2017年09月09日

Bunny時代〜そして残すべき「映像」



今日は1997年のプロモビデオクリップ(限定公開)ご紹介



きっと、このビデオクリップが1997年だと知ったmaaさんが
イグナス君を血眼になって探すんかな?と思いつつ・・
実は、遠くにイグナスらしい子がチラって感じで
あまり期待されませんよう

それに、これはプロモビデオなので・・・・
歌声の音源は、もう少し前のCDからのもののようです。

でも、どの時代も「ドラキーサウンド」は健在。

・・と言っても、このビデオクリップの方が過去のものなので
今のドラキーたちが「ドラキーサウンド健在」ってことですね。

さて〜〜このビデオクリップの中での最初の曲「From a Distance」
でのソロ2人。
黒人の大きい団員君と小さなソプラノのブロンドの子・・・

実は、実は・・・・・・
私・・・この方(このビデオクリップのソプラノさん)と相模原で一緒に
Drakiesコンサートを聴きました。

今年の日本公演を聴くことが出来たold Drakieのいや「子」でなく、今は
男性
ですが)おそらく彼だけだと思います。

なんと言っても、至福だったのは、アンコールのショショローザを
隣で「Drakies卒業生」と歌い踊れたこと
もう、良い声での『ショショローザ』が聴こえ、またモロダンスも
ベテラン(当然)。


でも、団員時代は「ソプラノのリーダー」だったとのことなので
少年時代の歌声も聴いてみたいわ。

Drakiesの低音も高音もどちらも素晴らしいのは今も同じ。
今のDrakiesも大好きですし・・・。

でも、初来日の時「ソプラノ」ソリストが沢山いて
圧巻で、それも個性的な歌声で(それそれが画一的でない)
ビックリ仰天だった1997年


さて・・・最近思っているのは
「映像」「音」等は、残しておかないと。 

アーカイブ!!アーカイブ!!

こちらは、2003年 「アメリカツアー」でのパサデナでの
コンサート。
アメリカのパサデナ少年合唱団との共演でした。



Bunny時代のプログラム、大好き。
Bunny編曲が、とても美しく艶やか。


しかしながら、このパサデナでのコンサート会場が、音響が非常に悪く、
サウンドエンジニアのクライブさんが「音が篭って、困った」と
嘆いていました・・・。

私は、そりゃあ、良いホールで聴けるのは有り難いですが
「生ドラキー」を聴けるだけでそれだけで、もう文句なんて
言ったらバチが当たる

それに音響の悪いホールだから・・・と言っても
(この録画自体後の席)録画で観客の中から、かろうじて撮れる状況
の彼らの歌声。
観衆の隙間から、何とか撮ったような動画。

クライブさんは「録画?大丈夫!」と言ってくれたのですが、さすがに
クライブさんの元へはいけず後方の自席で聴いて、迷惑にならないように
細々と録画しただけなの。
当時のそれほど良いビデオカメラでない録画で、これだけ聴けるんですよ。

生でのコンサートは・・・「言わずもがな!」
この時、主人も一緒だったのですが、2人で ホクホクして聴いていました。

でもねぇ・・・このコンサートの録画を聴き返してみると
「あらまあ〜ホントだ。太鼓の音が、ドカンでもなく ボトンって
いうか、ポツンって・・感じの音。全然響きがない


そう感じられます。
でも、その音の悪さ以上に、やはりプログラミングも
歌声も素敵だと思います。
皆の歌を・・・懐かしい彼らの歌声・・・聴けるだけで感涙ものです  



今のドラキーズも、勿論、応援していますし大好きですし、これからも
同じ気持ちです。

でも、かつての歌声も思い出も、決して忘れられません 

かつても・・・そして今も「ドラキーサウンド」圧巻です

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 00:03| Comment(11) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする