2015年09月27日

楽しかった!ツーリズムEXPOジャパン


9月25日(金)「ツーリズムEXPOジャパン」行ってきましたわよ〜。

DSCF5380 (375x500).jpg DSCF5290 (300x400).jpg

今回、「南アフリカ大使」がお出でになられなかったのは残念でしたが
とにかく、目イッパイ楽しみました。


金曜日、新潟出身東京在住のKさんと昼前にビックサイトに到着。
成田空港ブースで旅博用のパスポートを受け取り、搭乗手続き。
(勿論、お遊び!)

どの国のブースでもOK・・スタンプ3つで記念品もらえるとか。
でも、その前に旅行会社のブースで民族衣装の試着あり・・・で走って
いきましたとも。
フラメンコの衣装を着ましたが、とても恥ずかしくて、載っけられませむ。

そこから、南アブースに出向きました。

DSCF5390 (300x400).jpg DSCF5305 (400x300).jpg DSCF5308 (400x300).jpg DSCF5311 (400x300).jpg

そうこうしているうちに、新潟からのAちゃん、MさんPさんと合流。
皆で南アブースに出向き「新潟からわざわざ来てくれた」・・ということで、
スタッフから南ア国旗模様のバッチを頂きました。

そこからは、も〜う暴走でございました!



ロシアをはじめ、あちこちで、各国のステキ情報をゲット。

「ここもステキ〜」「あっちも良いね〜」・・・「南部アフリカ」ブースでは
『「南アフリカ交流友の会」ばかりでなく「ナミビアも作ってよ」
「ジンバブエに来たことある?今度おいでよ、そしてジンバブエ交流友の会を
作って!!」』
など、プッシュされまくり。

中東など・・日本人には「旅行」として、まだメジャーではない国の方が面白い。
民族衣装をあちこちで着せてもらい、皆さん、何カ国旅行した?というくらい。

DSCF5300 (300x400).jpg DSCF5352 (300x400).jpg

こちらは美女2人             こちらは美女一人にイケメン一人

可愛い変顔の3人なので・・・ここでご案内させていただきました。
多分、美女&イケメンのリアルをご想像できないだろうから・・・

ちょっとした試食や試飲も楽しかった。
特に美味しかったのはアメリカ(カリフォルニア)で・・・
ワインにクラッカー&いっぱい乗っかったクリームチーズ。
ワインを飲みながら(飲めないのに・・飲めた)3枚も食べた(申し訳ない)。

あまりに美味しいので「売っていますか?」と尋ねると、東京で売っている
お店のチラシを頂いた。
「この場で売っていない・・・ほぼ試食も試飲もサービス」ってのが、ここの良い
ところかな。各ブースのスタッフ「売らんかな!」の必死さがなく「自分の国を
紹介したい。こんなに良いところがいっぱいあるんだよ」という精神がとても
良い!

52718_n (400x300).jpg

その他、あっちへ、こっちへ・・・フラフラしながら、グアムの美しいミスワールド
さんとお恥ずかしくに、記念撮影したり(これも、載せられませ〜ん)。
人間の、美と体型の不公平さを恨みながらも「美」に酔いましたわ。

ちょっと休憩・・・。
皆さんと遅ランチ(私はケバブ。KさんMさんはサバケバブ←ホントにサバ味)

DSCF5354 (400x300).jpg


その後もちょっとだけ、アジアブースにも顔を出した後(新潟もあったわ)

DSCF5366 (400x300).jpg

DSCF5358 (400x300).jpg


またヨーロッパ・アフリカエリアに舞い戻る

DSCF5402 (300x400).jpg

ギラリと目に付いたのが「チュニジア」
あらあら、お食事配っているぞ! ケバブを食べて、
お腹空いていないはずなのに、意地汚い私はまた並んで頂く(食べきれないほど)。

DSCF5372 (300x400).jpg

12039632_10153313593949965_8373515432602387980_n (400x300).jpg


こりゃあ、もう夕飯いらない・・。
しばらく、バラけてあちこちを見ていたMさんたち(マルタをお気に入り)
と合流して、6時まで目イッパイ楽しみました。  

12046806_10153313594074965_2236150544896740563_n (400x300).jpg

Kさんと、六時近くに、もう一度、南アフリカに挨拶に行きつつ・・・南部アフリカ
ブースに顔を出すと、ナミビアのスタッフが、手招きするではないですか。

「こっち来て!」・・・彼女は観光大臣なのよ〜と紹介下さった。
そして、何だか分からないうちに、周囲の方と記念撮影。

皆、とても背が高かったですが、私の後のひときわ大柄の女性が
観光大臣さま(左から2番目)
DSCF5394 (400x300).jpg

「名刺有る?」と尋ねられたので、お渡しすると「明日も来る?」「遠くから来て
いるので、明日は来ません」
とお答えすると、ちょっと待って!と折れた名刺を差し出されました。
(もう名刺がないらしく、バックの奥から出していた)

『あなたは、必ず、また南部アフリカに来るのよ!』『航空券だけ買って,来れば
良いから』『宿泊は私が何とかするわよ』『体一つで飛んで来てね』『コンタクト
取りましょう』・・・・と観光大臣のお誘いなんざんす。

私の顔に、もしかしたら「アフリカ好きで〜す」ってレッテルが貼ってあるの
かしらね? でも、これが「アフリカ」の自然体なんだろうな。

ちなみに、私は特別な「アフリカずき」ではないのですよね。
特に、ガボンやギニアなど西アフリカや、中央アフリカなど、いかにも
アフリカ! という国々は、あまりよく知らない。

実は「アフリカ」のほんの一部しか知らないお恥ずかしい「無知」人間で
ごさいます。



まあ・・・ミーハーに楽しんだ部分だけ、書きましたが、実際は、いろいろな国の
ブースで、いろんな情報をゲットし『旅』について、より理解を深めることが
出来ました。

その国の魅力だけでなく、各国のスタッフとの交流で、ますます『人』が好きになった。
人生一度きり・・・やっぱり井の中の蛙にならず、視野を広げたいですね。

ってなことで一日楽しく過ごしたのですが、外は涼しかったのに、中は熱気
で時々、汗だくでございました。

それぞれ、新潟に戻られましたが、私は・・・一泊しました。

シングルを予約してたのですが、嬉しいことにレディース階のツインに
Upグレードしていただけて(勿論、料金、そのまま)ラッキー!!

88380_n (350x263) (2).jpg _n (350x263) (2).jpg _n (350x263) (1).jpg 88380_n (350x263) (1).jpg

翌日・・・・
こういう時に、Off会?というわけでもないですが、密かに初対面のお友達と
ランチを計画していましたので、そちらも、ワクワクドキドキ。
お初のおデートみたいに、ソワソワしておりました。

ところが、私の手違いもあり、待ち合わせ場所を勘違いしていたり・・・
お一人とは、しばらく会えなくて、心配しましたが、無事にお会いできました。

ここで会えずに終わるのかな?と何だか申し訳ない気分で、元の場所に
戻ってみると、どひゃ〜〜〜〜!!
お初なのですが、何となくぴ〜〜〜〜〜んと来た方が目の前に!

お会いできました、できました!! 嬉しい〜〜〜!!
やっぱり運命なんだわ。楽しい時間をありがとうございました。

おしゃべりも楽しく、あっという間のひと時でした。

その時に、少しお話した、来年度からのDrakiesの音楽監督 Mr. Kruger
彼の指導の中高一貫校のKearsney College Choir
2010年に 中国での「合唱祭(Choirオリンピック)」に参加の為に、途中
日本に寄って下さった。

その時、コンサートを聴いて下さった方のブログを2つご紹介します

http://d.hatena.ne.jp/mondchan/20100714

http://hiromian.blog78.fc2.com/blog-entry-196.html

お二人とも、的を得たレビューで、私のBiasな感想よりも、ずっと
読み応えがあります。

今だったら、もっと大勢が来てくれたんだろうな?とちょっと残念。
maaさんとか、はっぴーさんとか、リなさんとか、キンゴジュ君とか、
,etc,etc,etc !!??? 勿論「どら子」さんもね

全くの「Drakies」ではないですが、Drakies(元指揮者)(←2016年から
再び舞い戻る!)そして多くの元団員の歌声ですから、南アフリカサウンド
を味わっていただけたはずなので・・。

是非・・・いつか!!


ケーズニーの日本公演より(浜松:無料コンサート)
歌も楽器も、ソリストは、ほぼ元Drakies !! 






シュテファンのDrakie時代



ワレンのDrakie時代


ケーズニーの日本公演より(八王子:入場料1000円)



-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2015年09月24日

奨学金でオックスフォードへ(Choral Scholarship to Oxford)


Drakies卒業のNathan・・・今度、奨学金でOxfordに進学することになったそうです。

Congratulations to Nathan Julius who has been offered
a Choral Scholarship to study at Oxford University

http://www.hiltoncollege.com/music/170-music-scholarships/1706-choral-scholarship-to-oxford-.html


Drakies時代・・・
ケープタウンからの生徒で、歌うことが本当に好きな子でした。
卒業後、奨学金で名門ヒルトンカレッジ(中高一貫校)に進学しました。

私は、この子がNew Boyの頃から、知っていますが・・本当にマナーの
良い、歌の大好きな子でした。

ケープタウンからDrakensberg Boys' Choirに入団したのですが
彼は、「音楽祭」などでは、いつもお祖母様が来られていました。

お母様は、自力で歩けないそうで、お祖母様がお世話に来ていましたが
「Drakiesに入団できたことで,ヒルトンカレッジにも奨学金で進学
出来て、本当にあり難い!」と仰っていました。

Drakie時代のこの子の歌



歌心があって、ライブで聴くと、本当に感動でした。


なにかね・・・教えられて「歌う」というよりも、自分の心から歌い
たい!という気持ちがフツフツと伝わってきて、聴いているうちに
が出そうになる・・・そんな歌声でした。



こちらは・・・ドイツ公演で。
私がドイツで始めて会った時のこと。皆が大騒ぎで歌い踊っていたの
ですが「さあ、お遊びはこの辺で、歌の練習をしなさい」との先生の
一声で、練習を始めたBoysです。
Nathanが中心になっての練習です





2013年の最後の日・・・・



NathanがDrakies卒業の時・・・・周囲がうるさくて、よく聞き取れない
ですが。

Clint Van Der Lindeも、Drakies時代の実力が認められ、イートン校に
奨学金で進学し、卒業。今やカウンターテナーで活躍していますね。

いずれにしても「音楽」の道に進む道筋をつけてもらえたDrakies時代。
こういう音楽の道に進みたい少年が一人でも「夢」に近づけますように。

ちなみにNathanは、Drakies時代から「クラシック」に進みたい!と
語っていた。勿論、Popsも、ミュージカルも歌っていましたけどね。

私は、我が子が、好きな道に進んでくれたように嬉しく誇らしく
思います。

Congrats Nathan! おめでとう!
これからも、好きな歌で頑張って欲しいものです! 


-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析

2015年09月23日

ラグビーに注目Now!〜やっぱり南アは強いんだけどね


今、また南アフリカの注目だねぇ〜。
日本が・・・・あの南アフリカに勝ったんだものね。こりゃあ、ニュースに
なるはず。だって、南アはラグビー大国で、本当に皆が夢中になって観戦して
いるスポーツ。

_n (600x400).jpg

マンデラ元大統領が、アパルトヘイト後の白人と黒人の心を一つにした
のがラグビーワールドカップ。映画にもなったラグビー!!

Invictus





その映画にもなった、現実の試合からの動画




凄いなぁ。大変な国だったからこそ、スポーツや音楽が支えになって
いるのを感じます。

マンデラ元大統領の凄いと思うのは、長い年月を収監されて迫害
されていたにも関わらず、大統領に就任した時、それまでの白人との
協力を厭わなかった。


マンデラ7つに語録から・・・。

1. 社会
私は生涯の間、アフリカの人々の闘いに専念しました。
私は白人の支配と戦い、私は黒人の支配と戦いました。
私は、民主主義的で、自由な社会の中で、全ての人に平等な機会が与えられること
を望んでいます。これを、私が生きている間に見届けることが理想です。
しかし、私はこのために必要ならば、死ぬ準備ができています。

2. 成功
達成するまで、それは不可能に見える。

3. 教育
教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。

4. 平和
もし、あなたが敵と平和を築きたいのであれば、あなたはその敵と一緒に話
し合わなければいけません。
それから、敵はあなたのパートナーとなることでしょう。

5. 勇気
勇気とは、恐れを知らないことではなく、それを克服することだと学びました。
勇敢な人とは、恐怖を感じない人ではなく、その恐怖を乗り越える人なのです。

6. 憎しみ
遺恨の念は、自らが毒を飲んで、それが敵を殺してくれると期待するようなものだ。

7. 貧困
奴隷制やアパルトヘイトと同様に、貧困は自然のものではなく、人間から発生したものだ。
よって貧困は、人類の手で克服し、根絶できる。


まだまだ日本は平和ボケしている気がします。
幸せすぎて、そこに甘んじているんでしょうね。
最近、日本在住のいろんな国の知り合いが出来て(アフガニスタン、シリア、イェメン
など)日本は本当に良い国だと思うのですが、世界情勢は、混沌として
いますね。

平和な中に、ぬるま湯にぬくぬくと浸かっていると、ある日突然
日本がターゲットにされそうで心配です。

政治的なことや、戦争の歴史など、あれこれあるとは思うのですが、
世界中に、日本の戦時中の慰安婦像を作っているのも、何だか
悲しいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000042-jij-n_ame

最近は、南アフリカでの学校で、中国語の授業が始まりつつあります。
日本は、本当に平和で住みやすい国だから、世界的な動きに鈍感かも
しれない。
いろいろ考えるこの頃です。


・・・・ってことで、今回の南アフリカ&日本の試合のニュースです。

http://www.sportsbump.net/rugby/japan-shock-the-springboks-and-the-world-with-biggest-rugby-world-cup-upset-ever/

http://www.sapeople.com/2015/09/20/goosebump-moment-as-south-african-supporters-cheer-japanese-fans/


試合に負けても「驚きだね」「日本おめでとう!」「良くやったね」
「日本は寿司を食べて強くなったのかね?」「寿司食べようぜ!」なんて
南アの友人からお祝いメッセージが届き、本当に優しい。

あり難うね。でも「次に試合は、Bokkieも頑張るぜ!」とのこと。

そうそう!!!! GO!! BOKKE 

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | South Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

「ライオン・キング」づくしbyカヤ


ここ暫く、時間がなくて、なかなか他の方のブログを訪問することが
出来なったのですが、久し振りにキンゴジュさんのところに行き、あらまあ
キンゴジュさん、劇団四季の「ライオンキング」ご覧になったのね。

kingjo went to a musical "Lion King ".
That was good !!

私も、このミュージカルが大好き。でも地方在住なので、3回しか観て
いません。まだまだ観たいミュージカルです!

このCircle of Lifeの歌が好きで、、それも、2008年に購入した
Drakiesの「Circle of life」のCDがきっかけでもあり、かなりの衝撃でした。

・・・その後、何度もDrakiesのステージで、このメドレーを聴いていましたが
それとは別に「劇団四季のライオンキング」も、も〜〜う大好きになりました。

一番最初は、2階席だったのですが、絶対に一階で観たい!と思い、
2回目からは、一階の(出来れば)通路席を取りました。
(ネタバレですが・・・あの音楽が始まると通路を通って、動物が行進
して出てくるのです)

いつも圧巻で〜〜す
。ライオンキングに関しては、子役の歌声云々はそれほど
拘りもなく、とにかく「ライオンキング」が好きです。

さて、今日は、現在「ライオンキング」などミュージカルで活躍している
カヤ君を(元Drakies:前の日の日記で「おれ、頭いたかった?」と呟いていた)
をご紹介しましょう。


6_n (600x366).jpg


昨年、イギリスで「シンバ」を演じたカヤ君です左斜め下
カヤ (300x300).jpg
相変らず、カワイイ・・・



2005年
Drakie時代、愛知から新潟へ向かうバス内でのBoysのお遊び「ライオンキング」



今、カヤは、シンバやスカーを演じていますが、それも
11歳の時から「ライオンキングメドレー」のソロをしていた・・・
その長年の経験から、シンバにはぴったりなのだと思います。

12歳くらいの時の歌声です(何度も紹介しているかも・・ですが)



もっと小さい頃、11歳くらいからの歌声を聴いていた私としては、今
「ライオンキング」で、主役を演じるカヤに心から声援を送ります。

そして、劇団四季の「ライオンキング」が好きな方だと、つい「香港」
ディズニーランドでの『ライオンキング』は、一体どうなんだ?と
思われるかもしれませんし、事実「本ステージ」のライオンキングとは
違った演出。
でも、良いんですよ〜〜。
機会があれば、お出でになって下さい。

カヤが英国での「ライオンキング」に抜擢される前に、数年間「香港」
ディズニーランドでのライオンキングで「シンバ」と後半は「スカー」
も演じていました。

この香港でのシンバも(スカーは、可愛すぎたけれど、歌は上手かった)
とても似合っていました。

私が観た「ライオンキング」in 香港。
大好評だったカヤのシンバではなく、カヤはスカーを演じていました。

でも、動画をここに(多分、何度か目)貼り付けます







カヤのシンバも観たかったけれど・・可愛いけれど、圧巻なスカーを演じていた
カヤです。
生カヤ@「lion King](香港)が観られただけでも本当に幸せ者です。


もし、劇団四季の「ライオンキング」がお好きでしたら(劇団四季のライオンキング
でなければ!という方でない限り)香港ディズニーランドでの「ライオンキング」は
きっと楽しんでいただけると思います。(主役級の多くが「南アフリカ」からの歌手)

ちなみに遅まきながら「劇団四季」の友の会に参加しました。


今は、カヤはバーゼルの「ライオンキング」に居る模様。
そのうち、また観に行くからね。

そうそう・・・ラグビーでは、特報でしたね。
南アフリカに日本が勝ったなんて、とんでもない番狂わせ。

でも、南アの友人たちから「おめでとう。良い試合だったよ」
「日本は勝ったね。おめでとう!」など、続々と温かいお祝いメッセージ
が届きました。皆、温かいなぁ。

でも〜きっと本心は「クソッ!あの弱っちい日本に負けるなんて」と
思っているかもしれませんね。だって南アチームは強いんですから。

南アの知人からのメッセージに、こんな写真が届きました。
(箸につままれるスプリングボックス南アのラグビーチームの愛称)

49_n (450x450).jpg

私?私はどちらも応援していました。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | South Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

Today of 10 years ago - 10年前の今日


10年前の今日!! 9月19日
新潟市でDrakensberg Boys' Choirのコンサートが行われた記念の日。

There was a concert in Niigata city on Sept.19th in 2005


10年経ったとは信じられません。僅か10日ちょっとの日本滞在で大きな
インパクトを与えた18人でした。

I cannot believe that ten years passed already.

当時も今も、私にはベストの年だった、Drakies2005年組だった!!

The Drakies (18 boys chamber choir) of Japan tour was
Excellent.
One of my best years.
I shall never forget such wonderful momories.
Thanks for all my friends help.



彼らは新潟から愛知に戻る途中、2004年の被災地長岡の仮設住宅に寄って
ミニコンサートを行いました。

その時の、カッコいい(いや・・悪い?〜 のかしら???) 彼らです。

6_n (600x366).jpg

2005年のメンバーは、もう大学を卒業して、立派な社会人。

そんな彼らも、このツアーを思い出してくれています。




の写真を改めて見ての彼らのコメント・・・

A君:なんてこったい! 俺たちのハーフパンツ、長かったな。
みんな〜『No!』(この井出達)って言うべきだったよ!

B君:R(右端の子)のパンツを見てみろよ。

C君:オレ(ソロの左の子)、なんか頭、痛かったっけ?

D君:これ(この日本公演用の日常着)今でさえも、俺たちにフィット
しないぜ〜〜。





皆、そういえば、ハーフパンツがまるで女性のキョロットスカート
みたい。

でも、皆良い子で、可愛い坊やだったので、服装なんか全然気にならない!!
だって、皆大好きだったから。
良い子だったから。
も〜、キミたちの歌声もキミたちも、たまらなく好きだよ。
以前も・・・今も。きっと将来も!

I really love you guys and your music.


Tears in Heaven -Drakensberg Boys' Choir Chamberchoir 2005

日本公演からのスナップを少々ご紹介

Niigata (550x403).jpg

Niigata (550x413).jpg

新潟公演から(2015年9月19日)


Niigata Gust (550x413).jpg

2015年9月18日・新潟市に着いた日の夕飯(NSTの近くのガストで)



Niigata 3 (1) (550x413).jpg

Niigata2 (550x413).jpg

新潟市でのコンサート後の交流会


こちらは愛知でのレストランでバッド(下向き矢印)

Aichi (2) (550x413).jpg

Aichi (550x413).jpg



愛知博でのステージから・・・バッド(下向き矢印)

Niigata 3 (2) (550x413).jpg

76725_n (550x413).jpg


自分の撮った写真を忘れていて、再び懐かしむこの頃です。

やはり、プリントしておかないと(CDで保存してあっても)、忘れるもの
ですね。

懐かしんでばかりはいられませんね。
これからのことを考えないと!!

いずれにしても、10年前と違い、今年のシルバーウィーク・・何の予定もない
私でございます。

御天気にも恵まれますように。良い休日をお過ごしください。

9月19日記

PS:9/20
わ〜〜〜〜お、ラグビー、日本、強豪の南アフリカに勝ったよ〜。
ビックリだ!!


-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
こちらもバッド(下向き矢印)ご覧ください。「合唱」好きな方のブログが沢山です。

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ

blogramによるブログ分析
posted by natal at 00:11| Comment(5) | TrackBack(0) | South Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする