2016年09月26日

「ツーリズムEXPOジャパン2016」@ビックサイト


最高だった!「ツーリズムEXPOジャパン2016」

今年も出かけて来ました・・「ツーリズムEXPOジャパン2016」

2016-09-23 10.12.34 (500x375).jpg 2016-09-23 12.11.41 (500x375).jpg 2016-09-23 11.00.10 (500x375).jpg


今年も「虹の国・南アフリカ交流友の会」の有志と出かけ
とても有意義な時間になりました。

いつもは始まってから入場するのですが、今年は朝の10時開場前に並び
開場と同時に『入場~』・・・という新鮮な経験になりました。

2016-09-23 12.40.54 (500x375).jpg 2016-09-23 13.21.30 (500x375).jpg 2016-09-23 16.50.52 (500x375).jpg

勿論、色々なブースを訪れ、色んな情報を受け取ることが出来ましたが
私(たち)の第一の目的を忘れちゃいけない。

そう・・・・『南アフリカの交流友の会』ですからね!

でも、あちこち見て廻れたのは、本当に有意義で楽しい時間に
なりました。


今回「ツーリズムEXPOジャパン」での出展のツアー企画会社の支社長さん
とお話したのですが・・。


来年の7月~8月にかけて来日するドラケンスバーグ少年合唱団の本拠地と
(今、南アのツアーにはここへのものがない)と南アの主だった観光名所を巡る
「南アツアー」を企画しませんか?
との提案を頂きました。

私の知り合いや関心ある人達(私の口コミも含め)でのグループツアーですね。


私は、いつも南アの知り合いとの旅なのですが。
この支社長さんが、数年前、南アのダーバンでの「日本デー」で、この少年たちが
ダーバンまで来て15分歌ってくれたらしいの。

支社長さん・・・何が何だか分からないうちに『涙が出てね~とすっかりお気に
入りになったそう。後を振り返ると他の方も泣いていた・・と。

それで、来年会社のある東京と大阪で「歓迎イベント」もやりたい・・・。
でも、こんなに最高の歌声(ダンス)なのに、なんせウィーン少年合唱団のような
名声がない。


だ〜れも知らないんだと思うと勿体無くて仕方ないと。

たった15分で、この支社長さんの感動を上げちゃったBoys、やったね!!
この支社長さん、フルでコンサート聴いたら、仰け反っちゃうぞ〜。

ご自分も「アフリカの音楽?」と鷹を括っていたら『驚き桃の木山椒の木』だったから。
まずツアーで皆さんをお連れして、その凄さを知って、皆に伝えて欲しいということの
ようです。

私は「5月連休ちょっと前出発」を提案。
そして「山の音楽祭」を聴き、サファリ、ケープタウン!等・・・・
何とかゴールデンウィークを中心に!と提案しておきました。

少年合唱団ファンは、その頃「ウィーン少年合唱団」が来日中なので、まず
無理。
一般の音楽ファン、ネイチャーファン、サファリなどに関心のある方
是非、是非 この企画に乗りませんか?!! 後悔はさせません〜〜〜!!

そうそう・・・今、Drakiesはオランダツアーの真っ最中!

エミレーツでオランダに向かったようですが、今回も、またエミレーツの
クルーたちに歌を歌い、どきゅ〜んと感動を与えた模様。

Dubai (500x333).jpg


さて「ツーリズムEXPOジャパン」では・・・
夕方5時から「南部アフリカの観光とビジネス」のセミナーがあり、参加。
その後、アフリカブースで「レセプション」を行いました。

2016-09-23 18.26.59 (500x375).jpg


結局終わったのが夜8時・・・アフリカブースが一番最後まで賑わっていたかな?

南アのお料理やワイン、ソフトドリンクなど頂きながら、各国の大使や
VIPゲストの皆様と素敵な時間を過ごすことが出来ました。

2016-09-23 18.21.07 (500x375).jpg 2016-09-23 18.20.41 (500x375).jpg 2016-09-23 18.20.48 (500x375).jpg  


多くの皆様に感謝の時間になりました。

また東京在住の南ア(ケープタウン)出身のニックも参加下さって、私の説明
できない部分も堪能な「日本語で」話してくださって感謝、感謝!!

ご一緒下さった南アの会有志の方、引き続き、今後も「南アフリカ」の会員として
のサポートをお願い致します。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2016年09月19日

秋のブライ(BBQ)と来年のDrakies・・



9月17日(土)「南アフリカ大使公邸」で行われた
「秋のブライ(BBQ)」に出席してきました。


今の大使とは初めてお会いできました。
ここ2回は、女性大使ですね・・・民族衣装も素敵でした。


14390717_10154091494694965_5622014740849033153_n (550x550).jpg


2016-09-17 17.01.02 (500x375).jpg


ブルボスやボボティ・・美味しい南アのご馳走と、沢山のお肉!!

おにぎりや野菜サラダなど、もうたっぷりのご馳走でした。

2016-09-17 14.33.14 (550x413).jpg

2016-09-17 16.52.44 (500x375).jpg


2016-09-17 16.00.56 (500x375).jpg 2016-09-17 16.49.47 (500x375).jpg 2016-09-17 15.23.38 (500x375).jpg 

2016-09-17 16.50.03 (375x500).jpg

やっぱり、南アの人々とのおしゃべりは楽しい。
やっぱり、皆さん、フレンドリー。

参加された日本の方々とも、沢山お話できて、充実した日になりました。


ジャジャ〜〜〜〜ン!!


大使公邸に着いた時は、まだそれほどの方が来られていなくて・・
お部屋に荷物を置きに行くと、観光局のYさんが!

「遠くから、よくお出でくださいました」と・・・。

そして、もうお一人の方を紹介されましたが、実は、この春
取材で南アフリカにお出かけになった女性記者。

「natalさんはDrakensberg Boys' Choirをサポートされて
いるんですよ!」とご紹介下さったのですが、その方も
「もうねぇ、初めて聴いたんだけど涙が止まらなかったわ。」
「凄かった!」と大絶賛していた。

勿論「少年合唱団ファン」ではない、一般の方。少年合唱が、どんなか?
とイメージだけだと「天使」「ソプラノ」という感じかな?

でもそれを覆す、パワーと元気さに圧倒されたと!

そして、観光局のYさんが「来年のドラケンスバーグのスケジュール
決まりつつありますよ」と。

ありゃりゃ〜私は、すっかり出遅れたわ。

合唱団側との繋がりはありつつも、来年の日本公演には手付かずで、
のんびりしていました。

困った! 困った!

どうやら、北から南まで、結構くまなく巡るようなのに。
何だか、我が新潟には「なんとな〜く来てくれないのでは?」という
ドキドキ不安が過る私!!

どうか、どうか・・・今からでも良いです!
もし、予定されてなかったら、ちょびっと挟んでください!

民音様:新潟にコンサートやってくださ〜〜〜〜〜〜い。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2016年09月11日

あるDrakiesの声の歴史



 ここ暫く 、心身ともに多忙でした・・

でも、生きている限り、楽しいことも大変なこともあるのは
「人生」なのかなぁ〜と思いながら、仕事に国際交流に
頑張っていこうと思っています。


と・・・話題はDrakies。

ここ暫くに、このChoir卒の歌手といえば
クラシックでは、Clint Van Der Linde(カウンターテナー歌手)と
Jacques Imbrailo(バリトン歌手)・・・お2人ともヨーロッパ在住。


これは・・・Jacques Imbrailoの指揮したChoirのイギリスツアーの
CD・・かな? (2003年)
Imbrailoは最初法律を学んでいたようですが、音楽も並行して学んで
いた。

_n (500x375).jpg



他にBala Brothersなど・・・Drakie卒業生は、南アでの音楽シーン
には欠かせない存在です。

さて、最近(2012年)、卒業のDrakiesたちも、今着実に
音楽の道を歩んでいる少年たちが多くおります。



その中の一人を今日、ご紹介します。2012年Drakieを卒業。
今、ケープタウンの大学生。

その名もVan Wyk Venter

Drinking song


こちらはハイスクール時代のVan Wykカウンターテナー&テナー(バリトン)


Drakie最後の年・・Chrisとのやり取りは愉快。
「夜の女王のアリア」のさわりが聴けます〜。
2012 Noel



2015 Benedictus



2009 Laudamus Te



2010 Flower duet



2009年〜2011年までは、主人と一緒でしたので、主人も彼のソロを聴いて
いて、2人のデュエットも「ぽっちゃり君は、良い声している!」と
ご贔屓にしていた。

ソロの前は緊張するのか、目をパチパチするので「目パリク君」なんて
呼んでもいましたっけ。


Van Wyk・・・・
きっと、音楽の道に進む・・またはずっと「音楽」を続けていく
だろうと思います。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

思い出のDrakies 1997&2001



maaさんが、1997年のソリストの一人、イグナスの歌声を
ご贔屓にして下さって有り難いことです。



今のDrakiesも変わらず大好きですが、1997年は、驚きだった
ので、今となっても「共感」して下さるのは、とても嬉しいです。

・・・ってところで、自分だけで保持していたビデオクリップ
ですが、多分、ここでご紹介しなければ、いつかお蔵入りになって
しまう映像だと思います。

単なる自由時間だったり・・・自分動画なので、汚い画像ですが
ご紹介したいと思います。

Free time in 1997


ショーンというお茶目さんの撮影(勝手に撮影していた?)

観光に行くぞ〜in 1997



日本の歌(1997年)MC by Jason



シーサイドランデブー(1997年) 後半のちょいソロby Jason





こちらは・・・・初来日から4年後。

4年後のMC by Jason(赤ちゃん?だった11歳から15歳に)
でも、また幼い雰囲気でしたね。


視点がおかしくて、最初 MCやってるJasonでなく、Suo Ganをソロする子
が写っていることお許しオバ。途中から・・・Jason兄さんです



「4年前に来日した時は11歳でした。今は15歳になりました〜」
とMCのJason・・・
でも、完全に変声していない。

Drakiesの子は、若くして?低音になる子、14〜15歳まで、
成長はしていても「声変わり」していない子がいましたね。
それは不思議・・・。

それでも、シーサイドランデブーの最後のお茶目一声から、キチンと
ソロをするようになりました。こちら・・・です

キリエ デュエット By Jason, Mahieu, and ...Bjorn
(By M. Barret)Drakie団員時代に作った曲とのこと



・・・と、すっかり想い出になってしまったDrakies 第一回来日と
2回目の来日から、ご紹介しました。

偶然、コンサートに行き、こんなに長い間サポートしているとは 当時は
思いも寄らなかったことです。

いつも同じサウンドのDrakiesですが・・・それでも聴き続けてきた
中で、様々な変化がありました。
指揮者の交代や、アフリカ音楽でのコスチュームの変化など・・。

でも、いつも同じに楽しくて、元気の出る感動をいただけることに
感謝、感謝なのです!


プライベートな録画なので、限定公開にしてあり、ここでだけのご案内に
なりますが、少しでも「Drakies」の良さ(Funnyさ?)を知って頂ければ
幸いです。

事務所の廊下にDrakiesの絵などが貼られていますが
その中に、私の「南アフリカ観光局」での写真コンテストの最優秀賞の
一枚も貼ってありました

2016-05-01 08.11.12 (600x300).jpg
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Drakensberg Boys' Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする