2016年12月30日

12月の音楽&Drakiesの学校って?


暮も押し迫って、なんだか多忙です

アマリアさんのコンサートも2日続けて聴くことが出来て、クリスマスは
良い時間を過ごせました。

2016-12-21 18.43.39 (407x550).jpg

2016-12-21 20.00.52 (412x550).jpg

本当に素敵な歌手が地元に在住しているって、幸せすぎる!

クリスマスイブの日は「新潟少年合唱団」

翌日は「グロースエコー」(その他にも素敵な歌声が聴けた)

そして・・・出演者の合唱団体が、みな素晴らしい歌声を聴かせて
くれたったことに感激でした。

「グロースエコー」は、新潟少年合唱団の卒業生で結成された
アンサンブルコーラスなのですが、新潟少年と併用で参加
しているメンバーもいて、歌が好きなんだなぁ〜と実感
できました。

メンバーの中には、2005年に愛知博で来日したドラケンスバーグ
少年合唱団とのコンサートの時のメンバーもおりますし
当時は、まだソプラノ・アルトだけだったのに、今は低音部も
加わったり、その後もアンサンブルで歌い続けているのは
本当に嬉しい。

一緒に歌った新潟っ子・・・みな「ドラケンスバーグ少年合唱団」
大好きになってくれました。

来年、来日した折にで、是非、どこででも良いのでコンサート
に行って欲しいな。

いずれにしても「新潟少年合唱団」という存在が『男子の歌』に
繋がっているようで、なんだか嬉しいです。

海外の少年合唱団コンサートも滅多になく、それほど「音楽」が
盛ん?とも思えない土壌ですが、しっかり『音楽』が根付いて
いますね。

それに明訓高校の合唱部(女子もおりますが、男子生徒のメンバー
も多い)もなかなか良い合唱を聴かせてくれています。

録画禁止でなかったので、私は邪魔にならないように、少し
だけコンサートの様子を録画しました。
許可をいただければ、ここでご紹介したいと思います。

と・・・またDrakies話題ですが〜〜〜

南アフリカは12月が年度末で、卒業。新学年は1月から始まります。

12月にDrakensbergに滞在した時「受賞式」に参加しましたが
ここの生徒たちは、本当に無邪気で、自分の感情をしっかり伝える。

来年のヘッドボーイも、この時に発表されるのですが・・・
みな、発表される度に、大喝采!!



初めて参加した時「なんだ?この喜び様は?」って呆気に取られていましたが
今では、そろそろ、大騒ぎは始まるぞ〜って予想を裏切らない少年たち。

でも、とにかく、ここの音楽「大好き〜好き好き」なんですが こういう
能天気な少年たち(日本語で書くと何となくおかしなイメージですが
happy-go-lucky、carefree、optimisticな意味として )も
大好きです。

そんな「happy-go-lucky」な少年たちのパワフル音楽がどう受け入れ
られるか、楽しみな反面、本心は ちょっと不安もあります。

日本の音楽ファンの真面目さ・・・また「少年合唱」というジャンル
への崇高さへの想いも感じますので、ちょっと「いぇ〜い
という感じで殴りこみをかけてくるDrakiesらしさが、どこまで受け入れ
られるでしょう。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 2016 CiB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

クリスマスはいかがお過ごし?


昨日のこと・・・

Merry Christmas

昨日はクリスマスイヴでしたね

私は・・・午後2時からの「新潟少年合唱団」定演に出向き
終演後、友人と「南アフリカ」帰りの想い出話やら、沢山
おしゃべりの時間を持ちました

そして・・・7時からは「Local」でのクリスマスパーティ
いつも最終土曜日の月一の月末パーティには参加するのですが
今回は「クリスマスイヴ」のイベント

どうしようかな?と思いつつ、ファミリーでの食事会、アマリアさんの
ディナーショー、教会でのアマリアさんのミニパーティなど、
クリスチャンからしたら「すでにクリスマス終わった」という
日本人感覚はおかしいかもしれません。

でも 家族で過ごすことも、アマリアさんの贅沢な歌声もすでに
堪能ずみでしたので、Localでのパーティにも参加してきました。


その前に「新潟少年合唱団」

IMG_3175 (413x550).jpg

IMG_3176 (550x413).jpg

今は12名の少年たちが在籍して歌っていますが、年々 団員数が
減っている感があります。
2005年にDrakiesと共演した時は、20名ほどおりましたから。

それでも、頑張って歌っているのは嬉しいです。



それにね・・・最近つくづく思うのですが
「良い子にしたかったら、音楽を!合唱団で!」と。

勿論、色々な楽器も良いですし、でも、こうして少年合唱団で
歌う少年少女と出会う機会を持つと、それを痛感します。

新潟の子達も、終演後・・・
出口に並んで、観客をお見送りしてくれるのですが、皆笑顔で
「ありがとうございました」とお礼を言ってくれます。

ローカルな少年の合唱団で、観客もどちらかというと、親御さん
音楽関連の方、年配の方が多く、同じ年代の子どもを持つ
(団員でない)親御さんは少ない。

でも勉強!勉強!と高額な塾通いに必死になるよりも、むしろ
「音楽」やっている子は 横道にも逸れず、協調性が出ている。

今高校生の子も、本当にしっかりしている。
「もう10年もここに在籍しています」とのこと。
ソプラノ・アルトにくわえ、数名が低音分で支えています。

良い子にしたかったら「新潟少年合唱団」へ〜〜〜!
と痛感しています。

これはDrakiesにもいえることで、この音楽学校は私立で結構
お金がかかるのですが、その後のハイスクールでは多くが
スカラシップを貰えて進学できる。

それは、学力も音楽性も、協調性も出来ているからだと思います。


是非、音楽の好きな少年諸君、是非「新潟少年合唱団」へ!
月1500円の会費。


そんなこんなで、また今日は、新潟少年合唱団の卒業生で歌って
いる「グロース エコー」のコンサート。
こっちも、これから行きま〜す。

IMG_3173 (413x550).jpg


さて、昨晩の「Local」でのクリスマスパーティのご馳走をご案内
します!

2016-12-24 19.45.21 (550x413).jpg

2016-12-24 19.45.16 (550x413).jpg

2016-12-24 20.05.11 (550x413).jpg

2016-12-24 20.18.09 (550x413).jpg

南アフリカから帰国後、ボヨンボヨン〜と体重増加に気をつけなくては
と思いつつ、反省になっておりません。

さて・・・良いクリスマスをお過ごしくださいませ!
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 13:05| Comment(4) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

Merry Christmas (南アフリカのクリスマス)


もうクリスマスも明日!

この師走に、糸魚川で大きな火事が起き、焼け出された皆様
ご災難心よりお見舞い申し上げます

さて、そんな災害があった中ですが、明日はクリスマス。

日本のクリスマス・・・
世界のクリスマス・・・
アメリカのクリスマス・・・
ヨーロッパのクリスマス・・・
オーストラリアのクリスマス・・・

南アフリカのクリスマス
良いクリスマスになりますように・・・

Merry Christmas

今年は、もうずっと前の・・・Bunnyの頃の
南アフリカのクリスマスの「歌声」をお届けします。




・・さて、日本では「コンサートマナー」への要望が結構厳しく感じます。
私が行くコンサートは、最近はオーケストラなどの方が多く(それも、楽しい
ものが多いかな?)アマリアさんの歌のコンサートなど、あまりマナー云々
より「コンサート楽しい!」の方が大きい。

多分、おかしな観客が私の周囲にいない幸運なのだと思いますが。

数年前に「ボニ・プエリ」のコンサートに行った時は
『一緒に歌いましょう!』ということで、観客も一緒に歌ったの
ですが、本音ですと、これちょっと苦手です。

口ずさむのは良しとして・・隣の方が、メチャメチャ大声でこぶし?
利かせて歌うので、ステージの子たちの歌が全然聞こえなかった。

これは、マナーとして口ずさむ程度にして欲しい。

さて、そ以外の観客のマナーでも・・

コンサート中の飴持参?
プログラムをめくる?
咳が出る?
子どもがうるさい?

いろいろなマナーがあると思うのですが、何だか
コンサート行くのが怖くなる。
いえ、私だって迷惑行為の観客はごめんですが、音楽を楽しむって
こんなに緊張しなければならないのかしら?
・・って、ちょっとツライ気分になるのも正直な気持ち。

南アフリカでのコンサートでも 注意事項をアナウンスしていますし
色々な規制もあると思いますが、観客が皆温かいように感じるの。

おそらく「咳が出る」観客がいると「大丈夫?」なんて声をかける方も
いますし、子どもが飽きていると感じると、パパさんが子どもを抱えて
一旦外に出て・・また戻ってくる。

コンサートの曲でも大盛り上がりになる場合もあるので、もし咳が
出るとしても その合間に「ゲホゲホ」できる・・という気楽さ
がある。

とにかく「コンサート楽しんでくださ〜い」というポリシー
だから、ちょっと気楽なのかもしれません。

・・・ってところで、Drakiesにしてはしんみりと?
カッチーニの「アヴェ・マリア」をお届けします(限定公開です)。



クリスマス・・素敵なお時間をお過ごしください。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2016年12月21日

愛される南アフリカ国歌「Nkosi Sikelel ' iAfrika」


愛される南アフリカ国歌「Nkosi Sikelel ' iAfrika」

Drakiesの学校での「Prize Giving」の時、会場の皆で歌う
南アフリカ国歌です。




皆が大きな声で歌いますが、やはりDrakiesから聞こえる歌声は
自然な中でもとてもキレイな歌声。

Nkosi Sikelel' iAfrika (God Bless Africa)

Nkosi sikelel' iAfrika
Maluphakanyisw' uphondo lwayo,
Yizwa imithandazo yethu,
Nkosi sikelela, thina lusapho lwayo.

Morena boloka setjhaba sa heso,
O fedise dintwa la matshwenyeho,
O se boloke, O se boloke setjhaba sa heso,
Setjhaba sa South Afrika - South Afrika.

Uit die blou van onse hemel
Uit die diepte van ons see
Oor ons ewige gebergtes
Waar die kranse antwoord gee,

Sounds the call to come together
And united we shall stand
Let us live and strive for freedom
In South Africa our land

主よ、アフリカを祝福したまえ
大地に幸福を与えたまえ
私たちの祈りを聞きたまえ
神よ、アフリカを祝福したまえ
あなたの家族である私たちを

主よ、わが国を祝福したまえ
戦いと苦しみを止めたまえ
救い給え!救い給え!
わが祖国 、わが祖国、南アフリカ

私たちの願いは
深い海の割れ目から
晴天にまで鳴り響く
どこまでもつづく山を越えて

和解を呼びかける声
団結せよ
祖国南アフリカの
自由のために戦わん

「世界で一番美しい国歌です」と紹介される、南アの人々には誇りの
国歌。

こんな素敵な歌詞の「国歌」羨ましい。

私も、何度か歌えるように覚えようと試みたのですが、いまだに
歌えていません。

ンコシシケレリ アフリカ
マルファカニースー ウフォンドルワーヨ

くらいまでなので、今度しっかり歌えるように覚えたいと思います。

2016-12-09 16.14.14 (550x413).jpg

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

元気・楽しい・ハツラツDrakies



来年のDrakieコンサートツアーがどのようになるか実際、分からない。


学校訪問もいくつもするようで、そうなると一般のコンサートが減るのか
その辺も不明 


実は「ほぼ日程は決まっているので、よし日程を持ってくるよ」という中で
コンサートに追われ、残念ながらその辺をゆっくり話せなかった。

とろあえず、大人びた少年たちの歌声をお楽しみに・・・

日本公演では、コンサート合間のBuskingもありませんでしたし
終了後、こんな感じで歌いまくる・・・ということもなかった
と思います。



この日 時々雷が鳴り響く雨の中・・・・
びしょ濡れになりながら、ホール前で歌い踊る
(というより歌い足りない)少年たち。


久し振りに再会した少年たちも「ごめん。ウエットだから」って
恐る恐るの再会Hugでした

でも、相変らず、元気でハツラツとしたDrakiesで安心しました。

ちょっと エルビス・プレスリーのポップな歌(海外としては懐かしの
メロディなんでしょうね)を聴けました。



クラシックからポップまで、楽しい・・・楽しい・・・!!

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 2016 CiB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする