2019年10月20日

御無沙汰でしたが〜必見!!



絶対に観て欲しい番組です!!

まず・・・こちら
https://www.rugbyworldcup.com/match/quarter-final-4

ドキドキ、ワクワクのラグビー「南アフリカ対日本」なんですから。

必見です。日本は意外(?失礼)に勝ち進んでいて、とうとう
南アフリカと試合するところまで来ました。

ラグビーも今、大盛り上がりを見せていて、周辺でも「面白い」
「こんなに真剣勝負で、ぶつかり合っていて感動」という声を
耳にしています。南アの友人たちも「日本に行きたかった」と
泣く泣く諦めていた人が多い。

あ〜今夜は「南アフリカ」が敵になっちゃうんだ。
皆さん、応援しましょう!


そして、月曜日深夜は、こちら

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3444/1453134/

2019年10月21日(月) 午後11時45分(60分)

すでに2019年10月15日に放送された番組です。
私も 、この時かろうじて見ることができたのですが。

とんでもないことに、南アフリカLoveの私が、知り合いに拡散できない
くらい土壇場で知った番組でした。

見た!見た!

いつも、南アフリカを取り上げる場合、同じようなストーリーに
風景や動物・・そしてマンデラ氏の歴史。

それでも、いつも嬉しく見ていたのですが・・・
今回は、びっくり仰天の内容が含まれていました。

な・な・なんと〜〜ドラケンスバーグ少年合唱団と初の黒人団員
Twai Balaと3兄弟(全員Drakies)まで取り上げてくれたのです。

見終わった後、知り合いに報告しましたが・・・
あ〜申し訳ない。お伝えするのが遅かった!

ところが、ところが、もう早速再放送してくれますよ。

お知らせした通り、2019年10月21日(月) 午後11時45分(60分) に。

是非、是非 ご覧になってください。

前半はマンデラの生き様と、なぜアパルトヘイト後に白人との
共存を実施したか?・・・ということに焦点が置かれています。

私には、すでに知り得たストーリーですが、3部になると・・突如
南アフリカといわれても、ほぼ取り上げてくれないDrakiesと
その兄弟を取り上げてくれたのです。度肝を抜かれました。

詳しくお話しないほうが良いと思いますので、この辺にしますが
とにかくご覧になってください。

なぜ、私が、ここに至って、南アフリカのドラケンスバーグ少年合唱団に
惹かれるのか?自問自答してみた。

音楽は勿論ですが、富める人、そうでない人、人種を超えて、歌が大好きな
子どもたちが一緒に歌う。
有料の私立の寄宿学校で(国のサポートがあると良いのに・・と言っていますが)
授業料の問題も大変でありながらあえて、家族が頑張って・・
また、教会やOB協会が才能ある子へのサポートもあり・・。

勿論、その中で、ちょうどスポーツで例えるなら「ラグビー」のような
Drakiesの歌声。
美しい少年合唱の歌声が一番だと思っていた時期に、このドカンと繊細だけでない
パワフルでごっつい男の子たちの歌声が私の心にトライしたわけです。

マンデラ氏は、DrakiesにBala兄弟が入団したことを、とても喜んでいたよう
です。今では多人種の子どもたちが一緒に歌うDrakies。 圧巻です!

(注)Drakies(ドラキーズ):ドラケンスバーグ少年合唱団の愛称です

最後にマンデラ氏の「ゆるし」とは・・・
人々が「恨み」の連鎖の囚われから解放されることのように思いました。
どんな敵対心を持った人でも、近くで触れ合えば、そこに必ず「温かい心」が
存在すること。同じ人間なんですから。肌の色、国籍・・そんなものは
関係ない。私もDrakies〜南アフリカを知ったことで、ほんの入り口ですが、
その気持ちが理解できます。

大変な国だった南アフリカの方々からの温かい友好・・これは何ものにも
代え難い宝物のような気がします。

最後にBS3で取り上げられたBalaブラザースとドラケンスバーグ少年合唱団との
共演や古巣Drakensbergを訪問した兄弟の動画をご覧になってください。





では日曜日と月曜日、忘れないでご覧くださ〜い




-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
posted by natal at 08:54| Comment(2) | South Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

ライオンキング@台北


なんという御無沙汰でしょう

このブログを続けてきた中に色々な葛藤があり、しばらく南アフリカ
関連よりも、昨年9月以降「地元での出来事」「新潟散策」の記事が
多かったように思います。

Drakies日本公演以降・・・
何となく意気消沈していたこともあり、この先のブログの行方もどうなるか?
そんな中、地元再発見などもあって、新潟での出来事を多く残していた時期
もありました。


しかし、しばらく前に、思うところあって、初心に戻り、また細々とでも
南アフリカブログとして「南ア」「Drakies」を中心に書き連ねていくこと
にしました。


昨年の地元紹介記事について、二ヶ月程前に、ここではすでに削除して
あります。
地元のこと紹介は、別の方も行っていますし、本来の南アフリカご紹介
を中心に、たまに「横道」に逸れるかもしれませんが、ご了承ください。


これからも、カメの歩みの更新になると思いますが、Drakies記事を楽しみ
にして下さる方は、今後もノンビリとお付き合いください。

しばらくの間に、平々凡々の中に色々ありましたが・・・

今回 ご案内することは・・・
台北での「ライオンキング」インターナショナルツアーのこと。


南アの友人(元Drakies) がミュージカルメンバーで、このアジアツアーに
ずっと同行していたのです。

詳しくいいますと・・・フィリピン公演、シンガポール公演、韓国公演
などありましたが、その各国の公演の合間に南アフリカに戻り・・・
という生活を続けていた。

私は、どうしても、この友人の出演ミュージカルが観たい。
その思いで 昨年から「どこかに絶対に観に行く」という決心をしていたにも
関わらず、なかなか実現できませんでした。

『もう、台北しかない!』そんな思いで実行しました。わずか3泊4日。
それも一泊目は 夜遅くの到着、帰国は朝8時過ぎの便。
結局動けるのは2日間のみ。

格安個人ツアー(航空券とホテル滞在だけの予約で)だったので、
勿体無い日程ではありましたが、とにかく行きたい!行くしかない!

・・・で、とうとう行きましたよぉ〜!!

DSC08154 (333x500).jpg

台北だけでの滞在で、観光・・・というより友人との再会、そして
「ライオンキング」鑑賞が一番の目的だった私。
でも、初台湾(南ア旅行で、乗り換え通過したことはあります)は
ライオンキングだけでなく、やっぱり色々楽しみでした。

ライオンキングは、金曜日夜公演を予定していたのですが
金曜日の夜公演を友人がチケットをゲットしてくれていた。
「これはプレゼントだよ。お金は必要ない」って・・・

涙、ちょちょ切れそ〜う!!

DSC08169 (500x333).jpg DSC08175 (500x333).jpg DSC08118 - コピー (500x333).jpg DSC08182 (500x333).jpg 


金曜日の昼リハーサルの後〜夜公演までの間、遅ランチをご一緒しました。
ホテル近くのデパートの、日本料理店で・・。なかなか美味しかった!

彼は、今24歳。

DSC08160 - コピー (333x500).jpg

DSC08162 (500x333).jpg

でも、黒のTシャツ、半ズボンの彼は、まるで現役のDrakieそのまんま。
笑顔もかつてのまんま。
とにかくキュート。
心根の優しさと温かい思いやりもそのまんま。


そして、その夜公演!!!!!!!
広い台北アリーナは満席。


taipeiアリーナ.jpg


字幕が 中国語なので英語のセリフだって完璧に理解していないのが残念。
でも、やっぱり圧巻でした。

歌声が、まさにアフリカ〜〜ン!!


DSC08205 (333x500).jpg

その日の夜、彼の部屋で「南アフリカ国歌」を歌ってもらい、ミュージカル
後の彼のスケジュールを聞き、この台湾公演のあとは、南アフリカに戻って
歌のコンペティションがあるそうな。

最終審査に残っているので、どうか、どうか神様、歌の大好きな彼を
見守ってください!!


・・・・2日目は土曜日はミュージカルは昼と夜の2回公演。
私は台北の2階建て観光バスで市内観光と夜は夜市で 地元の食を
味わった。

さて・・・こんな駆け足の旅行でしたが、行って良かった!

自分の想い出として、いくつか写真を残しておきたいと思います。

DSC08131 - コピー (333x500).jpg DSC08140 (500x333).jpg DSC08150 (500x333).jpg DSC08235 (500x333).jpg 

DSC08237 (500x333).jpg DSC08273 (333x500).jpg DSC08291 (500x333).jpg DSC08296 (500x333).jpg

DSC08312 (500x333).jpg  

DSC08318 (500x333).jpg 

DSC08329 (500x333).jpg DSC08338 (500x333).jpg DSC08333 - コピー (500x333).jpg DSC08346 (500x333).jpg

写真、詳しい説明もありませんが・・・駆け足旅行にしては、充実して
いました。

それもこれも、南アフリカの友人はじめ、色々な情報を下さった台湾
に詳しい知り合い。


現地でも、地下鉄などに率先して案内下さった方、夜市に連れて行って
下さった方、暑い中でも、こういうサポートがあったからこそ安心して
滞在できました。

ホテルでのエグゼクティブ待遇で朝食も夕食も食べられた。
ちなみにホテルは友人から聞いていたので、同じところを
取ったのですが(4ツ星)・・・公演のあるアリーナのすぐそば。

大きなホテルなので、そんなにミュージカルメンバーには遭遇
しませんが、それでも朝食で一緒になったり、南アの友人との
待ち合わせも、ホテルの朝食のレストラン。

とにかく、良い条件で滞在できたことに感謝です。

皆さん〜本当にありがとうございました!!

-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・・
-------------------------------------------------------------------
posted by natal at 23:21| Comment(0) | South Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

やっぱり Drakies !



あれから、もうすぐ1年・・・
「World Choir games」in Pretoria South Africa

急遽行くことになった「World Choir Games 2018」
本当になつかしい・・・

様々な方々のお世話になって、実現しました。
スタッフパスを頂きオープニングセレモニーから前半の受賞式まで参加
できました。

そんなDrakiesの最近の動画から・・・これは合唱団でのYoutubeチャンネルです



ボヘミアン・ラプソディーでないですか!

ソリスト君は、昨年のNew Boy。New Boyでもキチンと挨拶に来たり
とても元気で明るい子だったと記憶しています。
最近、詳細には疎くなっていて、名前も
覚えようとしない私でごめんなさい。

ソリストになって頑張ってるのは嬉しい!

そういえば、2007年にもWarrenソロでこの曲を歌っていましたが、こちらも
圧巻でした。


下記の2つは、私の撮った動画です。


チャンピョンになったポピュラーセクションの歌声




授与式




Boys皆、緊張して発表を待っていました。

私も、ドキドキしていましたが・・・1人の年長のBoyが
「もし、チャンピョンになったら僕たち ステージに行くからnatalも一緒に
ステージに上がって!?」←(そんなこと出来っこないんですが)なんて言ってくれる。
15歳だけど、とっくに大きなお兄さん坊やのお優しい言葉。

勿論、表彰の時は、撮影の為(なんせメディアパスだったから)追っかけましたとも。

あ〜〜〜足が長いBoysに追い越され、フーフー言いながら、一階の
ステージまで辿り着いた。

皆、嬉しい表彰式が終わると、大喜びで 自席に戻るのですが、
例の大きな団員君が、私を見つけてハグ・・っていうよりヒョイと抱きかかえた。

『うぎゃ〜〜〜!!』とは叫びませんでしたが、ビックリでした。
なんせ、チビの私は14〜15歳のBoysから見ると、子どものようなもの。

この時期・・1年前のそんな躍動的な、懐かしい音楽祭を思い出しています。 

やっぱりDrakies, 大好きDrakies!
-------------------------------------------------------------------
★訪問頂きありがとうございます★
Please click "Blog Ranking" 一日1クリック応援して頂けますと励みになります

To Blog Ranking(人気ブログランキングへ)
南ア&ドラケンスバーグ少年合唱団「応援」そして日々の戯言・・
posted by natal at 07:32| Comment(0) | Drakensberg Boys Choir | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする