2016年01月30日

今年の「山の音楽祭」@Drakensberg


今年の「山の音楽祭」in ドラケンスバーグ

いつも、ドラケンスバーグでの「音楽祭」を聴きたい・・・と思いつつ
間際まで、決心しなかったり、戸惑っていたり、いくつになっても
不惑の人になれない私。

2001年に初めて娘と「南アフリカ」に降り立った時(計画を立てたその時点でも)
それまでの悪評(犯罪多発など)で、戦々恐々、ドギマギしていたのですが
それから、早14年・・・
ここまで「南アフリカ行き」が続くとは思っとりませんでした。

娘と一緒の後、イヤイヤ連れていった我が旦那が、すっかりハマってしまい
私以上に「南アフリカ」「アフリカ」を学び、支援し・・・
Drakiesを愛していったことに驚きでした。

そんな長い間・・家族以外で、ご一緒したのは2回のみ。

2007年に、Drakiesファンの方をお連れした。
2010年に、知り合い5人をお連れした。

その2回きり。

でも・・・・今年の「山の音楽祭」では、なんとなんと・・・
なんと、数名ご一緒下さる方が出来そうです(八王子在住の方々)。

「山の音楽祭」でのご都合が合わなければ、私はその方のご都合に
合わせてご一緒したいと思っていたのです。

と・こ・ろが・・・・・「山の音楽祭」の日程でOKとのお返事でした。

まだ詳しいことは決まっておりませんが・・・

南アフリカの子どもたちに会って欲しい。
貧しい子どもたちの屈託のない笑顔の美しさを見て欲しい。
Drakiesの明るい歌声を聴いて欲しい。
南アフリカの自然を味わって欲しい。
南アフリカの明暗を知りつつ、この国の良さも知って欲しい。

南アフリカの知り合いのお宅(ゲストハウスあり)にもお連れしたい。


いろいろな想いが溢れ出ています。

それも、嬉しいことに、ご一緒できそうな方が、私の専門と深く関わる
とても尊敬できる方々。

私は、皆様の足元にも及ばないと思うのですが、こんな私にでも
「南アに一緒に行きましょう?」と仰って下さった。

音楽にも造詣の深い方ですので、きっと「南アフリカ」の多彩な音楽も
楽しんでいただけると思います。

私は、とっても嬉しい。

4月下旬〜5月は、南アフリカの気候は秋!
でも、それほど寒くない、良い時期だと思います。

なによりも、新たにDrakiesの音楽監督に返り咲いたシェフ(Mr.Kruger)
との再会も楽しみでなりません。

そして、そんな音楽監督をご一緒できる皆様にご紹介できること
を嬉しく思います。

まだまだ、詳細ははっきりしません・・・。


でも、2010年に、シェフはケーズニーカレッジのコンサートで八王子
を訪問されています。今度ご一緒する方々も、八王子在住。

もっと前から存じ上げていたら!と思うのですが、それでも、今お知り合い
になれたこと、嬉しいです。

実は、2月14日(日)にご縁があって、八王子に伺います。
尊敬する皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

ずっと「Drakiesを知って欲しい」「南アフリカに関心を持って欲しい」
「南アの子どもたちに会って欲しい」と願っていました。
今も、その気持ちには変わりはありませんが、どこかで繋がる方が
いる。
全然、違う方向からでも、ご一緒できる。

自分が幸せな気持ちになれるものに、熱心に心を寄せ続けていくことの
大切さを 今痛感しています。

本当にありがとうございます!

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | South Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

第5回「英語で旅トーク」開催します


★第5回「英語で旅トーク」開催します★

■日時:2016年1月31日(日)午後4時30分〜〜6時30分
■場所:新潟市中央区京王(南ア交流友の会事務局)
 詳しい所在地など、参加の方に、直接お知らせします。
■参加費:600円
■募集人数:12名
(駐車スペースがありませんが、車で参加される方に、駐車できる場所を
ご案内します)

今回も、ルイボスティの他、コーヒーなど、スナックを頂きながら
「旅トーク」しませんか?

1分間:自己紹介&旅への想い(in English if possible)
順に、気楽に皆様が好きな旅、国などを、できるだけ英語で、何とか英語で
大変な時は助け舟をお願いして・・お話ししましょう?

★What country did you go to recently?
★Which is your favorite country?
 And why ?
★Which country do you want to go to next?
★ Have you been involved in a bad event during the trip?

■ To the people from the foreign countries: Let's enjoy
chatting together and please teach us about your country.
600 yen(inc. drink and snack)


海外(国内でも)での思い出話や、注意することなど、お話ください。

冬の休みにご旅行に行かれた方や・・・現在マルタに旅行中の方
また3ヶ月オーストラリアを自転車で縦断された方など、ご参加
下さいます

_n (600x426).jpg

『英語で』がモットーですけれど「話せないから・・・」「私は旅行して
いないから」という後ろ向きの姿勢でなく「英語上手くなくてオッケー
「旅行してなくてもオッケー
皆とつながりましょう。


今回は、南アフリカのドラケンスバーグサンホテルでの雑誌や、旅の本
パンフレット(多くは南アフリカ)チラシ Drakensberg近くのRug & Candle
の店で購入してきた手作りキャンドルなどがお土産です・・・。

Gift (600x450).jpg

ご希望の方には、南アDrakiesの音楽祭ポスターもお分けしますよぉ。

皆さん・・・集まれ〜〜〜!!

PS:
私事ですが、先週から喉が痛くて「風邪引いたかな?」と思いつつ
たいして悪くならないので、売薬で済ましていたのですが・・・
週末土日に微熱っぽくなって、ちょっと慌てた。
・・・でも、すごく悪くなるわけでないので、また放っていたのですが
火曜日はさすがに、朝時間を貰い、お医者さんへ直行〜。

インフルエンザの検査でもマイナスで・・・
そう悪化していなかったようですが、30分点滴をしました。

点滴が終わり、先生の元に戻ると・・・
先生(かなりのご年配です。80代後半。でも元気なの!)ったら
大きな地図の本を広げて「あんた、去年12月、どこに行ったんだね?」
(と、アフリカのページを示して)尋ねる。

「一番下の南アフリカですよ」と示すと「おおおお〜〜遠いね」と
目と細めていらした。
下町の昔からの開業医さんで、内科、小児科、外科、など色んな科を見て
くれる。正直・・・大きな病気でなければ、とても有り難い。

患者さんも年配の方が多く(私もっすか?)でも、子どもが小さい時
小児科専門でない分、子どもの患者が少なくて、かえって違う病気を
貰ってこなくて良かった覚えがあります。待ち時間も少ないしね。

「次に来るとき、先生に、お土産に手作りビーズのキーホルダー
持ってくるわ」と言いますと「お〜〜写真も見たいね」だって〜。

しゃあない〜プリントアウトして、パンフレット持って行ってこよう〜
病気で再診いうよりも、もし、もう行く必要がなくても、持って
行ってくるぞ〜〜。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2016年01月21日

(15)12/04(金)Prize giving/授与式


この日は、特別なコンサートはなく「Prize giving/授与式」

この日は、Boysのコンサートはありません。
前の日が遅かったので、私も朝はゆっくりしていました。

前の日、スーパーマーケットで購入した食材

2015-12-04 00.40.15 (390x520).jpg

私が、音楽祭が終わるまで滞在する「ゲストルーム」【スタッフルームの隣】

2015-12-04 09.16.07 (520x390).jpg

簡単にブランチを食べて、ドラゴンピークスへ行ってみました。
顔見知りの門番さんが「お〜い、natal!」と呼び止めてくれました。
「Welcome back !!」・・・・と。

雨季であるのに、この年は「雨が降らない」とのことで、ドラゴンピークス
にちょろちょろ流れる小川も、例年より水が少ない。

2015-12-04 09.41.19 (520x390).jpg

昼間は何していたんだろう?わたくし・・ボケ老人かな? 

この日は、音楽祭のコンサートがない日なので、自分の部屋でぐうたらして
いた。
たまに、合唱団のレセプションに顔出して・・・オーディトリアムを覗いて、
チケット受け取っていやぁ〜、毎日が、こんなだと良いなぁ。

2015-12-04 17.06.51 (520x390).jpg

2015-12-04 18.20.54 (520x390).jpg

この大自然の中で、歌が聴けるのが、なによりも、なによりも嬉しい。

夕方〜合唱団の団員たちの授与式。

合唱団のオーディトリアムに向かうと、途中でサイモンとご両親に
出会ったのですが・・・「ホラ、飲み物もあるわよ」と庭のテーブルのところ
に連れて行ってもらい、スナックやジュース、シェリー酒などがご用意されて
いました。

2015-12-04 18.12.46 (520x390).jpg

後で、クライブさんが、サックスを演奏していました。

2015-12-04 18.12.57 (390x520).jpg

ちょっと腹ごなしをしてオーディトリアムに向かうと・・・
すでに少年たちが並んでいます。

2015-12-04 18.15.22 (520x390).jpg

このクリスマスシーズンのDrakiesは、いつもと比べてフォーマルな井出達
でした。ヤンチャなカジュアルもDrakiesらしいですが、ジャケット姿も
なかなかカッコ良い。

このときは年間、勉学やスポーツなどで優秀な少年たちに与える賞の授与。
そして、次年度のヘッドボーイや、プレフェクトなどの発表です。

はは〜〜ん、あの子は数学が得意か。スポーツが得意なんだ・・・
と分かってしまう、結構シビア。
でも少年たちは、嬉々として、この授与の時間を楽しんでいました。

Drakiesは授与式の間、一曲だけ歌った。


2015-12-04 19.04.19 (520x390).jpg 2015-12-04 19.15.21 (520x390).jpg 2015-12-04 20.15.40 (520x390).jpg 

長い授与式の後、ヘッドボーイが発表され(ここでは生徒の選挙でなく、スタッフ
が決めるのね) Boysが、ぎゃ〜〜〜と歓喜の雄たけびを上げ、選ばれた仲間を
祝福しています。

さ〜〜終わった、終わった!!

2015-12-04 20.49.04 (520x390).jpg

少年たちが家族と写真を撮ったりしていると、突然の「停電」
すぐに復旧しましたが・・・皆さん、動じない。

2015-12-04 20.38.57 (520x390).jpg 2015-12-04 20.42.45-3 (520x390).jpg 2015-12-04 20.42.45-5 (520x390).jpg 2015-12-04 20.43.48-3 (390x520).jpg 

皆さんご苦労様・・・明日からいよいよ「音楽祭」がはじまり、はじまり。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 CIB南アツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

「ウィーン」「南ア」は音楽の国


羨ましい・・ウィーンのヴァイオリニスト氏が、南アフリカ滞在中

でもね・・・もっと驚くことが!!

南アの子で、家にステイさせたモネという子のお姉さんメガンはウィーンで
オペラ歌手している。
そのメガンもヴィオリニストさんとお友達だったのです。
(ウィーン在住なのですから、当然といえば当然かな)


私は、あるきっかけで南アからの10代の子たちの「Rainbow Stars」という
コーラスグループの新潟滞在のお手伝いをしました【2006年&2007年】

以前もご紹介したことがあると思いますが・・・・
下記は滞在中のステイの子2人(16歳と17歳の子:前の年、2006年にも
ステイさせたので2度目)モネとジェレミー【2007年】

M&J.jpg


家でホームコンサート(というよりも勝手に歌いだす)をした時に、近所
にステイした女の子(2007年時点で15歳と16歳)がステイファミリー
と遊びに来て、歌ったの図。


Our home stay boys and 2 girls visit us- 2007 投稿者 chie-suzu-natal

Boys Choirではありませんが・・・ポップスやミュージカルを歌う少年少女
のコーラスグループ。
当時はアマチュアですが、今は、多くは歌手やミュージカルで活動しています。

2007年の5月に南アに行った折も「2007年来日予定」の為、皆さんが歓迎
してミニコンサートも開いてくれました。



Drakiesのオリジナルソング「山の音楽」(リクエストしたら加えてくれた)


そして、ステイさせた一人モネ(ここではチェロを弾いている)・・・・
(自宅でのホームコンサートでは、ギター。今、南アを代表する若手のギタリスト)

彼は、なんと、Drakiesの私の親しい数人のBoysと幼馴染だったり、友だちだったり
初滞在の2006年に聞いて、ビックリ仰天でした。

ステイで滞在中に「あの子も知り合いだよ」「この子も幼馴染」(←Drakies)と
いうんでもう驚きまくってた。

特に2012年にステイしたイアンなどは、ダーバンで幼馴染で家族ぐるみで
親しくしていたとか。


やっぱり音楽する子たちは、どこかで繋がっているのね。

今は、それが国境を越えて、ウィーンと南アフリカが繋がった。
どこかに「縁」を感じます。

そんなモネ君のお姉さんメガンさん・・・もう何年も、音楽大学、そして今は
オペラでウィーンで活動しています。

まだハイスクールの頃に出した姉メガンのCDをモネから頂いて
「上手くてビックリ」だった。

そんな南アフリカ・ダーバン生まれのメガン(+モネ)・・・メガンは
ヴァイオリニスト氏とも指揮者のヴィルトナーさんとも、元WSKのローリンとも
お仕事などでもお仲間だったのです。

勿論、南アフリカでは、イアンやら、Drakies関連の元団員や指揮者とも
メガンは親しくしています。

共通の知り合いが、南アフリカとウィーンを結んでいました。

ウィーンと南アフリカ・・・全然違う「音楽」のイメージを持たれている
かもしれませんが、とても音楽が近かった。
友人も近かった。

ウィーン音楽好きだった私が、まったく筋違いの「南アフリカ」??と
自分でも思っていたのですが、根底の「音楽」は繋がっていたのを感じます。

ヴァイオリニスト氏の南アフリカツアー。
きっとメガンは自分の故郷「南アフリカ」へツアーで滞在している
ヴィオリニスト氏にエールを送っているのですね。

そうなんですよ・・・南アは良い音楽がイッパイです。
その上で、またアフリカ的な音楽も当然あり、本当に面白い国。

アフリカ関連にも繋がりを持っているウィーンのヴァイオリニスト氏・・
Drakiesのゲスト音楽家で、いつの日か、音楽祭などに出演して欲しいな。

・・・というところで、モネのお姉さん、ウィーンでオペラ歌手をしている
メガン(南アフリカ人)の歌声をお送りします。




-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2016年01月18日

Wow, ヴァイオリニストさん、南アフリカへ


わ〜〜〜お、ウィーンヨハン・シュトラウス管弦楽団の知り合いの
ヴァイオリニストさんが、個人的なヴァイオリンのデュオ演奏会で・・・・・
なんと、今・・南アフリカへ向かっている。


South Africa and Mozambique


ツアーも目ぼしいところで、行うのですよ・・・

Durban, Tzaneen, Maputo, Stellenbosch,
Johannesburg, Pretoria,Darling and McGregor!


さすが、知り合いのヴァイオリニスト氏だ!!

ウィーンのオケで、知り合った時、いかにも「ウィーン」の演奏者と
いう印象で、昔のオーストリアへのワクワク感が戻る想いでした。

でも、よくよく知れば、このヴァイオリニスト氏・・・他のアフリカ
へもコンサートに出向いている。

「そうなんだ!」と思ってはいましたが・・・。

まさか、日本ツアーが終わってすぐに「南アフリカ」「モザンビーク」
にツアーで行くなんて!!
嬉しいったらない。

もう、年甲斐もなくキキャッキャツしてしまいました。

新潟公演で、もう少し時間があれば、次のツアーのお話も出来たのでしょうが
ホント・・・同じ1月中に「南アフリカ」に行くなんて。

でも、いずれにしても
Have a good time in South Africa !!!

IMG_1783 (600x450).jpg
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析