2019年01月13日

「コンサート」と「新春第一弾・越後放浪記」


遅ればせながらではありますが・・謹賀新年

新しく迎えた2019年も、あっと間に13日です・・。

昨年はブログその他、何かとお世話になりまして、ありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。
本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。


さて・・・新年早々、1月6日(日)に「ハリウッド フェスティバル・オーケストラ」
のコンサートに出向きました。

我が家では、ちょっとした懸念事項があり(良きことですが)コンサートに行けるか
どうか?と、かなり心配しつつ、待っていました。

しかしながら、ありがたいことに、何ごとも無く、無事コンサートを聴くことができ
本当に楽しむことが出来ました。

このオーケストラのコンサートは今回で、私は3回目・・・「映画音楽」を中心に
オケとボーカルのビリー・キング氏の歌で構成された、クラシックな音楽の中
もっとポピュラーに楽しめるコンサート編成です。

壮大でありつつ、繊細な音色を楽しみ、映画のそれぞれのシーンが浮かび上がり
オケの音色と圧巻なビリー・キング氏の歌声を堪能させて頂きました。

Concer 2019.jpg

コンサートマスターのLupu氏とは最初のコンサートで、初めてお会いし、今回で
3回目。
コンサート後、楽屋に顔を出すと「面会ですか?どうぞ〜」とスタッフにも快く
楽屋口で歓待して頂き、また先回は女性ボーカルで出演したアマリアさんも来ら
れていて何だか嬉しい再会になりました。

DSC07199 (500x333).jpg DSC07191 (500x333).jpg DSC07200 (333x500).jpg DSC07202 (500x449).jpg

我が家の嬉しい懸念事項も解決した土曜日「新春第一弾・越後放浪記」の
為に、お出かけしました。

1月12日(土)
まず・・・
『三条:農家カフェ・こくわ屋藤兵衛』
こくわ屋藤兵衛を目指して、エッチラオッチラ出かけたのですが
ガガ〜〜〜〜ン 入り口に「本日お休みさせて頂きます」の張り紙が!!
そりゃないだろう?と思いつつも、仕方ない。

まだ見ぬ「お料理」を頭に描きつつ・・こんなレストラン
https://tsubamesanjo.365web.jp/gourmet/4101/

三条市下田地区の特産にと期待されるサルナシの果実「コクワ」
それを使ったカレーなどがあるそうです。

さて・・・じゃあどこへランチしに行こうか?
『木の香』
以前も行ったことのある五泉にある『木の香』にたどり着きました。
http://www.kawakami-nouen.net/kinoka/

注文したのは(エゴマランチ)・・・エゴマを使ったパスタ。
このエゴマは健康にも良し・・結構乙な味です!

1 (500x375).jpg

新潟の市内が主な活動範囲だったのですが、最近、こうして新潟からちょっと
行った郊外や市にある「ランチ」をいただける幸運に感謝しつつ・・・
お決まりのメインの後の、ちょっとしたデザートやコーヒーを頂く至福な時間。

16 (500x375).jpg

女の子って(誰が女の子やん?って声が聞こえてきそうだけど)
こういうセットものが好きなんで〜す

それにしてもこの日のウエイトレスちゃん(多分バイトの学生さん)もう、純朴で
丁寧で・・・
スプーンやフォークが不足でお願いすると「はい、すみません」と言いつつ
また不足だったり・・・でも、それが人柄と言うか田舎のカワイさで、全然不快で
なく「おっ、頑張れ!」って思っちゃう。

こういう場で「プロ」人間より、私は「素人」っぽくて、スレていない子に好感を持つ。
一番は心根だね・・。

さて、目的のランチを終えましたが、新潟の冬にしたら、なんて良い天気でしょう。
新潟市は勿論、郊外もほぼ雪がなかった・・

溶けた雪が道路脇にあるくらい。でも遠く見える山々は、雪景色の様相を呈しています。
それが、また日に照らされて何とも美しい山々の形が見られるのです。

『曹洞宗 明白山「 慈光寺」』
ランチを終えて・・・五泉の越後往古四ヶ道場 曹洞宗 明白山「 慈光寺」
に行ってみました。
さすがに、このお寺周辺は「雪」があります。

3 (375x500).jpg

4 (375x500).jpg

6 (375x500).jpg

5 (500x375).jpg

秋にも出かけてみた慈光寺ですが・・今の季節、山を登る方々の他、殆ど参拝者は
いない状況です。

7 (375x500).jpg

冬にしては雪が少ない慈光寺の内外を歩いてみるとヒヤッとした空気感がなんとも
いえません。
この季節だからこそ「こんな山元に、昔の人がどうやってこの大きなお寺を作ったのだろう?」
という想いに耽りながら、授与所で「お守り」を授かりました 。

omamori (406x450).jpg omamori2 (446x450).jpg



『朝日観音普談寺』

そこから、新潟に戻る途中…「朝日観音普談寺」に寄ってみました。
新潟市とはいっても「新津」地区。
http://sakahara.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-c0ce.html

13 (500x375).jpg

11 (500x375).jpg

9 (500x375).jpg

10 (375x500).jpg


ここもなかなかのお寺。極楽・地獄の「立体版絵解き」が見られます。
子どもがこんな極楽・地獄の様子を見たら、絶対に地獄には行きたくない!って思うような
リアルなミニチュア地獄絵が展開されています。
結構怖い地獄絵図です。当然ですが、やっぱり極楽が良い。
今の現世、心穏やかに過ごせると良いですね。

『古津八幡山遺跡』
http://ktmrj15.webcrow.jp/p15eg/tpx1505232furutu2.htm

新潟に戻る前にここにも寄ってみました。
こちらも「新津」国指定史跡となっているようです。信濃川と阿賀野川にはさまれた
新津丘陵上に立地する弥生時代後期(1世紀〜3世紀)の高地性環壕集落。

14 (375x500).jpg

集落や古墳が作られていた小高い丘まで登ってみました。ここも私はお初です。
新津なんか、近いのにね。
私って、実際視野の狭いこと甚だしいと実感・・

新潟県内や新潟市周辺には、なかなか興味深い新潟の歴史遺産があちこちにある。
農家カフェがある・・・
地場の食材を使った食事ができる・・・
お米も、お酒も、食材も美味しい・・・
派手な新潟ではないけれど〜なんて・・裕福な地だろう?って思います。
 

ちょっと遠出すると、町の喧騒のないひっそりとした山々に囲まれた集落が見られます。
狭い市内の家から、そういう「田舎」の風景を見ると『こんな風景を毎日見ていたら良いな」
と感じる自分がいます。
本当に住めるかどうか?それは、疑問符ですけれど・・。

『珈琲倶楽部弁天橋通店』

夕方近くなって、「星乃珈琲」さんへ行こうか?
でも、最近笑顔のウエイターさんに会えていません。
「今日は別のカフェにしようか?」と近場の「珈琲倶楽部弁天橋通店」に行ってみました。

ここはモーニングでは何度も来ていますが・・この時間では初めてです。
近くにスターバックスもありますが、このカフェは比較的穴場で静かです。
年齢層も高い・・かな?

そこで、ケーキ&ワッフルセットを頂きました。

17 (500x375).jpg

「あら〜結構良いじゃない!」と舌鼓を打ちながら「さあ〜今晩の夕飯は
何にしょうか?」と、思いつつ帰途に着きました。

これで『新春第一弾・越後放浪記』終了・・

なんだか、おばさんっぽく(オバサンだから仕方ないのですが)「お寺めぐり」
ばかりをしているようですが、そんなこたぁないですよ。

先週木曜日、新潟の本町にあるとっても素敵な「カフェ・エイゲツドウ」に行ってきました。

Cafe (506x550).jpg

店主のお嬢様はリトアニア国立バレエ団のプリンシパルを務めて居るとかで、バレエの
写真があちこちに貼られていました。
女子の好きそう〜な・・とっても素敵なカフェです。

さあ〜今年初の新春特集ブログ、詳しいことは省きますが・・・

実は、新年早々におめでたいこと、ものすごく不安がありつつ、ほっとしたこと
いろんなことに「気持ち的」に有難う!と言う気持ちでいっぱいです


なんだか、わけの分からんことを書いて申し訳ないですが・・

どうぞ、今後とも宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
posted by natal at 23:16| Comment(1) | 国際交流(Friendship society) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

12月の出来事:南アフリカ〜音楽と越後放浪記


久々のブログ更新・・ご無沙汰でした。

急な決断での12月上旬「南アフリカ」への旅・・とうに帰国し、すでに平凡な日常
に追われています。

最近「南アフリカ滞在日記」が終わらないうちに、また別の小旅行や、日常の雑多に
追われお恥ずかしいことに「旅日記」が完結することも少なくなりました。

そんな中、友人がスマホで毎日の出来事を数行日記のように書き留めていることを
知って「ああだったか?こうだったか?」といっぱいいっぱいの脳内の引き出しから
薄れてくる「思い出」を引っ張り出すよりも、ずっと効率的だと感心しています。

「私もそれを見習おう」・・と思いつつ、まずは簡潔に、この一ヶ月ほどのことを
簡単に書き留めておきたいと思います。

■12月2日日曜日出発〜12月12日水曜日には成田着。

今回は間際の航空券ゲットだったのですが、キャセイ航空を利用。

■12月3日ダーバンの空港へ長年の友人の娘さんが出迎え
(きゃ〜2004年に初め会ったあのKちゃんが、運転している!と感動何度も再会しているんですけどね)
一泊Midlands MeanderのB家に泊めていただき・・・
翌日の夕方、B家のパパさんとPietermarizburgでのDrakiesの「Noel Concert」を
聴きました。

DSC06208 (500x333).jpg

DSC06218 (500x333) (333x500).jpg

オーケストラと100人のDrakiesとの豪華コラボ。コンサートは2000円弱。
そして、コンサート合間に、ドリンク(水やジュース)、マフィンの無料提供まであります。

夜遅くのコンサートが終わるとご親切に・・Drakiesの校長先生の車で、Drakensbergの学校
(隣にある宿泊のコテージ)まで送って頂きました。車で2時間はかかります・・・
宿泊はDragon peaksのおニューなコテージ〜というよりホテル仕様のお部屋。

DSC06357 (620x413).jpg


そこで4泊。音楽+コンサート三昧の日々でした。

DSC06514 (500x333).jpg

写真の後に写るコンクリートの建物の一室が私のお部屋です。
コテージからDrakies学校のコンサートに向かう時、時々、声をかけられて
おしゃべりしたり・・・皆さん、とっても明るく楽しい。

DSC06318 (500x333).jpg

南アフリカというと、日本では悪い噂(?)〜というかネガティブなイメージが多い
ような気がしますが私の中では「南アフリカ」というと・・・
美しい風景、音楽、フレンドリーな人々、ケープタウンなどの都会、サファリ・・
というイメージです。(ウフフ・・・ちょっとBiasが入っているかな?)

■ところで・・・・
この音楽祭の間に、とっても素敵な方と出会いました。

Drakiesのリハを聴いている時(まだ開場でない時間)数名の方が 私の席の近くに
座って彼らのリハを聴きはじめました。

どなたかしら?と思いつつ、挨拶して自己紹介をしました。
Lebo氏と仰っていてニコニコとフレンドリーな方でした。

後で・・・合唱団の指揮者Kruger氏がやってきて「コンサートに来てくれて嬉しい」
大感激されていました。
「コンサートの前にBoysと一緒に写真を撮って欲しい(By指揮者)」と懇願され・・・
「あ〜OKだよ」とまたしてもニコニコ。

南アフリカの方々は皆明るく、フレンドリーなので、何の違和感もありませんが
私も自己紹介の後、ホールの外で一緒に写真を撮っていただきました。

DSC06458 (500x333) (450x300).jpg

ところが・・・あとでビックリ仰天してしまったのです。
あのLEBO氏は 南アフリカを代表する「歌手、作曲家、アレンジャー」だったのです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Lebo_M.

ディズニーの「ライオンキング」のサウンドトラックにも関わったいた素晴らしい音楽家
だったのです。
そんなLEBO氏が、Drakiesのコンサートにお出でになってくれたのですもの。
それは嬉しいことに違いありません。

下記は、LEBO氏のブタペストでのコンサートのYoutubeです。



実は、Drakiesのコンサートの中で『Lion King』からの曲を歌った時、LEBO氏もステージに
出てきて、Boysとコラボで歌ってくれたのです。これには観客も大喝采でした。

本当に素晴らしい経験と音楽!! 明るい笑顔気さくなミュージシャンたち

南アフリカに行きたくなる大きな要因のひとつです。


■12月8日(土)は元団員君のファミリーのご好意で素敵コテージ泊・・・
12月9日(日)ドラケンスバーグ・サンでモーニングブッフェをご馳走して頂き恐縮。

DSC06606 (500x333).jpg DSC06589 (500x333).jpg DSC06593 (500x333).jpg DSC06609 (500x333).jpg

■12月9日(日)は最後のコンサート。
9年生の卒業です。大感動のコンサートも終え・・・
12月10日から少年たち=学校は夏休みに入ります。

DSC06416 (620x413).jpg

学校での受賞式の前に整列するBoys。
この日の山の景色があまりに美しく・・・Boysとのコラボも和みます。

■12月9日(日)〜11日(火)
ラストコンサート後、13歳の現ドラキー坊ちゃまのお宅に2泊泊めて頂き
ダーバンから帰国の途に着きました。

DSC06500 (350x268).jpg DSC06709 (350x233).jpg

今回も、友人知人のお世話になりながらの滞在でした。
しかし、なぜか今回はいつもと比べてWifiネットの繋がりが悪く
(友人宅でも、Wifi契約を切ったというご家庭が多い)
頻繁に連絡をくれていた知り合いをいたく心配させてしまいました。すみません〜
でも、無事帰国。

●12月16日(日)
は新潟少年合唱団の定期演奏会 午後2:00〜
●12月22日(土)はアマリアさんクリスマスコンサート 午後2:00〜
       夜は インターナショナル・バーコードでクリスマスパーティ

●12月23日(土)は孫ちゃんへのクリスマスプレゼントを渡しに行ったついでに夕食会。

●12月24日(月)は、正直クリスマスイブには もう縁のない私(ある意味前日で終わった?)
これからの雪のシーズンになる前にこの日は「越後放浪記」追加取材(?)に出かけました。

二回ほど入ろうとしていつも閉まっていた「はんのきカフェ」3度目の正直〜で挑戦してみました。開いてました・・開いてました。

DSC07106 (500x333).jpg DSC07109 (500x333).jpg DSC07105 (500x333).jpg DSC07108 (500x333).jpg 

はんのきカフェの名前の由来ですが・・・
『ハンノキ(榛の木。学名:Alnus japonica)は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木』
のようですね
これらの木々です・・・。

DSC07103 (500x333).jpg

まだお昼には早いけれど、ランチセットを注文。
前菜とメイン・・・飲み物コーヒーでした。

IMG_20181224_112432 (500x375).jpg  pasta.jpg  IMG_20181224_113923 (500x375).jpg

(私ははお魚ランチを注文したのですが写真にはありません)


その後・・・・
村上でお醤油を買うついでに・・・
村上市街地東端にそびえる臥牛山(がぎゅうさん)(標高135メートル)の近くまで
行ってみました。

臥牛山頂に築城され、歴代の村上藩主の居城であったお城跡・・・。
一応は山なので、寒いし「途中まで行ってみようか?」って気楽な感じで歩いて
みたのですが・・・登ってみると(いや?歩いていると)途中で辞めるのが嫌になる。

登るって感じでもない・・と思いましたが、階段や歩くところがつづら折りになって
いるので、頂上が見えるのになかなか頂上までいかない。頂上だと思ったら、その上が
あったり・・。でも、最後まで登りましたよ。

DSC07110 (500x333).jpg DSC07116 (500x333).jpg DSC07119 (500x333).jpg

 
いやいや・・・山に登るというよりも、坂道や階段を使って上まで歩いて行った
・・・というほうが正しいかな

そして、お山の上から村上の町を眺めました。優しい雰囲気の村上。

DSC07121 (620x413).jpg


新潟市民(県民)がいつも、県外からの客人に言う言葉「新潟は、どこも見所がないから」
これは謙遜か、本心か分かりませんが・・・確かにローカルな地。
観光地で大賑わいでもない地。

でも、だからこそ見えてくるささやかであって「日本の良さ」が満載の新潟だと思う〜
(って言う私自身、それを感じるようになったのもそんなに前じゃないのですが)

村上の後・・・・
・・・こんなところに行ってみました。

新潟の皆さん、ここご存知でしたか?

シンクルトン記念公園【日本最古の油田跡公園】

https://niigata-kankou.or.jp/spot/7275

びっくり仰天のところでした。私・・・お恥ずかしいことに知らなかった!
日本最古なんですよ・・・

DSC07133 - コピー (620x423).jpg



そして、今も、小さいけれど、公園内には油の匂いもしましたし、ぶつぶつ泡だって
いる箇所がいくつもありました。

DSC07124 (500x333).jpg

ちょっと残念なのは、こういう結構な箇所がひっそりとして、アピールも少なく
朽ちた印象になっていること。

「新潟」はアピールが下手だとあらためて痛感。

私自身・・新潟県人でありながら、えへへ ・・・意外に行ったことのないところが多いnatalです。

「南アフリカのスペシャリスト」の証明を頂いておりながら、自国のこと、故郷の
ことを知らないでどうする?
ってお恥ずかしい気分で、巻き返しを図っておりまする

帰る途中、紅葉時期の後半に行った「阿賀野市の旦飯野神社(あさいいの神社)」
を覗いてみました。
晩秋時も ピンクの小花が咲いていて「梅かしら?」と思ったのですが、どうやら
「冬桜」という桜らしい。

秋から〜冬にかけての寒い時期にそんな可憐な花があるんですね。
そして・・・この旦飯野神社に、今も「冬桜」の小花がひっそりと微笑んでくれて
いました。

DSC07134 (500x333).jpg


艶やかで絢爛な春の「さくら」ではないけれど、寒い中、この可愛い「冬桜」は
私の心を温かく和ませてくれます。

さぁ〜て、夕方、エッチラオッチラ・・・新潟に帰らねば。

〆は好きな「星乃珈琲」さんで一息。

実はお気に入りの丁寧で明るい笑顔のウェイターさんが居るのですが、この日は
お目にかかれませんでした。
ちょっと残念 夕方の星乃珈琲さんで、彼を見かけないと「どうしたのかな?」「休みかな?」って友人と心配してしまう笑顔いっぱいの素敵ウェイターさん

まっ・・・こんな感じの盛り沢山の1ヶ月でした。

ブログも2004年からなので、もう14年も続いていますが、最近、多忙を理由に更新を
怠けていてすみません。
そんな中でも、時々「南アフリカ」関連での質問メールを頂いたり、南アフリカ大使館
関連から連絡頂いたり
友人たちとのおしゃべりのネタにもなっています


今日、29日も日本列島は強い冬型の気圧配置となり、ここ日本海側も山元では雪・・・
平野部でも風雪が強まっています。
風邪もぼちぼち流行りだしたようです。皆様も、どうか体調にお気をつけ下さいね。


頻繁な更新はできなくとも、これからも「南アフリカ」「ドラケンスバーグ」関連と共に・・・
最近話題豊富な「越後放浪記」も、細々と続けて生きたいと思いますので、宜しくお願い致します

今一度、仲良くして下さっているお友達・・・南アの友人たち・・・
ブログに来て下さった全ての皆様、ありがとうございました!!

良いお年を・・・。
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
posted by natal at 15:06| Comment(2) | 国際交流(Friendship society) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

南アへGo〜そして快晴の日本の晩秋



あれこれ、思い悩みつつ「クリスマス音楽祭」に
間に合うように南アフリカへ行く決心をしました。


もう説明はしませんが・・・・揺れ動く心との葛藤でした。
ただ音楽&コンサートを聴きたいという想いだけでなく、
子ども時代からの音楽興味の中、その後に「唯一無二」(One and only)
の存在となったDrakies音楽、長い間の繋がりの歴史、友情、その他
を鑑みても(かんがみても)私には人生の一部であり、交流友の会
としても行けるならば行く!という前向きな気持ちになりました。

・・・ということで12月に入って、音楽祭の為に出かけます。
しかし、いつものように、またその準備などで、気持ち的にナーバスに
なっています。

それでも、先週は本当に多忙でした。
だいたいの木曜日、勤め先の近くで週1の「身体の調整」。
ほぼ毎日のスポーツクラブ。ヨガがお気に入りです。

先週土曜日昼は、アマリアさんご家族、友人との「ランチ会」。
久し振りにご多忙なアマリアさんともお会いし、楽しい時間を
持ちました。

夕方からは「インターナショナル・バーコード」での月末土曜パーティに
参加。この日は、お料理に七面鳥も出て、ちょっと豪勢。
おしゃべりも楽しい時間になりました。

そんな週末でしたが・・・・
日曜日は、また日本発見に引っ張り出して頂きました。

詳細を書き連ねるには、心が慌しいのですが、写真をUPしながら
少しづつご紹介していきたいと思います。

11月25日(日)は、朝から秋晴れの晴天。「天高くnatal肥ゆる秋」!
数日前には、肌寒い日を思うと『なんて素晴らしいお天気だ』と
ルンルン気分な日。

お昼前に 新潟市内の松浜周辺へ向かう中、くっきり美しい山々の
姿が見られ、素晴らしい休日日和でした。

ランチは「ガーデンカフェかものはし」 (大形/カフェ)にて。
http://gardenkamonohashi.wixsite.com/home

DSC06081 (550x367).jpg DSC06082 (550x367).jpg DSC06076 (550x367).jpg
(クリックすると別ウィンドで表示されます)

新潟甘豚のお肉を使ったお料理の美味しいこと

DSC06077 (550x367).jpg

DSC06078 (550x367).jpg

大満足で、ランチを終え・・・
新発田の「白壁兵舎 広報史料館/新発田駐屯地郷土部隊」に向かいました
http://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/sirakabe.html


地元に居ながら、自衛隊など、こういう歴史に疎かった私・・・

自衛隊というだけでなく、日本の昔の生活や歴史全体を見ることが
でき、興味深いものでした。

DSC06095 (367x550).jpg DSC06084 (550x367).jpg DSC06083 (550x367).jpg DSC06088 (550x367).jpg
(写真をクリックすると別ウィンドで表示されます)

その後・・・近くの新発田城に行ってみました。
新発田城(しばたじょう)は、現在の新潟県新発田市(越後国蒲原郡)に
あった日本の城。別名、菖蒲城(あやめじょう)。
新発田藩の藩庁が置かれていました。

晴天の中の新発城を写真でご紹介してみますね。

小春日和の真っ青な空に、唯一無二の三匹の鯱が乗る丁字型屋根、
それに浮かび上がる白壁。
100名城の庭先を穏やかに歩く人々。
なんて幸せな時間が過ぎていくんだろう・・・



DSC06087 (550x367).jpg

城郭跡の大部分は日本軍解体まで陸軍が置かれていたこともあり、現在も
陸上自衛隊の駐屯地(新発田駐屯地)となっている。
その関係により、城内の建築のうち建物の内部を観覧できるものは、
二の丸隅櫓・本丸表門・辰巳櫓である。
自衛隊の敷地内にある三階櫓の内部は公開されていない。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より。


DSC06100 (550x367).jpg

DSC06096 (550x367).jpg DSC06106 (550x367).jpg DSC06104 (550x367).jpg DSC06118 (550x367).jpg
(写真をクリックすると別ウィンドで表示されます)
 
DSC06103 (550x367).jpg

DSC06107 (550x367).jpg DSC06109 (550x367).jpg DSC06108 (367x550).jpg DSC06114 (550x367).jpg
(写真をクリックすると別ウィンドで表示されます)

その後・・・・

阿賀野市の旦飯野神社(あさいいの神社)へ行ってみました。
1,700年もの歴史を持つ神社です。
近年はパワースポットとしても親しまれているようです。

DSC06132 (550x367).jpg

DSC06134 (550x367).jpg

DSC06137 (550x367).jpg

DSC06140 (550x367).jpg DSC06127 (550x367).jpg DSC06129 (367x550).jpg DSC06126 (367x550).jpg
(写真をクリックすると別ウィンドで表示されます)

もう遅いはずなのですが、まだまだ、ここは紅葉がとてもキレイでした。

その後、新潟県新発田市中央町カトリック新発田教会を訪れました。
チェコ出身のアメリカ人アントニン・レーモンドによる設計で
昭和41年(1966年)8月に竣工。

DSC06119 (550x367).jpg

2016年11月3日、献堂50周年を迎えたようです。
木造+レンガ造の教会、三角屋根がかわいらしい、ほのぼのとさせる建築。
窓部分のステンドグラスには和紙を切り抜いて貼り付けてあります。

DSC06123 (550x367).jpg

ドアは閉まっていたので、窓から覗いただけですが、中はクリスマスツリーも
飾ってあるのが見えました。

DSC06124 (367x550).jpg

「こんな教会、素敵なコンサートできそうね・・」と友人共々 口について出て
しまった。あ〜私、友人も洗脳してしまったかしら?


そこから・・・又 安田方面の「瓦テラス」に移動。
阿賀野市保田に、特産品の安田瓦の魅力と地元の食を堪能できる商業施設。
★「KAWARA TERRACE(カワラテラス)」★
https://kawara-terrace.jp/

DSC06150 (550x367).jpg

安田瓦は品質が良いことで有名ですが、天保年間(1830)から生産されたと
云い伝えられ、一般商品として生産されたのは弘化4年(1843)からです。

この新しい「瓦テラス

DSC06141 (550x367).jpg

屋根や壁面に、なんと1万2千枚の瓦が使われているんだそうです。

DSC06148 (550x367).jpg

DSC06146 (550x367).jpg

喫茶室には美味しそうなヨーグルトやプリンがありましたが、甘いスィーツは
食べる気分でなかったので、コーヒーで ちょい休憩。

快晴だった昼間から、夕方に近くなると、だんだん雲が多くなって
きました。

もう夕方だね。
広い田園風景を抜けて、帰途に着きます。

途中、雲の隙間から漏れ出ている日差し「光芒」(こうぼう)
または「薄明光線」とてもキレイでした。

これぞ「天使のはしご」(Angel's ladder)。美しすぎる!!
天使のはしご.jpg こんな感じ(画像はお借りしました)



新潟の田園風景・・・これは本当に貴重、大切にしなくては・・
と最近、特に痛感します。

帰宅する頃には、小雨になっていました。
また夕方も遅くないのに、すでに薄暗くなっていた。

さあ〜この小旅行の後、待っているのは日常の「夕飯」。
有り物で、お鍋でもしましょうか。


南アフリカへの準備も何も出来ていない・・・というよりも行く決心もしたばっかり。
何たるノンビリモードなんじゃい

とりあえず、平穏な日常に、来月は「南アフリカ」滞在が加わりますが
今回は音楽祭だけの短い滞在になります。今回利用航空会社は
キャセイです。香港経由
最近ずっと御無沙汰だったエアラインです。

帰国は12月12日(水)成田・・・・あ〜羽田だったら良かったのになあ。
でも その日にうちに新潟に戻れる時間帯に到着できるのは幸いです。

今回、さ〜っと書く予定だったのが、長々と書き連ねてしまいました。
「自分日記」ですね。ダラダラ日記なんでスルーして下さい。

12月下旬は
12月16日(日)午後2時〜だいしホール「新潟少年合唱団の定演
12月22日(土)午後2時〜ルーテル教会「アマリアクリスマスコンサート



南アフリカの「音楽祭」を飛び越えて、そちらも楽しみにしている
自分があります。

貴重な小旅行をご一緒して下さるお友達
コンサートなど一緒に楽しんで下さる皆様
国際交流イベントをご一緒に楽しんで下さる皆様
有意義な平穏な日常に感謝です


-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------

posted by natal at 10:37| Comment(6) | 国際交流(Friendship society) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする