2017年08月07日

2週間振り・・・



2週間振りにドラケンスバーグ少年合唱団を聴きました。

相変わらず、パワフルで芸達者なパフォーマンス。
第二陣も、元気いっぱいに歌い演じていました。

2059753n (2).jpg

2060471 (2).jpg

2060471 (1).jpg

2059753n (1).jpg

写真がバカでかくなってしまいましたが・・
自分のパソコンでないのでうまく扱えません。
お許しオバ!と思いつつ、きゃ〜こんなにでっかく
UPされて、なんとなく「きゃわい〜〜」なんてほのぼのしています。

歌や演奏はやっぱり圧巻ですよ。

今日は子供たちは久し振りのOFFで「ディズニーランド」に
出かけているようです。

いっぱいいっぱい頑張っているのですから・・
たくさん楽しんでほしいですね。


前回の来日は(民音さんの主催ではありませんでしたが)大使館の
サポートで2005年の「愛知博」で来日しましたが
この時は、愛知博でのパフォーマンスの間も皆さんと交流
持ったり、愛知博が終わってからも、新潟での滞在で多くの
皆様と交流を楽しんでいました。
いや〜もっとも一番は「ショッピング」かな?

「観光とショッピング、どっちが良い?」の問いには
「ショッピング」という声が返ってきました。

その前のフルChoirでの来日の際も、時々指揮者のBunnyと楽器店に
出かけたり、楽しい思い出がいっぱいでした。

その思い出の一こまを・・・ご紹介。
ヤマハショップでピアノやフルートを触らせてもらってご満悦な時間。


今回の来日では、スケジュールがいっぱいということもありますが
一般の皆様と触れ合うのは「コンサート終了後」の少年たちの
お見送りが主。バスに対してのお見送りも、皆さん躊躇されている
ようにお見受けします。

私も、いつになく子供たちに会えることも殆どなく
ちょっと寂しい気分でもありますが、ただ「コンサートの成功」と
「合唱団の皆さんが日本滞在を楽しんでいる」事だけを願って
います。

でも・・・初めてドラケンスバーグ少年合唱団を聴いて下さった
皆様が今お仲間になって、お目にかかり・・・沢山お話ができた
こと。
今回の来日ツアーでの「素晴らしいコンサート」に加え「皆様との
出会い・おしゃべり」が嬉しいことのひとつです。

すべてについて言えることですが・・・
確かに「素晴らしい演奏や歌声」が感動を下さる、当然のことですが
それに加え「温かい思い出」「ちょっとした優しさ」がその
思い出をもっともっと深くしていくものだと・・・

今までのDrakiesとの繋がりは、まったくそういったことの
繰り返しでした。歌声に鳥肌がたち・・「なんて素晴らしい」と
感動しても「どうだった?」とその感動を与えてくれた坊やたちが
飄々と現れて、本当に無邪気で普通の子供になって質問してくる。
どんなに上手なソリストでも、その気負いもなく「ただ楽しい」
「歌うのが大好き」「聴いてくれてありがとう」
いつもその気持ちが伝わってきていました。

ご家族の暖かさ・・・スタッフの優しさ・・・
私はなんて素晴らしい合唱団と出会ったのだろう・・と改めて
思い知らされています。

またその反対もある・・・
嬉しい感動の後に、メゲルこともある。
人生は、そういうものかもしれません。

良いことばかりじゃない。
今痛感しています。
でも・・本当いうと自分の大切な「人生」には何の
問題もないわけで・・。

ただ人々の繋がりや「優しさ」って大切ですし、絶対に
必要なものだと思います。

でも、何よりも普遍な「歌声」と暖かい少年たちと合唱団
スタッフ、ご家族から沢山のパワーを頂いています。

今回は、それに加え、一緒にコンサートをお聴きしたお仲間との
お時間にも感謝で〜〜〜〜す。意外に「一番の収穫」かも?

うふふのふ〜〜
「南アフリカに行かなくては!」・・そういう声が出ていますよ。
是非、ご一緒しましょう。

本当にその日がきますように・・。

でも、その前に体力維持と無病息災。
(おバンっぽくてごめんね

ではでは・・・最後の歌声を目いっぱい楽しみましょう!!

その前に・・・私のお気に入りだったのが2004~2005。
2004年のイギリスツアーのものを一つご案内しましょう〜大好きな
カヤのソロもありますよ
posted by natal at 12:55| Comment(6) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする