2015年12月30日

(11)12/02(水)Drakies水曜コンサート&アメリカからのAABCコンサート


12月02日(水)・・・
この日、ドラケンスバーグサンホテルをチェックアウト


(今日の日記は、違う話題の混合&長いです。すみません)

まず・・・南ア滞在記から〜!!

10時にチェックアウトなので、10時過ぎに準備万端整えて待つことにしました。

その前に・・・勿論(多分)最後の豪華な朝食。

2015-12-02 09.14.59 (500x375).jpg 2015-12-02 09.15.02 (500x375).jpg 2015-12-02 09.26.34 (500x375).jpg 2015-12-02 09.25.31 (500x375).jpg 

この日は、コックさんから直接オムレツを作ってもらった・・
 2015-12-02 09.11.43 (500x375).jpg 

2015-12-02 09.11.11 (500x375).jpg

沢山の新鮮な卵に・・・・

2015-12-02 09.11.02 (500x375).jpg
いろいろなトッピングを選んで・・・
美味しい〜オムレツが出来る。本当に美味しいのよ。

「コックさ〜〜ん、写真に納まって!」と言うと、ウハウハとウエイトレスの
お姉ちゃんが一緒に写真に納まる。
この乗り・・・結構好きかも。

2015-12-02 09.51.07 (375x500).jpg

食後、Drakiesスタッフに「チェックアウトしたので、迎えをお願いします」と
連絡をして(Old Boyのヴァンヴィックが迎えに行く・・・ということで)
ロビーで待っていたのですが・・・

おいおい・・・何だ?何だ? 黒人の子どもたちを乗せたバスがホテル前にとまって
ワッセワッセと子どもが降りてくるじゃない?


どうやら、幼稚園年齢の5歳〜6歳の子ども80人だそうです。



幼稚園の園児さんが、ホテルの遊具で遊ぶ為に来たらしい。
「可愛い〜〜」!!私は、Drakiesスタッフと待ち合わせをしているのも
忘れて(いえ、忘れてませんが)子どもたちと幼稚園の先生について
行ってしまいました。

先生は「かわいいでしょう!!あっはっはは!」と笑いながら、走っていく
子どもたちを追いかけるでもなく、ゆっくりゆっくりと歩いています。

「写真撮っても良い?」と尋ねると「Okay!! かわいいでしょう?」と
にこやか。なんとも大らかですこと。

2015-12-02 11.16.52 (375x500).jpg 2015-12-02 11.19.35 (500x375).jpg 2015-12-02 11.21.54 (500x375).jpg 2015-12-02 11.23.34 (500x375).jpg 

でも、スタッフが迎えに来たかも?と思い、交流は、この辺にして
大急ぎでホテルロビーに走りました。坂道なので、ひ〜ひ〜言いながら。

ハッ!! しまった。
Old Boyのヴァンウィックでなく、スタッフのSteveが来ていたわ。

ゴメン〜ゴメン〜、待たせちゃった。日本人は「時間を守るのだ」という
姿勢がもろくも崩れた(10分くらいだと思いますが・・・でもダメだよね)
ゴメンね〜〜〜。

私のスーツケースを車に積んで、Drakiesの若手のスタッフの寮?の
中にあるフラットの一室のゲストルームに移動です。

今日は・・・水曜日コンサートですだ。
以前は、2つベットがありましたが、今回はベット一つ。でも全くOK。
Drakiesのコンサートに転がっても行ける距離。

でも、部屋に着くと、またどどどど〜っと時差ぼけ。
荷物を置くと、またベットにドカンと寝転ぶ。

年齢にゃ勝てませむ。


水曜コンサートは午後3時半、3時くらいまで、ボケボケしてました。
3時前にレセプションに向かい、チケットを受け取り・・・いざ〜〜
コンサートじゃ〜〜〜!!!

ここで、ちょっとコンサートの詳細の日記を休憩させてください。
プログラムとか、色々なことを書く余裕がない。すみません。

一つ言いたいこと・・・・
ライオンキングの「Circle of Life」は以前と違うバージョンで
(Internat concertでしか聴いていなかったのですが)
「う~~~ン、前のが良かったのに」と思っていましたが、いや〜〜〜生は
違った。
最後列で聴いたのに・・・とっても良かった。



最後の「水曜日コンサート」だったせいか、少年たちの意欲というか
張り切り方が違って(私は一番後列だったのですが)『やっぱり良いわ、ドラキーズ』
あらためて惚れ直した。

Buskingも、いつもの2倍から3倍の人数。私は、マフィンにコーヒーをテーブル
において「この歌声を残さなくては!」とビデオ撮りに必死こいているのに
ボケ~ッと聴いてる、そこのあなた(私の右前のお若い男性)!! 
なんて、勿体ない。



でも、この緩さが、何となく好きなんですけどね。

・・・・というところで、
ちょっと書かなければ!と思ったのは12月23日(水)に高速バスで郡山に
コンサートに行きました。朝行って、夕方のバスで帰るという強行軍。

allamericanboys[1] (353x500).jpg

高速バスもあり、日帰りできることと、私の中で、アメリカの2大Boys Choir
という意識だったので、できれば聴いてみたかったのです。

無料コンサートで、日帰り範囲の場所だったことで、急遽ですが、行く決心を
しました。

郡山の市内バスの最低運賃が100円(安い)で驚いた。
コンサートの第2部の、休憩時間に帰ってしまう方が何人もいて驚いた(勿体ない)。


そんな久し振りのコンサートでしたが、入場整理券を受け取って、振り向くと
赤いトレーナーを着た男の子が、走ってきて「赤い服来た子たち、どこ?」と
焦って尋ねました。「I am sorry I don't know」と答えると、何も言わず
また走り去り、ある一室に入って行ったので、迷子になっちゃたのね。

なんか唐突で、ビックリしながら、私は時間の余裕もあったので、開催準備の
市民絵画展の人たちの様子を見ていました。

時間が近くなって、並ぼうと大ホール入り口に行くと、すでに並んでいました。

コンサートが無料だったので、並んで待つのに「階段で並ばせた」のに
不安になったわ・・・・。
(将棋倒しになったら、絶対に惨事になる・・と思いながら並んでいました)。
観客は年配の方が多く、そしてお子さんを連れた家族連れもいました。

2000人のキャパのようですが半分くらいは埋っていたかな?
前列は、半分も埋っていなくて、また前より後に座る方が多かったので
私はあえて(お恥ずかしながら)最前列に座りました。

近くの席は親子さんでしたが、隣は空いていたので、荷物も置けましたし、
余裕があって良かった。

コンサートが始まりました。赤いジャケットの男の子たちがニコニコと
登場しました。あ〜笑顔だ。
でもちょっと緊張をしているかな?とも感じました。
近くの席の親子さん(ママさんは特に)はニコニコと笑顔で見ていました。


ソロも結構多く、私は最前列だったので、比較的聞こえましたが、ちょっと
ソロの声量が弱いかな?と感じました。
前列ということもあり、ピアノ伴奏の音もとても大きかったので、歌声が
それに負けそうな曲もありました。

でも少し後方の席だと、どう聴こえたのかしら?と思っていました。
意外に音が広がって、良く聴こえていたかもしれませんね。

ソロも多かったのですが、一人、疲れているのか、無表情の子がいて、
緊張しているのかな?と思い「頑張れ!」と心で叫んでいた私。

それぞれの少年たちがMCで、アメリカのクリスマスの話などをして、
アメリカンなファミリークリスマスを思い浮かべること出来ました。

コンサートの中で、共演の小学生の合唱部が歌い、人数が60人ということも
あり、女の子が殆どで歌もなかなか上手でした。

ただ、コンサートが長引いて(2時間で終わると高を括っていたので)郡山の
小学生と再び共演もあり、や〜〜5時28分のバスに間に合うかしら?と
ドキドキ。

でも、4時45分くらいにようやく終わり・・・ホールに出ましたが
郡山でも、コンサートが終わって、やはり少年たちが出てきました。
コンサート中には、あまり反応のなかった観客も、皆焦って
写真撮ったり(私も撮ったけれど)盛り上がっていました。

私もバスに間に合うまでの時間、僅かな時間でしたが、ちょっとだけ
指揮者さんや、少年たちとお話することが出来ました。


少し話した時「明日、アメリカに帰る」というので「家族に会えて嬉しいね」
というと嬉しそうにしていました。
以前主催のお手伝いをしたアメリカのフェニックス少年合唱団とは共演も
したことがあるよ・・・とのこと。

コンサートの時に、緊張していたソリスト君も、ニコニコでしたし。
皆、全部ツアーが終わり、晴れやかな表情でした。

2015-12-23 09.53.54 (500x375).jpg  2015-12-23 09.58.20 (500x375).jpg  2015-12-23 09.57.24 (500x375).jpg 

少しだけの交流の後、私は高速バスに無事間に合いました。 

指揮者の先生、少年たち・・本当にご苦労様でした。ありがとうございました。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 21:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 2015 CIB南アツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

(10)12/01(火)暇な一日、でも時差ぼけ


12月01日(火曜日)・・・
また時差ぼけ気味で、変な時間に寝て、目覚めて(≧∇≦)
でも、朝、窓を開けたら、この風景です。

2015-12-01 04.58.47 (620x465).jpg

皆さんを連れて来たい・・南アの穴場、ドラケンスバーグです。

ところで・・・食べ物話題ばかりで、すみません。
間違えちゃった。朝食・・またいろいろオーダーしてしまい.......

2015-12-01 09.06.00 (375x500).jpg

朝食ブッフェで、自分で取りに行ったりもしたのですが

2015-12-01 08.42.30 (500x375).jpg

オーダーで温かいお料理持ってきてくれるというので(今日は平日で混んでないから)
おすすめのオムレツなどお願いしました。

持って来てくださったのを見て、また焦りました。

2015-12-01 08.55.00 (500x375).jpg

卵5個は使ってそうで、中にはチーズやオニオン トマトなど。
だって、美味しいから困りもの。


今日はお昼ごはん抜きとしよう(*^o^*)
あらためて、南アの食事は美味しい。
でも二人で半分こでちょうどいい。
フルーツもあったけど、食べたかったけれど、諦めました。

2015-12-01 09.51.20 (500x375).jpg

今日午後から、ちょっとドラキー学校に顔出しました。

2015-12-01 15.51.37 (500x375).jpg

2015-12-01 15.50.06 (500x375).jpg

学校のスタッフとして長年音響やネット関連をやっていたクライブさんと
ダークさんが辞められます。

クライブさんは退職。
ダークさんは別の仕事。

その他のスタッフの何人かも、引っ越すので、今迄の顔見知りが、ほとんどいなく
なりそうです。すっごく寂しい。

でも、音楽監督としてクルーガー氏が舞い戻ってくるのは嬉しい。

ドラゴン・ピークスの小さいスーパマーケットに飲み物を買いに行ったら
夏休みになった近くの学校の子どもたちが屯していました。

2015-12-01 15.43.46 (500x375).jpg

おそらく南ア(Drakensberg)に来ると、顔を見たことのある子どもたち。

笑顔も可愛い。写真撮ってあげるよ・・・と言うと大喜びで、撮った後
「写真どんな?」と確かめて、キャッキャッと歓声を上げていました。

2015-12-01 15.44.48 (500x375).jpg

「写真のお礼だよ」・・と購入したマシュマロを分けてあげると、嬉しそうに
丁寧に両手を出す子どもたち。

これはお掃除などに来るメイドさんもチップを受け取る時両手を出すのですが
とても丁寧なマナー。
でも、お菓子くらいで、子供が両手で受け取るのは心が痛かった。

ところで・・・
合唱団学校に顔を出した時、、オーディトリアムで 小さい少年1人とピアノの
先生が ドラムとの練習をしてました。
ドラムの少年 小さいのに ものすごく上手だった。



後で団員に「ドラムの上手なおチビさん」のことを聞いたら、今年の新入生
だとか。

ところで・・・
来年のいつなのかは分かりませんが、テレビの「旅サラダ」で南アフリカを取材予定。
ドラケンスバーグ少年合唱団学校訪問も予定されているようです。

南ア旅行の中でも、ここは目玉ですよ。
実際、殆どツアーがない。
山元なので、以前「トレッキングツアー」がありましたが、旅行代金がとても
高かった。

もっとお得にブレンドリーな旅にしましょうよ。

2010年に友人5人と南アに来た時 友人みんなが
「(ドラケンスバーグ)こんなにステキなところ、日本の人に紹介したい反面
知って欲しくない。大勢押しかけて欲しくないよね〜」とつぶやいてました。

分かる、分かる。でも、私はこの素晴らしさを独占して来たので、今度は
大勢に紹介する使命があると思うのだ。

ドラケンスバーグ少年たちの素晴らしいコンサートの他にも楽しいこと満載


2015-12-01 15.53.41 (500x375).jpg

2015-12-01 15.53.35 (500x375).jpg

乗馬(一時間の丘歩き~約1200円)にヘリでの遊覧(約40分。山頂上でシャンペン
片手にお散歩~約一万円)に ブッシュマンによる岩絵を見にウォーキング(無料)。

少し遠出して、サファリ(お値段未定。一日のランチとプライベートサファリ)。
何より、良い空気と満天の星の夜空を味わえますよ。

この子も「来年来て〜」とメッセージくれてますよ。



昨年メッセージしたKさん(新たにRさん)に・・・ですが、これは日本の
皆さんへのメッセージでもあります。



ショッピングモールでの動画です(人混みで雑音多し)

ところで・・・ドラゴン・ピークスの広場にある小川の水が少ない。

2015-12-01 15.38.18 (500x375).jpg


どうやら、今年の南アは、雨が少なく、乾燥して水不足の模様。
Drakensbergエリアは、特別に問題はないようですが、子の『小川』だけ
でも南アの水不足を感じました。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 CIB南アツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

(9)11/30(月)南ア(Drakensberg)サン・ホテルにて


Namibia から戻り、南ア(ヨハネスブルグ)〜
ドラキーと共にドラケンスバーグに着きました。


ヨハネスブルグからDrakensbergまでの道中、きれいなきれいな夕日が
沈むのをみました。

2015-11-30 18.30.13 (500x375).jpg

さて・・・
水曜日から合唱団のゲストルーム(スタッフのフラットの一部屋)を使えるそうで
2日間は、ドラケンスバーグサンホテルに滞在しなければなりません。
http://drakensberg-holidays.co.za/index.php

合唱団のセッティングですが、そんな高級ホテル、大丈夫かなあ。
過去に一度だけ泊まったことがありますが・・・。

にしても、ナミビアから南ア(Drakensberg)までご一緒して本当に
躾の出来た少年たちで、15歳の子でもママにペタペタですが・・・
小さい頃に愛情いっぱいで育つと、思春期も上手に乗り切るんだ❗️と痛感。

黒人のおチビさんも、カッコ良い年長の子たちも、今日はしっかりブレザーに
ネクタイ、貴公子然として、おばさん見惚れちゃったよ(^_−)−☆

「来てくれてありがとう 」「荷物はそこに置いて。全部僕たちが運ぶから」
って。
付き添いの先生も、どんどん指示していくし、それに応えるし、手がかかる
どころか、皆、良い子たちで、可愛いったらない。

その上、歌まで歌うんだから......鬼に金棒だわ。

この日の夜、レストランに食事に行って夕飯を注文しました。
「ディナーですか?」と問われたので、お酒でもないし・・・夕飯が食べたい
ので「Yes」と答えた。
普通のメニューでなくとんでもない量のコース料理みたい。

サン族見を習って痩せようと思ったのに注文を間違えた。困った。

サラダやスープ、前菜の中から、一つ。
メインから一つ・・
最後のデザートから一つ・・

サラダを注文しましたが、サラダだけで もうお腹いっぱい・・・

2015-11-30 20.53.19 (500x375).jpg

次のメインのオーダーを取りに来たので「サラダが沢山でお腹イッパイ」と
伝えると「そう〜?で、メインは何にしますか?」と。

パスタは、すでにパンもきているので、パスタはなぁ・・・・
と思い、ステーキを注文しました。200グラム!!

2015-11-30 21.10.07 (500x375).jpg

量が半端じゃない。ごろごろのお肉のステーキ。あ〜困ったよぉ〜。

お肉は、とてもとても食べきれず、残しました、ハイ。

「デザートは何が良いですか?」・・・・

あ〜〜何にしようかな? もうコースで頼んじゃったから仕方ないよ。

ケーキ?アイスクリームもあるよ・・・とウェイトレスさん。

「アイスクリーム」をお願いしました。

2015-11-30 21.37.29 (375x500).jpg

3つもデカイアイスクリーム

(注:ここでの写真よりも実際は、どれも、もっと多い)


たっぷりのディナー、お腹イッパイになって、大満足でもありながら、重い
お腹を抱えながら、自室に向かいました。

外は真っ暗闇。ステキな部屋に、ドカンと大きなダブルベット。
わ〜〜〜い、2泊だけですが、優雅に過ごすぞ 

5_n[1] (500x369).jpg

おやすみなさい!

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015 CIB南アツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

(8)11/30(月)ナミビア〜南ア(Drakensberg)へ・・・


ナミビアから南アフリカへ・・・そしてDrakensbergへ・・・。

11月30(月)は ナミビアから南アフリカへ戻ります。
朝5時30分に集合。

この日の長い一日は、音楽やコンサートのない「移動日」で
日記も、どちらかと言うと、ささやかに写真メインですかねぇ。


朝は・・前日、ホテルまで送ってくれたDrakie家族が迎えに来てくれるとか。
5時半集合ってことで、ホテルは前日チェックアウトをしておいて、
5時過ぎには荷物を持ってホテルの門のところに待機していました。

2015-11-30 04.56.52 (500x375).jpg

ホテルの門番さん、一晩中待機しているのか、すでに門のところにいました。
5時少し過ぎて、ご両親が迎えに来て下さった。門を開けてくれて「お世話に
なりました」と、門番さんにお礼を言い、このホテルともお別れ。

まだ暗い中、集合場所に行くと、すでにいくつかの家族が少年たちを送って
来ていて、眠いだろう少年たちも、集まっていました。

2015-11-30 05.18.29 (500x375).jpg

だんだん明るくなってきました(でも、まだ薄暗いのよ)。


2015-11-30 05.39.05 (500x375).jpg

2015-11-30 05.41.03 (375x500).jpg

5時半を過ぎて、まだ来ていないスタッフを待ち、全員集合すると、ナミビアの
空港へ出発です。ウィントフックの街から 空港は、かなり遠いので、時間が
かかりますが、早朝ということと、道路の渋滞がない分、スイスイと走ります。


 朝日がキレイ

2015-11-30 06.05.33 (500x375).jpg

ナミビアの空港に到着!

2015-11-30 06.21.01-2 (500x375).jpg

南アに戻る時の少年たちの井出達が、Drakiesにしては珍しく(?)
とってもフォーマル。

キチンとネクタイを締め、ジャケットを羽織っています。

2015-11-30 06.27.42 (500x375).jpg

日本の夏だったら、この服装での移動はとても無理(ホテル内はOKですが)。
南アの友人が「ナミビアは暑いのよ」と言っていましたが、日本の夏の
方がずっと蒸し暑いですね。

2015-11-30 07.18.45 (500x375).jpg

2015-11-30 08.11.56 (500x375).jpg 2015-11-30 08.12.45 (500x375).jpg 2015-11-30 08.17.55 (375x500).jpg 2015-11-30 08.22.56 (500x375).jpg

2015-11-30 08.22.44 (500x375).jpg

僅か2時間ほどの飛行ですが・・・一応「国際線」なので、軽食もでました。

2015-11-30 09.33.59 (500x375).jpg

2時間で順調に到着!!

殆どのDrakiesは「南アフリカ人」パスポートの為『南アフリカ』に並びましたが
数名の少年と私は(ザンビア、ナミビア、ジンバブエ、ドイツ、そして私は日本)
外国人の方に並びます。これらの国=ザンビア、ナミビア、ジンバブエなどは
南アフリカの隣なので、国内と余り変わりません。

パスポートチェックの時、初めてドイツからの留学生と少しだけお話しました。
その後は、殆ど接していませんが。

パスポートチェックも終わり、預け荷物を受け取ると・・・・
空港を出ます。
一人の少年が、私の荷物を一緒にカートに載せてくれ全部運んでくれた。
こういうところは、本当に親切なDrakiesです。

2015-11-30 12.01.55 (375x500).jpg 2015-11-30 12.06.05 (375x500).jpg 2015-11-30 12.16.19 (500x375).jpg 2015-11-30 12.32.12 (500x375).jpg 

空港を出る前に・・・
まず、スタッフが少年たちを出口から少し離れたところに集め・・・さあ出るよ!
という感じで一斉に空港の出口に進みました。

空港には幾人もの、Drakiesのご家族が出迎えていました。

空港には一般の出迎えの方々も大勢おり、団員のご家族か、どうか??は
私は分かりません。

でも荷物を乗せたカートを運ぶ少年たちに声をかけたり、抱きしめに来る
人たちで「ご家族」だと判明します。嬉しそうなママやパパ。

でも、少年たちは、荷物をバスに乗せると、すぐにDrakensbergへ向けて
出発しなければなりません。

ほんの僅かな時間でも、出迎えたいという親御さん、とにかく息子を誇りに
思うご家族がニコニコと「ナミビア、どうだった?」と尋ねてきました。

バスに荷物を積むと・・・ドラケンスバーグに出発〜。
これから、Drakensbergへ戻ります!

2015-11-30 12.41.13 (500x375).jpg 

私は、バスの同乗させて頂き、この7月から参加したピアノ伴奏者の方
の隣に座らせて頂きました。

今年の南アの夏は、とても暑く、南アフリカらしくないほど。
バスの中もエアコンは効いているのですが・・・それでも暑い。

どうやら雨が降らない異常気象のようです。



途中・・・お昼過ぎに、高速道路のサービスエリアのファミレス
に寄りました(機内で食事もしたのに)。

2015-11-30 13.57.59 (500x375).jpg

私はお腹もは空いていませんが・・・食べられる時に食べないと、ひもじい
思いをするのが分かっているので(Drakies周辺には、日本と違って、近所
に24時間コンビニなどありませんから)とにかく一緒に頂きます。

ところで、40人以上もの少年たちは、お行儀良く大人しく座って、バーガー
セットが用意されるのを待っていました。

2015-11-30 13.45.04 (500x375).jpg

先生やスタッフが、前もって予約を入れてあったので、約50セットを
配っていると・・・
あるお年を取られたご婦人が「こんなに大勢の子どもたちが 席を占拠
したら、私の座る席がないわ」とブツブツと文句を言っていて、かなり
ビックリしました。

スタッフも・・・「すでに予約してあったことですし、まだ席も沢山
残っていますよ」と返答していましたが、それでもプリプリ怒っていました。

少年たちは、本当にマナーが良くて驚きます。何も手がかからない。
むしろ、率先して「僕たちが片付けます」と・・・。
でも、そういうご婦人の声を聞いたせいか、皆黙々と、あまり明るい
笑顔を見せていませんでした。

こういう時「ドラケンスバーグ少年合唱団の生徒」という誇りを持つ為に
特に今年は、移動や大切な音楽祭などでは「フォーマル」な制服姿。

南アフリカの国民が、Drakiesを応援して上げなくちゃダメだよ。
こんなに良い子たちなのに・・・歌も歌えて、良い生徒さんで、皆
頑張っているんだよ。あ〜〜〜あ〜〜〜残念なお婆ちゃんだったなぁ


食後に、私は・・水とちょっとしたスナックも購入しました。
子どもたちも、長蛇の列で、あれこれスィーツを購入していました。
(ただ、先生たちは「水分だよ・・ジュースじゃないよ」・・と)

2015-11-30 14.19.26 (375x500).jpg

もう、かなり遅い時間になっていましたが・・・・。
8時頃になっていたようにと思います。

団体で動くのは時間がかかりますね。

やっと、やっと・・・着きました!!

https://www.youtube.com/watch?v=rggG62tKUm4

子どもたちは大急ぎで荷物を運んでいましたが、私はスタッフのSteveとも、
ここで再会。Old BoyのVan Wyk(OB)も 手伝いに来ていましたが・・・
Steveが、今日から2泊「ドラケンスバーグ・サンホテル」に予約してある
からVan Wykに荷物を運んでもらって!・・・と。

私ったら「そんな良いホテルじゃなくても、ドラゴンピークスのコテージで良いのに」
と、つい口に付いて出てしまった(ごめん)。


何よりもドラゴンピークスなら、徒歩でDrakiesの学校に来れるんですもの。
でも贅沢言わない(って、2日間ですが贅沢なところに泊まるんですが)

ドラケンスバーグサンホテルからの風景もステキです。

やっぱり、折角だから・・・2泊は、楽しんじゃおう!!
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 CIB南アツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

滞在日記・休憩/ メッセージfrom the Drakies


滞在日記、ちょっと一息・・・。

私の南ア滞在は、実はいつも殆ど変わり映えのないもの。
Drakiesコンサートを中心に、「ちょっとした見所」を訪問できれば、それで
満足。

以前よりも少年たちの名前を覚えられず(英国系の名前だと良いんですが・・
オランダ系の名前や黒人の子も発音も難しい)・・・
音楽祭の間も、少年たちよりもOB(すっかりおじさんの元Drakies)の
                   
       いえ・・・まだ数年前の卒業生もいましたわ。
グッズやCD復刻ショップに顔を出したり、ワイヤービーズのアーティストの
ところで、グダグダしていることが多い昨今。

少年たちも ちょろちょろと挨拶してくれるけれど・・・
私は 多くの少年たちの名前も知らず・・・ごめん。

私も時間毎にコンサートに足を運ぶのも(嬉しいけれど)疲れ、
終わると部屋に戻って、寝転がる。

とにかく、せっせとコンサートを聴くのが目的の滞在。

Old Boys(元団員の面々)Old Boys協会を作って、現Drakiesを
応援しています!


0_n[1] (2) (500x331).jpg

0_n[1] (1) (500x331).jpg
この小さい少年は、まだ卒業ではないのですが・・・
家族の事情での引越しで「退団」しなければならず『僕はやめたくないんだけど』
と、とても悲しんでいました。それを慰めるのもOld Boys。

実は、卒業でない少年の何人かも、Drakiesをやめて「自宅」に戻らなければ
ならない少年がいて、残念ですが・・・仕方ない。実力のある子だったのに。

(その2人もメッセージ残していました


もう一人、昨年Kさんにメッセージをくれた子が、1年分成長して
一言メッセージを残してくれましたが・・・また次回に。
この子は、本当にSociable。
背も高くなって、大人っぽくなって、ソロもし、フルートも吹く。
もう一年、Drakiesにいますが・・・来年卒業ですね。


そして、新しいDVD(私が居た時期には、合唱団に置いてませんでした)からの
動画
でも、この映像・・・どこかで見たような? 
多分2013年のNOEL音楽祭の頃?
私がレストランに行く時など、こうして撮影していました。






発売したら、早く欲しい。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 CIB南アツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする