!!

東京あたりだと雪が降って、各自で除雪することを「雪かき」って言いますよね?
新潟県は?・・・

でも・・・この「ONCE」のアンケート結果では、新潟でも「雪かき」
と言うことが多いようです。

https://the-ones.jp/do-nano/yukikaki/

私は「雪のけ」って言いますが。

雪をかいた・・くらいじゃ、雪をどかせられませんから 新潟県民が「雪かき」
と言うのは実は不思議です。

まずはともあれ・・・

今年は天気予報に反して、新潟市は大荒れにもならず「今年の冬は雪も無く
過ごせるかな?」などと淡い希望を持っていたのですが

どっこい〜『そうは問屋が卸さない』ですよね。

今日は・・朝から雪になりました。

朝で、10センチくらいにはなったかな?と思うのですが、今のところ
降り止む感じもなく、なんとなくダラダラと降り続いています。

DSC07332 (500x303).jpg

困ったなあ・・
とりあえず雪国だけれど、新潟市は「雪国」じゃないのです。


道路には消雪パイプがあるわけでもなく、除雪も下手な気がします。
雪国であって「雪国」でない新潟市。


さて・・・これから、どのように降り続くか、戦々恐々としてます。




ここずっと「南ア滞在記」やら昨年7月の「World Choir Games参加」についも
書き連ねていません。

「地元の目ぼしいところ発見」も楽しいので、つい、日々のことを残しておこう
と「南アフリカ滞在日記」に手がまわっていません。

でも・・・又これからも、思い出しつつ書き加えていきますので
宜しくお願いします。

 
そうそう、昨年7月に参加した「World Choir Games 2018」南アフリカのツワネ大会。

開会式・・・表彰式・・またDrakiesが参加した部門や他の関心ある部門を
聴いてきましたが、その中で「プレトリア大学」の講堂での演奏を待って
いる時、南アフリカの小学生が、やはり演奏鑑賞のために、開場を待っていました。

日本から・・と言うと、興味津々の子どもたち。
そんな子どもたち、大勢が押し寄せてきてハグしてきたり「日本はどんな?」と
質問攻め。
そして・・子どもたちから、南ア国旗のキーホルダーまで頂いちゃいました。

また、子どもたちの先生と話している時に・・・

「待っている間に子どもたちの歌、聴きたいな」
と言うと、先生が
「雑音になっても良いかしら?」と言うので
「美しい雑音なら良いんじゃないですか?」と言うと
あははは・・・と笑いながら
階段にゾロゾロと、並んでくれ、なんと歌ってくれました!





開場の時間も迫っている時なのに、なんて嬉しいこと!
みな気さくで、明るくてかわいい。

歌っている間に、開場の時間になり、歌も途中で大慌てで入り口に
向かっていきましたが・・・(私もね)。有難う・・子どもたち、先生!!!

南アでは、Drakiesだけでなく、色んなところで
明るい歌声と笑顔を頂き感謝感謝です。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
posted by natal at 11:19| Comment(4) | 国際交流(Friendship society) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

Queenの映画が観たい・・聴きたい★



最初は番外編ですが・・・・

南アフリカの9歳の子の歌に感動

   

9 year old from delft. Just singing.
No one knows about him no one takes notice of him at school he just sings

Drakies!! 是非、この子を探し出してください!!


そして・・今、Queenの映画が観たい私・・・。




洋楽のポップ音楽に、それほど傾倒していなかった若いころの私・・・

のちに・・Drakiesの歌う「Queen」の数々で、クィーン音楽に目覚めたといっても
過言ではありません。

Drakies時代の若干15歳のWarrenの歌う「ボヘミアン・ラプソディ」も圧巻でした。
確か・・・2007年。録画もあったはず。あ〜後で探さねば。

ここで、Drakiesが歌ってきたQueenの歌をいくつかご紹介します。
実は、Drakiesは、ほかにもクィーンの曲は歌ってきています。
自身の録画ではあるのですが、まだ ここではご紹介していません。

Don't Stop Me Now






The Show must go on

Warren 15歳


次は「Somebody to love」づくし・・・


2001年Ben 14歳



2007年 Warren & Willem 15歳

こちらはDrakies卒業生が』多く進学するケーズニーカレッジ
(13歳~18歳までの中高一貫校

2010年 静岡・浜松 Kearsney college choir (リハーサル)Warren 18歳

カレッジ・・・という名称から「大学合唱団」と記載されてしまったのです。
浜松の他、八王子でもコンサートを行ったのですが、受付などのスタッフの
方が『大学生かと思ったら、とっても可愛い子もいてビックリ』と
仰っていました。そうなのです。13歳〜18歳の学生さんですから
中学生と高校生ですもの。


2010年 静岡・浜松 Kearsney college choir (本番)Warren 18歳

ここでのコンサートは浜松の大学での交流コンサート。
コンサート後、学生の皆さんとの交流など、本当に温かいコンサート
でありました。

スタッフとして「楽屋」でこの歌を聴いていた学生さんが・・・・
「あんまり素晴らしくて楽屋の袖で大号泣した!」と交流会で話していました。

実は、どれも素人録画で、ビデオカメラ自体も、安物。
実際の生の歌声は、本当に素晴らしい!
一度、プロの手で録画して欲しいものです。
録画目線は私・・・?

録画を見つけたらWarrenのボヘミアン・ラプソディをご紹介しますね。
とっても素敵な歌声だったの、15歳のWarren。

下記、なんだか最近のWarrenフレンディ・マーキュリーに
似てきたような?

Warren (550x550).jpg

https://www.youtube.com/watch?v=964ipOOrXlM
Warren Stardust-Cape Town 2018
こちらは昨年、五月のCape TownのStarDust(歌うウエイター&ウエイトレスの
レストラン)・・・・。

ほぼ最後に、お得意の「Somebody To Love」を歌ったのがWarren。
歌う前に、私の席に来て「natalの為に、これからSomebody to Loveを歌うよ」
なんて囁いていくこの〜オバさんキラーめ

いや・・・ホント、成長しても、皆良い子なのです
さすが、お優しくユニークなDrakies出身の子達・・・。



Seaside Rendezvous



ご視聴有難うございました。


これからも、自分の所持する録画を(特にBunny時代)探し出して
もっとご案内できるように、頑張ります

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・
posted by natal at 08:08| Comment(2) | 国際交流(Friendship society) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする