2017年03月05日

着々と決まっている・・いや〜心配倍増



南アフリカからのドラケンスバーグ少年合唱団

2017年日本公演のコンサートが着々と決まってきています。
地元は??どうなんだろう。どうも来てくれそうにない。
聞くのが怖い・・。

7月10日(月)仙台電力ホール
7月11日(火)郡山市民文化センター 大ホール
7月14日(金)豊田市民文化会館
7月15日(土)刈谷市総合文化センター
7月16日(日)日本特殊陶業市民会館フォレストホール
7月22日(土)アクロス福岡19:00


チケット発売は・・・
4月入ってすぐのようですが、主催は「民音」さん。

会員も多いので、もしチケット購入予定の方は、お早めに。

それにしてもチケット高いですね

S席・A席があるということは、指定席なんでしょうか。
以前(1997年、2001年、2002年)民音さん主催の時は、ほぼ自由席。

1997年・・・
ちょっと早めに会場に着いて待っていると、やはり待っているお客さんが
「今回は、待っている人少ないね」と話していました。

きっと「民音」さんは、普通の日本の歌手のコンサートも主催しているので
そういうお客さんも多く、人気の歌手にはもっと長蛇の列で開場を待って
いるのかも?と想像していました。

さてさて・・・その時は地元では自由席でも・・
都会のいくつかのコンサートでは指定席もあり?
それも前から5列目からしか買えなかったとか?
あまり行っていないので、覚えていないですが。

とにかく「会員」の多い主催コンサートなので、もし聴きに
行きたい方は、是非お早めに(ってまだ発売されてませんが)

・・・ということは、私の地元でコンサートがない場合は
私も行くコンサートに目星をつけて購入すべき?ってことですよね。

あ〜〜〜チケット、高い! 5800円だそう

でも、聞きのがすわけにゃいかん

もし地元にコンサートがなければ・・・チケットも高いけれど、
はい大都会まで、1~2回は聴きに行きますわ。

最近、知り合いのドラキーママさんたち(ご家族)から
「natal、日本公演のメンバーになったわ」と嬉しい連絡が届いています。

昨日、スポーツクラブのマッサージチェアに座っている時に「ぶ〜ぶ〜」
と携帯に電話が!!

mig (300x300) (150x150).jpg

+44 の電話番号!!これって英国(UK)からの電話だわ。

でも、登録されていない番号

もしかしたら変な電話かも?と無視してたわ。

そしたら家に居たら昨日も同じ電話番号が!
また無視

テレビ見ながら「無視」していたら、今度は家電話が鳴った・・

032629[1] (150x114).jpg

まあ出てみよう・・と電話口に出て「英国からミンキーよ!」と・・
なおも話し続けるミンキーさん。
「ドラキーmotherの・・・」と。「Okay,分ったわ。ミンキーさんね。」

2016-04-28 20.29.10 (500x375).jpg

Drakensbergで何度かお会いし、そして前にも数回電話を頂いた
のでした。
(でも、考えたら、前も携帯に出なかったんだわ・・・
だからミンキーさんの電話番号を登録してかなった・・

で・・携帯で海外通話はお金がかかるのでは?と心配しながらも
ちょっとだけお話しました。

「息子が日本に行くメンバーに決まったのよ」との報告でした。
ミンキーさんは南アフリカ人ですが、英国に住んでいます。

そして・・・音楽祭には必ず「飛行機でドラケンスバーグに行く」との
こと。どうして英国に住んでいるのか?は詳しい経緯は聞いていません
が、とにかく息子さんを誇りに思っている模様。

昨年の海外ツアーでも「オランダまで行ったのよ」と嬉々として話して
くれました。
本当に、皆良い人ばっかりで、もう〜大好き、みんな

I am so happy to have such wonderful friends
in South Africa. I love you all.

Thanks for the telephone call from UK.
I am so happy to see my friends in South Africa
soon.

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
blogramによるブログ分析
posted by natal at 18:17| Comment(21) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする